労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

本日、私鉄総連は「2020年度私鉄・バス・タクシー関係予算概算要求の拡充要請」をおこなった。

2019-07-26 | 書記長社労士 公共交通

 本日、私鉄総連は、2020年度私鉄・バス・タクシー関係予算概算要求の拡充に関する要請(復興庁には「東日本大震災から公共交通の早期復興に向けた2020年度予算概算要求の拡充に関する要請」)を関係省庁に行った。
復興庁、国土交通省、総務省、厚生労働省、環境省に、辻元清美衆議院議員とともに訪問、要請書を手交し、要請の要旨を説明した後、担当者と議論を交わした。

 今年は、先日の第25回参議院議員選挙で当選を果たしたもりやたかし私鉄総連交通対策局長も同行。
先の参議院議員の任期が満了した日の翌日から、次の参議院議員の任期が始まるので、もりやたかしさんの任期は、2019年7月29日から。
だから今日の時点では、まだ国会議員ではない。
しかし、例年以上に、各省庁の対応が丁寧に感じた。
これが、組織内国会議員を擁した効果なんだ!
コメント

貸切バス事業許可の更新制、これを、利用者のために、まじめにやっている事業者のために、タクシー業にも導入して欲しい!

2019-07-25 | 書記長社労士 公共交通

 7月3日に開催された、国土交通省「第14回 軽井沢スキーバス事故対策検討委員会(第4回フォローアップ会議)」で、出てきた資料の中に、貸切バス事業の更新制のことがあった。

貸切バス事業許可の更新制の導入(平成29年4月より)
 貸切バスの事業許可について5年ごとの更新制を導入し、不適格者を排除する。
 新規許可・更新許可の申請時に、「安全投資計画」及び「事業収支見積書」の作成を義務づける。

更新申請の現状
 平成30年度末までに更新期限を迎える1,487者のうち826者が更新許可を受けており、事業廃止や申請辞退等により退出した事業者は173者。残りの488者については、更新許可基準を満たす者であるかどうか、審査中。
※平成31年3月31日現在。
 よって、更新制の導入により、更新期限を迎える事業者のうち約1割が退出しており、安全に事業を遂行する能力のない悪質な事業者の排除について一定の効果がでている。


 この貸切バスの更新制度は、適切な安全管理体制・車両修繕や予防整備・安全確保措置が出来ないと判断された場合、更新が認めてもらえず、貸切バスの営業が出来なくなるという制度。
初年度であった29年度は、更新対象となった810社のうち、93社が廃業・申請辞退し、30年度は677社中80社が廃業・申請辞退。
適切な安全確保が出来ない会社が、事業継続を諦めてくれたということで、残った会社は、ちゃんとしている会社ということになる。

 タクシー業界も「法律なんか守っていたら事業なんか出来ない」って放言して憚らない事業者もあり、まじめにやっていると「正直者が馬鹿をみている」というため息があちらこちらで聞こえてくる業界。
言うなれば、悪質事業者がはびこっていると言っても過言ではなく、事業者団体も国土交通省のオフィシャルな会議で、悪質事業者を擁護するような発言をおこなってしまうくらいだ。

 ぜひ、この貸切バスの更新制度を、タクシー業界にも適用してもらいたい!
利用者のために、そしてまじめにがんばっている事業者のために!

(実は、民主党政権の時に、民主党・自民党・公明党の3党合意のもと、この更新制を盛り込んだタクシー事業法案として閣議決定までいったが、解散総選挙で廃案になった…)

 なお、「新規許可・更新許可の申請時に、『安全投資計画』及び『事業収支見積書』の作成を義務づける」の具体的内容は以下の通り。

●運転者、運行管理者、整備管理者について
【安全投資計画】 法令上求められる人数の確保計画があること(運送収入見積りの基礎として使用)。
【事業収支見積書】 法令上に求められる人件費が計上されていること。
●車両の新規取得・代替及び整備について
【安全投資計画】 最低保有車両数以上の車両の確保計画があること。
【事業収支見積書】 保有車両及び新規取得車両について、以下の額が計上されていること。
・車両減価償却費:申請事業者の車両減価償却年数により算出した額
・車両修繕費 :車齢、走行距離等に応じた予防整備費(別途ガイドライン作成予定)
●その他の安全確保のために必要な事項について
【安全投資計画】 ・ドライブレコーダーの導入計画があること。また、セーフティバスマーク認定を申請する場合等は、その計画が記載されていること。
・初任運転者、高齢運転者への適性診断の受診計画があること。
・健康診断の受診計画があること。
・社会保険への加入計画があること。
【事業収支見積書】 上記を実施するための所要の費用が計上されていること。

◆許可を行わない場合◆
・人件費、車両修繕費等について、所要の単価を下回る単価に基づく収支(見積・実績)となっている場合。
・計画上、5年間連続で収支を赤字としている場合(収入には他事業収入も含む。)。
・新規許可については、申請直近1事業年度において申請者の財務状況が債務超過である場合。
・更新許可については、申請直近1事業年度において事業者の財務状況が債務超過であり、かつ、申請直近3事業年度の収支が連続で赤字である場合。


コメント

「もりやたかし」候補、当選を果たしました。

2019-07-22 | 書記長社労士 政治

 昨日、投開票されました「第25回参議院選挙」において、私どもの組織から立候補しました、立憲民主党比例代表候補の「もりやたかし」は当選を果たしました。


 ご支持、ご支援いただきました皆様に感謝申し上げます。
引き続き変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。
コメント

今日、参議院大阪選挙区の「かめいし倫子」候補の街頭演説を、初めて生で聴いた!

2019-07-17 | 書記長社労士 政治

【Run5-56 8.34km 50:37 鳥飼仁和寺大橋】 今日、大阪駅から阪急百貨店に渡ったところで、参議院選挙大阪選挙区、立憲民主党の「かめいし倫子」候補の街頭演説があることを、かめいしさんのTwitter(かめいし倫子@大阪りっけん @MichikoKameishi)で知ったので、予定をやりくりして聴きに行ってきた。
この選挙戦、かめいしさんのスピーチを生で聴くのは初めてだ!

 暮らしの経済について。
暮らしのための経済政策とは何か。
それは家族が安心してご飯を食べられること、安心して子育てができること、安心して老後を迎えられること、借金しなくても大学に行けること、働いたら働いた分だけお金がもらえること、当たり前じゃないですか、当たり前ですよね。
今、私たちに必要なのは誰かの犠牲の上に成り立っている経済政策ではなくて私たちの暮らしのための経済政策です。
今、非正規雇用の人がどんどん増えている。
年収200万円未満の人が1100万人ですよ。
働いても働いても豊かにならない、苦しい、生活が苦しい、そういう人がたくさんいるんです。

どうしたらこの問題解決できるか。
第一に消費増税を止めること、そして第二に賃金をあげることです。
今、消費税10%になったら日本の経済もっともっと悪くなる。
簡単なことです、消費税上がったらただでさえ生活苦しいのに物を買わなくなる。
そしたら、物が売れなくなって企業は儲からなくなる。
そしたら給料も上がらない、非正規が増える、私たちの暮らしもっと苦しくなる。そうじゃないですか。悪循環が、悪循環の繰り返しですよ。

だから今、消費税をあげることには絶対に反対、なんとかして止めないといけない。
じゃあ、財源どうするんだって話が必ずあります。
だけど、税金はあるところから取りましょうよ。
誰がお金を持ってますか。
大企業なら法人税、儲かってる人からは所得税、資産がある人からは固定資産税、株で儲かったんだったら金融所得課税。
なぜその税率は見直さないんですか。
それが公平な税負担ですよね。

この消費増税を止めなければ、どんどん日本経済悪くなっていく。
そして賃金を上げることです。
私はこの大阪では最低賃金1500円にするべきだと思ってるんです。
1500円でフルタイムで働いてやっと年収300万円ですよ。
一生懸命フルタイムで働いたらそれくらい貰ったっていいじゃないですか。そうですよね。賃金を1500円にする、そういうことを言うと中小企業がしんどいと言う声、必ず聞こえてきます、それは分かっています。

だから中小企業に対する支援を同時にやっていく、社会保険料の負担を減らす、そして設備投資をきちんとする。
中小企業に対する支援をしっかりしつつ、同時に賃金をあげる。
これを私は、かめいし倫子は必ずやりたい。そのことを約束したいと思います。
私たちは、国民の所得を増やして、安心してお金を使えるようにしなかったら大阪の経済回っていきません。
そうですよね。みんなで声を上げましょうよ。消費増税には反対、そして賃金を上げろとみんなで声を上げましょう。



 私たちの自由と平等について。
いい加減、選択的夫婦別姓と同性婚認めましょうよ。
夫婦別姓を認めたからといって別姓が強制されるわけじゃないんです、結婚して同じ名字を名乗りたければ名乗ればいいし、別々の苗字でいたければそうすればいい、選べるってだけです。
ある夫婦が別々の名字名乗ったところで、誰か迷惑かかりますか。
かかりませんよね。同性婚だってそうです。愛し合うカップルが結婚しても、誰か迷惑かかりますか。愛する2人が幸せになるだけです。
いいことしかないんですよ。そうですよね。
国会の景色も変えましょうよ。9割以上、男性ばっかりの国会風景、変えましょう。
そして、男女の賃金格差、雇用格差。性別が何であれ、夢を諦めなくて済むような社会にしましょうよ。
自由で平等な社会を、私たちのこれからの時代に実現しましょう。



 次に私が話したいのは私たちの民主主義についてです。
民主主義は、私たちのことは私たちで決めるっていうことです。
この国の未来を、誰かに委ねるのではなくて、私たちが決めるっていうことです。
風営法の裁判、あの時、クラブが好きな人、音楽が好きな人たちが一生懸命、署名を集めて16万筆集めて、それが国会に届いて法律変わったんです。
その16万人の人たち、政治に深く関わってきたわけではない、もしかしたら投票に行ったこともないかもしれない、そういう普通の人たちが署名をして、そして社会を変えた、法律を変えた、政治を変えたんです。
私はその時、これが民主主義なんだって思いました。

私たちには力がある、社会を変える力がある、政治を変える力があるんです。
皆さんたちの1票、投票に行く行動は絶対に無駄じゃない、社会を変える力があるんです。
皆さんの周りには、それでも投票に行ったって何にも変わらない、政治に関心がない、そういう人たちがいると思います。
私もそうだったんです。投票には毎回行ってたけど、政治に積極的には関わらないようにしてた。巻き込まれたらえらいことになると思ってました。めんどくさいことになるって、だから、関わらないようにしてたんです。
でも、そういう私みたいな人間の責任なんです。
今の政治、国民の方全く向いてない。私みたいな人間の責任なんだって思ったんです。
だから、その責任を取るために今私、ここに立っています。一緒に、一緒に闘ってくれませんか、最後まで。

政治は永田町だけの話ではない。政治は政治家のモノだけでもない。
政治はあなたのモノなんです。
政治とはあなたの暮らしのことです。
政治とはあなたの子育てのことです。
政治とはあなたの労働のことです。
政治とはあなたの人生そのものなんです。
あなたが大切な人とどうやって生きていくのか、政治とはそういうことなんです。
だから、みんなで、みんなでこの国の未来を決めましょう。ありがとうございます。


 すみません、この演説の内容は本日のスピーチを書き起こしたものではなく、以前の演説の内容ですが、スピーチの趣旨は同じです。


 #自由に生きちゃダメですか? #定時で帰っちゃダメですか? #最低賃金UP あなたの労働に見合った給料を!
厳しい選挙になってますが、絶対に国会で仕事して欲しい人「かめいし倫子」さん、がんばれ!

 最後のこの言葉が刺さったっ💦

「大阪の改選4議席を、自民・公明・維新・維新の改憲勢力に独占させてもいいのでしょうか!」

 あかん❗ 絶対にあかんっ❗❗
大阪の皆さん、絶対に投票行ってください❗
大阪以外の皆さん、大阪の知り合いに「絶対に投票行ってください」って声を掛けてくださいっ❗❗



 私は、2枚目の投票用紙、比例代表には「もりやたかし」さんを応援しています❗❗
コメント

2019年6月に読んだ本

2019-07-12 | いい本読んでます?
【Run4-55 6.41km 37:58 枚方河川公園】 6月の読書メーター 読んだ本の数:9 読んだページ数:2880

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫) 読了日:06月03日 著者:東野 圭吾 親友が死んだ。枯れ葉のように校舎の屋上からひらひら落ちて。刑事たちが自殺の可能性を考えていることは俺にもわかった。しかし…。高校を舞台にした好短編「小さな故意の物語」。犯人がいないのに殺人があった。でも犯人はいる…。さまざまな欲望が交錯した一夜の殺人事件を描いた表題作。人間心理のドラマと、ミステリーの醍醐味を味わう傑作七編。☆★★ 読んだことある話しがいくつかあると思ったが、ドラマ化されて知っているのだわ。


おもかげ橋 (幻冬舎時代小説文庫)おもかげ橋 (幻冬舎時代小説文庫) 読了日:06月08日 著者:葉室 麟 剣は一流だが道場には閑古鳥の鳴く弥市。武士の身分を捨て商家に婿入りした喜平次。十六年前に故郷を追われ江戸で暮らす二人の元に初恋の女が逃れてくる。だが、変わらぬ美しさの裏には危うい事情があった。一方、国許では化け物と恐れられた男が返り咲き、藩を二分する政争が起きていた。再会は宿命か策略か? 儘ならぬ人生を描く傑作時代小説。☆★★ お話が小っちゃくてあまりのめり込めなかった。


汚れた英雄 第3巻(黄金篇) (角川文庫 緑 362-31)汚れた英雄 第3巻(黄金篇) (角川文庫 緑 362-31) 読了日:06月09日 著者:大薮 春彦 北野晶夫(20歳)が1959年6月のマン島TTレースを初観戦してから翌60年6月の同レースの125/250/350ccの3クラスに出場し、うち125ccで2位、250/350ccでどちらも優勝するまでを描く。☆☆★ いよいよ世界の北野だ(笑)現実離れしすぎて別世界へ逃避行出来る!


厭世フレーバー (文春文庫)厭世フレーバー (文春文庫) 読了日:06月10日 著者:三羽 省吾 リストラされた父親が失踪。14歳の次男は陸上部をやめ、17歳の長女は優等生をやめ、27歳の長男は家計のために肉体労働。42歳の母は昼から酒浸り。73歳の祖父はボケが進行…。残された5人、それぞれの思いと、次第に浮かび上がる須藤家の秘密。家族の崩壊と再生を明るく熱くポップに描いた最高傑作。☆☆☆ 面白い展開の中に見る家族の意味、なんて巧みなんだ、はまった!


斜陽 (新潮文庫)斜陽 (新潮文庫) 読了日:06月11日 著者:太宰 治 破滅への衝動を持ちながらも“恋と革命のため"生きようとするかず子、麻薬中毒で破滅してゆく直治、最後の貴婦人である母、戦後に生きる己れ自身を戯画化した流行作家上原。没落貴族の家庭を舞台に、真の革命のためにはもっと美しい滅亡が必要なのだという悲壮な心情を、四人四様の滅びの姿のうちに描く。昭和22年に発表され、“斜陽族"という言葉を生んだ太宰文学の代表作。☆☆★ 気持ちが弱っているときに読んだらあかん作品やな…。


ポイズンドーター・ホーリーマザー (光文社文庫)ポイズンドーター・ホーリーマザー (光文社文庫) 読了日:06月18日 著者:湊 かなえ あなたの「正しさ」を憎みます。 女優の弓香の元に、かつての同級生・理穂から届いた故郷での同窓会の誘い。欠席を表明したのは、今も変わらず抑圧的な母親に会いたくなかったからだ。だが、理穂とメールで連絡を取るうちに思いがけぬ訃報を聞き……。(「ポイズンドーター」)母と娘、姉妹、友だち、男と女。善意と正しさの掛け違いが、眼前の光景を鮮やかに反転させる。名手のエッセンスが全編に満ちた極上の傑作集!☆☆☆ なんて恐ろしいお話なんだ!最後の最後でタイトルの意味が…


新装版 義経 (上) (文春文庫)新装版 義経 (上) (文春文庫) 読了日:06月21日 著者:司馬 遼太郎 みなもとのよしつね―その名はつねに悲劇的な響きで語られる。源氏の棟梁の子に生まれながら、鞍馬山に預けられ、その後、関東奥羽を転々とした暗い少年時代…幾多の輝かしい武功をたて、突如英雄の座に駆け昇りはしたものの兄の頼朝に逐われて非業の最期を迎えてしまう。数奇なその生涯を生々と描き出した傑作長篇小説。☆☆☆ 軍事的天才であった義経は何故滅びねばならなかったのか、司馬解釈がとっても興味深い!


飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ―若き医師が死の直前まで綴った愛の手記 (祥伝社黄金文庫)飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ―若き医師が死の直前まで綴った愛の手記 (祥伝社黄金文庫) 読了日:06月22日 著者:井村 和清 「死にたくない。生まれてくる子の顔を見たい…」不治の病に冒された青年医師が、最後まで生きる勇気と優しさを失わず、わが子と妻、両親たちに向けて綴った感動の遺稿集。☆☆★ 切ない…


萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫)萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫) 読了日:06月30日 著者:吉永 南央 観音さまが見下ろす街で、コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」を営む気丈なおばあさん、杉浦草。人々を温かく見守り続ける彼女は、無料のコーヒーを目当てに訪れる常連たちとの会話がきっかけで、街で起きた小さな事件の存在に気づく。オール讀物推理小説新人賞受賞のデビュー作を含む「日常の謎」を解く連作短編集。☆★★ 老人が主人公だからか、とってもテンポが悪くて読みづらかった。


読書メーター
コメント

労契法20条裁判の到達点と新法施行による格差是正の実現の行方~同一労働同一賃金(均等均衡処遇)の実現と課題 その③

2019-07-10 | 書記長社労士 お勉強の記録
【Run3-54 6.61km 39:37 大阪城⇒第25回参議院選挙大阪選挙区「かめいし倫子」候補の選挙事務所】 その②からの続き 神奈川労働弁護団主催「働き方改革」対策セミナー@横浜市開港記念会館。
労契法20条裁判の到達点と新法施行による格差是正の実現の行方~同一労働同一賃金(均等均衡処遇)の実現と課題、講師は、日本労働弁護団幹事長の棗一郎弁護士!(その③)


Ⅲ 個別の労働条件についての判断
ハマキョウ
皆勤手当(出勤する者の確保の趣旨)、無事故手当(優良ドライバーの育成や安全な輸送による顧客の信頼の獲得が趣旨)、作業手当(特定の作業を行った対価)、給食手当(従業員に係る食事の補助)、通勤手当(通勤に要する交通費)、それぞれの趣旨だけで判断している。
住宅手当は不合理でない⇒正社員については転居を伴う配転が予定されている⇒おかしい、負担が増加するのは転居費用、毎月の住宅費の負担は同じ。(大阪のJP裁判は1審で不合理と認めた)

長澤
定年制⇒その他の事情として考慮する
能率給・職務給 不合理と言えない。⇒丁寧に判断している。救いがあるところ。
精勤手当 不合理。
住宅手当と家族手当、役付手当 認めていない。
問題は賞与(もっとも裁判で力を入れているところ)⇒長澤はいい判断している(将来に期待が持てる判断)。⇒①労務の対価の後払い、②功労報償、③生活費の補助、④労働者の意欲向上等、といった多様な趣旨を含みうる。⇒素直に考えれば、有期にも非正規にも、みんなに当てはまる。⇒これは使える。
ただし、長澤の事案では能率給・職務給と同様に丁寧に見た結果認めていない。

Ⅳ 2つの最高裁判決で明確になったこと
❶一部の手当は認めるが、基本給と賞与は認められないというスタンス(下級審もそのような傾向)⇒安倍総理は格差を縮めると言い切ったが、こんな判決で縮まるか(--#)
⇒せめて、まず住宅・家族・有給の病気休暇くらい認めるべき、そうすれば非正規はどれだけ生活が助かるか!(休めない、休んだら生活が成り立たない、年休が使えない、長期に休むと雇い止めになる恐怖)、加えて賞与も認められれば、かなり格差は縮まって非正規労働者の生活が楽になる。
日本郵便、大阪地裁が不合理と家族手当を認めたが、大阪高裁は棄却した⇒大阪高裁判決は「長期雇用のインセンティブ論」を全面的に展開している。
❷損害の割合的認定は否定?
裁判は不合理性を認めた手当について損害額を全額認容した(下級審は割合的認定をしている場合もある)
❸定年再雇用について同条の適用あることを明示
定年後再雇用であれば全ての労働条件の相違は不合理ではないという「社会的容認論」は採らないということ⇒長澤運輸特有の判断、賃金差は8割の差だった。
東京高裁は、定年での相違は不合理でないという「社会的容認論」を取った。

Ⅴ 2つの最高裁判決で明確になっていない点
新法施行後の解釈はどうなるか?
❶比較対象は何か?労働者なのか、待遇なのか?
⇒新法では「当該待遇に対応する通常の労働者の待遇」⇒つまり「待遇」ごとの比較
❷誰が比較対象の労働者を選ぶのか?
⇒原告(労働者)⇒水町教授もそう言っている。⇒メトロコマース高裁もそういう判断をした。
❸その他の待遇のそれぞれについて
常に3つの判断要素を考慮するのではなく、適切と認められる要素を抽出して考慮して不合理を判断するということ。
❹「賞与・基本給」を条文に明記した意味
明文で「基本給・賞与」を書いてあるのだから、積極的に格差を是正していくべき。
ガイドライン
・賞与⇒「貢献について支給するもの」⇒長澤の①~④(①労務の対価の後払い、②功労報償、③生活費の補助、④労働者の意欲向上等といった多様な趣旨を含みうる。)、通常、有期パートにこの趣旨が当てはまることが多いはず。
⇒学校法人大阪医科薬科大学事件「すなわち算定期間に就労していたことそれ自体に対する対価としての性質を有する」「賞与算定期間における一律の功労の趣旨」
・基本給⇒産業医科大学事件⇒確定した
・病気休暇、年末年始休暇などその他の待遇について
病気休暇(有給)、育児介護休暇、(有給の)産休(期間が長い)、労災・安全衛生対策⇒最高裁は判断していない
メトロコマース⇒退職金について一部請求を認めた(高裁)
。パート有期法9条の適用によって救済される事例も?(差別的取扱い)
⇒特に中小企業では、正規・非正規の職務内容、職務内容・配置変更の範囲が全く同一の場合がそれなりにあるのではないか。
⇒長澤は同一であるから新法9条で救済される可能性があるかも。
しかし、「理由として」と規定されており、待遇差は定年再雇用が理由であって、有期であることが理由ではないから、同条の適用はないと使用者側は主張していた。

    

コメント

労契法20条裁判の到達点と新法施行による格差是正の実現の行方~同一労働同一賃金(均等均衡処遇)の実現と課題 その②

2019-07-08 | 書記長社労士 お勉強の記録
【Run1-52 7.20km 47:17 中之島一周】 その①からの続き 神奈川労働弁護団主催「働き方改革」対策セミナー@横浜市開港記念会館。
労契法20条裁判の到達点と新法施行による格差是正の実現の行方~同一労働同一賃金(均等均衡処遇)の実現と課題、講師は、日本労働弁護団幹事長の棗一郎弁護士!(その②)


❹「職務の内容および配置の変更の範囲」の解釈
 「将来、上告人の中核を担う人材として登用される可能性がある」⇒そんなこと言われたら正規非正規は違うに決まっている(一部にはそんな人もいるかも知れないが)⇒可能性だけを言っている。実態を見ていない⇒主観的又は抽象的な説明では足りない。
水町 勇一郎は「同一労働同一賃金」のすべてで⇒「使用者側の主観的・抽象的な説明・事情・認識ではなく、客観的な事情・実態に基づいて不合理性は判断すべき」
例えば、メトロコマース事件 長期雇用確保・定着を図るなどの目的、日本郵便事件 長期的な勤務に対する動機付け、長期雇用のインセンティブ
⇒具体的に基礎づける客観的な実態の違い(人事異動の範囲の具体的な違い)およびその実態の違いと待遇の違いとの関連性・相当性(人事異動[キャリア展開]の実態の違いに相当する職務給や教育訓練の違いなど)を考慮して不合理性を判断すべき
ニヤクコーポレーション事件⇒正社員と準社員との間には、転勤・出向の点について大差があったとは認められない。
「長期雇用のインセンティブ」論?⇒JP大阪高裁判決・JP東京地裁判決は全面的に長期雇用のインセンティブ論を採用しているが、東京高裁判決は採っていない、最高裁判決はほとんど触れていない。
日本郵便は最初から長期雇用を推奨されている、期間雇用社員は65歳の定年制があり定年まで勤務している者も多い。
2016年から、希望者全員を無期転換する施策を行っているにもかかわらず、会社はずっと長期雇用のインセンティブを主張している。
⇒長期雇用の動機付けとか人材活用の仕組みを理由に相違の合理性を判断してはならず、人材活用の実態を考慮に入れるとしても、実態を見て考慮しなければならない。

❺主張立証責任
 当該相違が不合理であるとの評価を基礎づける事実は労働者
相違が不合理であるとの評価を妨げる事実については使用者

❻同条違反の効力⇒正社員と同一の労働条件になる補充効はあるか、損害賠償請求にとどまるか
⇒補充効はない⇒同一の労働条件となるものではない、地位確認は否定。(民主党は国会答弁で補充効はあると言っていたが最高裁は無視した)
窮余の策として、補充効は認められないが、正社員の就業規則の解釈で何とか適用できるのではないか?⇒別個独立のものとして作成されていることなどに鑑みれば、就業規則の合理的な解釈として困難である。

長澤 他の論点について判断
❶個々の労働条件ごとに不合理性を判断すべき⇒不合理と言えるかの判断の構造(判断の仕方)⇒民主党政権時代の解釈、通達もそうなっている
使用者は、個々の待遇は他の待遇と密接不可分に関連していると主張⇒長澤判決は「当該賃金項目の趣旨を個別に考慮すべき」⇒有期パート法の通達もそうなっている。

❷「その他の事情」の解釈 チョイスして判断すると条文はなったが、判決は「相違が認められるものであるか否かを判断する際に考慮される事情は、労働者の職務内容および変更範囲並びにこれらに関連する事情に限定されるものではない」⇒批判すべき⇒菅野説に引きずられたのではないか(--#)
⇒その他の事情がどこまで広がるのか不明で歯止めがないから、無限定な拡大解釈の恐れがある。
労使合意を尊重しろと言うが「労使合意があっても不合理は不合理でしょ」と東京地裁の清水裁判長は言っていたが、最高裁判決がこうなったからどうしようもない。
水町 勇一郎は「同一労働同一賃金」のすべてで「労使交渉や合意そのものが少数者への差別を生み出す元となるいう懸念も否定できない」。労使交渉のプロセスについては、関係する非正規の雇用労働者の意見も反映させた形で公正に手続きが踏まれている場合」かどうか見極めるべき、「団交を経た」だけでは足りず、労使の合意に至ったということが大事だが上記の懸念もあるので、労使交渉や労使自治は重視すべきではない。

❸その他の事情に「定年再雇用」も当たる⇒一事情としか判断しなかった⇒「その他の事情」に従って判断すべき

    

コメント

労契法20条裁判の到達点と新法施行による格差是正の実現の行方~同一労働同一賃金(均等均衡処遇)の実現と課題 その①

2019-07-04 | 書記長社労士 お勉強の記録
 参議院選挙が今日、公示されました!
投開票日は21日(日)ですが、明日から期日前投票が出来ます。
投票所入場券がなくても、選挙人名簿で確認が出来れば、投票が可能です。
投票に行こう!

 6月27日に受けた、神奈川労働弁護団主催「働き方改革」対策セミナー@横浜市開港記念会館をメモしておく。
労契法20条裁判の到達点と新法施行による格差是正の実現の行方~同一労働同一賃金(均等均衡処遇)の実現と課題、講師は、日本労働弁護団幹事長の棗一郎弁護士!(その①)


Ⅰ 基本的視点
 今20条裁判やっている、または闘う準備をしている人はいますか?
私は、JP裁判の主任をやっているが、労契法20条は民主党政権時代にできた条文で、自民党政権になっても打ち消すことが出来なかった条文。
ようやく闘う武器が出来た、それまでは公序良俗でしか闘うことが出来なかった。

 安倍政権は同一労働同一賃金と言っているが、それは間違い、均等均衡処遇である。
昨年、ハマキョウレックス、長澤運輸事件、同時に最高裁判決が出たので、当面、この両判決が基準になる。
来年から新法が施行されるが、この最高裁判決の解釈がどのように変わるのか、また変わらない点があるのか、それを検討しておかなければならない。

 両事件とも、原告は運送会社の運転手(現業職)であることに留意、全くのホワイトカラーで職でない。
長澤は定年再雇用、ハマキョウは正社員には配転があるなっているが、実態としてはほとんど無い。

 ハマキョウの一審原告らの請求の内容
①地位確認請求、②主位的に差額賃金請求、③予備的に不法行為に基づく損害賠償請求(①②とも家族手当や賞与、退職金などは請求していない)
長澤の一審原告らの請求の内容
①地位確認請求、②主位的に差額賃金請求、③予備的に不法行為に基づく損害賠償請求

Ⅱ 最高裁の労契法20条の解釈・判断
 労契法20条の条文上の要件⇒①「期間の定めがあることにより」相違する場合、②3つの事情を考慮して(考慮要素)、③不合理と認められること。
「合理的なものでなければならない」とはなっておらず、「不合理と認められるものであってはならない。」になっており、労政審では当初合理的となっていたがいつの間にか変わってしまった。
20条の法的効力(法効果)⇒不合理な労働条件の禁止⇒とってもやりにくい条文になってしまった(T_T)

両最高裁判決の比較、両判決の関係⇒ハマキョウが基本的な解釈、長澤はハマキョウを参照しかつ解釈を補充している。
ハマキョウ
❶職務の内容などの違いに応じた均衡の取れた処遇を求める規定である⇒均衡だけではなく「均等および均衡処遇」を求める規定であることに留意必要。

❷使用者側は、「定年後再雇用になったから有期と正社員は違いがある、だから条文の適用はない。」と主張。
しかし「期間の定めがあることと労働条件が相違していることとの関連性の程度は、労働条件の相違が不合理と認められるものに当たるか否かの判断に当たって考慮すれば足りる」⇒「労働条件の相違が期間の定めの有無に関連して生じたものであること」⇒「期間の定めがあることにより」の解釈は確定。
ただし、新法(パート有期法)ではこの文言を削除した
①「基本給・賞与」が明記された、②「その他待遇のそれぞれについて」が追加された、③その他の事情のうち「当該待遇の性質および当該待遇を行う目的に照らして」が追加された、④「期間の定めがあることを理由として」を削除した。
水町 勇一郎は「同一労働同一賃金」のすべてで⇒正社員の中に違う待遇の人をおいて、それと有期・短時間と比較するような脱法的行為を招くので削除した。

❸「不合理と認められるもの」の解釈⇒「不合理と認められるもの」と「合理的なものと認められること」と同じ趣旨ではないのか?
⇒同条はあくまでも労働条件の相違が不合理と評価されるか否かを問題とするものと解することが文理に沿うものといえる。
使用者側に立証させるというようにならなかった…労使に同様の立証責任
※菅野説⇒「本条の趣旨に照らして法的に否認すべき内容ないし程度で不公正に低いものであってはならないとの意味に解される」⇒使用者に有利な解釈⇒最高裁は、菅野説を排斥した。
しかし「その他の事情」として労使交渉や使用者の経営判断を尊重すべきとは言い過ぎであり謝り。

    

コメント

新聞記者 「この国の民主主義は形だけでいいのだ。」 良いわけない!

2019-07-03 | いい映画観てますか?(邦画)

【20 試写会4】 ジャーナリストの父親が誤報のために自殺した東都新聞社会部の若手女性記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、総理大臣官邸における記者会見でただ1人鋭い質問を繰り返し、官邸への遠慮が蔓延する記者クラブの中で厄介者扱いされ、社内でも異端視されていた。
そんなある日、吉岡は上司の陣野から大学新設計画に関する調査を任される。極秘情報が記された匿名のファックスが社会部に届いたためだ。彼女が調査を進めた結果、内閣府の神崎という人物が浮上してくるが、その矢先、神崎は自殺してしまう。
神崎の死に疑問を抱いた吉岡はその調査の過程で、内閣情報調査室の若手エリート官僚・杉原拓海(松坂桃李)と巡り会うが、彼は現政権に不都合なニュースをコントロールする立場でありながら、神崎の死に疑問を持っていた。神崎は彼の元上司だったのだ。立場の違いを超えて調査を進める2人の前に、ある事実が明らかになる。


 東京新聞記者・望月衣塑子の著書「新聞記者 (角川新書)」を原案にしたサスペンスドラマ、国家の闇を追う記者と若手エリート官僚が、それぞれの正義を貫こうとするという映画。


 首相肝いりの大学新設の極秘文書流出を巡るサスペンス劇、劇中に出てくる疑惑や事件の元ネタは誰が見たって一目瞭然で、フィクションであるが現政権批判は明らか。

 NHKが大本営発表の政府広報に成り下がり、大手報道機関の多くが政府の御用メディアへとなり、政権批判が日増しに困難となっていく昨今の日本。
意を決して、真実を話す、正義を貫く、悪を暴く、そんな官僚や政治家、公務員、ジャーナリストは、ある大きな力で、干され、更迭され、社会的に抹消され、または死に追いやられる。
またはスキャンダルをねつ造されたり、ファクトニュースを流されてしまったりする。


 「君なら自分の父親にどっちを選択して欲しい?」

 一方で、その大きな力に忖度すれば、高級国民へと昇華していく、または大きな利権を得る。
しかしその裏側に堂々とメスを入れようとしている本作の持つ意義は大きい。
今この国で良心に従って行動することの難しさを映し出しつつ、国民一人一人の持つべき良識が問われる映画だ。

 「この国の民主主義は形だけでいいのだ。」、良いわけない!

 菅官房長官との記者会見におけるバトルを展開し官房長官のメディア弾圧を受けている望月衣塑子記者。
「行政がゆがめられた」として、一連の加計学園問題について「告発」に踏み切った前文科事務次官の前川喜平氏。
権力と新聞の大問題 (集英社新書)」「米国人ジャーナリストだから見抜けた日本の国難 (SB新書)」の著書で知られる元ニューヨーク・タイムズ東京支局長のマーティン・ファクラー氏。
そして南彰新聞労連委員長が、本人として劇中のテレビ座談会のメンバーとして出演している。

 7月21日(日)投開票で、明日(7月4日)、参議院選挙が公示される。
「この国の民主主義は形だけでいいのだ。」と思っている政治家や政権を倒すための参議院選挙となりますように。
 
     
コメント