労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

ハケンの品格 その2

2007-02-22 | 脱線編7 その他
 前にも書いたハケンの品格
 今日も、ちょっと書こうっと
昨日の第7話 「企画コンペに恋は厳禁」もおもしろかったね

 S&Fの創立80周年を記念する社内企画で、東海林(大泉洋)の企画書を見て大前春子さんは、一刀両断
そこで、企画書の書き方をレクチャーした瞬間に、正社員が、一斉にBack Spaceをたたく音が響いた

 企画書は、
要点を1枚にまとめる
冒頭で一番に言いたいことを
結論は2~3行で言い切る
補足説明は箇条書きで
漢字は全体の30%以内


 思わずメモっちゃいました
そして企画書に大切なのは3つのT
タイトルと、テーマと、タイミング(提案前のネゴシエーションの”T"じゃないよ とうかいりんくん

 そして最も俺が大爆笑したのは、に電話がかかってきたときの留守電のメッセージ・・・
「大前春子です! 出ません!!」
 俺もこれに変えようかな・・・

書記長社労士です出ません・・・いえいえごめんなさい・・出ます
無理かも・・・

 大前春子の資格もすごいですよね
これまで出てきた資格は・・・クレーン操縦士・ホッチキス2段(?)・マグロ解体師(?)・自動二輪・ロシア語検定(?)・昇降機検査資格・ウグイス嬢(?)・助産師・剣道4段。
大前春子は26の資格を持っているらしいが、これからどんな資格が出てくるんだろう?
「社労士」も来る?「DCプランナー2級」も?
というか、このドラマの落としどころが全然、想像つかない
って、こんなドラマレヴューで終わったら、俺らしくないっすよね。
で、ちょっと書きます。

「派遣社員という働き方」を選ぶメリット

☆ ライフスタイルに合わせて働ける
 勤務日・勤務時間・勤務地など、自分のライフスタイルに合わせた条件にあった働き方を選べる。
 大前春子のような「天涯孤独の身で、期間限定で働いてはスペイン放浪の旅へ。」 これ

☆ スキル・業務経験の実績を生かせる
 自分の能力を特化出来ますよね、大前さん。

☆ 高収入
 大前さんくらいのスキルが有れば、時間給3000円も夢じゃない・・・

☆ たくさんの職場を経験できる
 花形大手企業とか、話題の会社とか、いろんな職場を体験できます。
 S&Fみたいな職場はいかが?

☆ コーディネーターがサポートしてくれる
 「ハケンライフ」の担当マネージャー一ツ木さん(安田顕)みたいな人にフォローしてもらえます。

「派遣社員という働き方」を選ぶデメリット

☆ 生活が不安定
 ハケン契約は未来永劫続くものではありません。
 契約を延長するかどうかの決定権は派遣先企業がもってます。
 しかも派遣労働者の使用年限もあります。
 桐島営業部長(松方弘樹)に、社風に合わないという理由で突然「クビ」を通告されることも!

☆ ボーナス・退職金がない(交通費もかな?)
 社員食堂でカレーライスも、社員の倍の値段がするかも

☆ スキルアップが必須!
 大前さんのようなハケンは別?
 でも、スキルがないと、第6話の臨時のハケンさんのように、先細りになるのが実態です

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 沖縄んそんぐすBEST | トップ | バス会社からのお願い »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長くてすみません (まるまる)
2007-02-23 00:42:14
派遣社員の意識。
派遣社員の中にもドラマのように色々な考え方をもった人がいます。

働き方の多様化といいますが、それが労働者が望んだ、労働者が作り出した形なら今後の雇用社会にも展望は持てます。
会社は人件費をいかに安く抑えることで、高い利益を得ようとしてきた。雇用の形を変え、年功序列の賃金を廃止し、安い給与で働かせるという定義は会社側が作り出した会社にとって単に都合のいい働かせ方にしか過ぎない。私も派遣社員もパート・アルバイト社員もも契約社員もありますが、どうしても会社の労働者に対する認識にはうんざりしたことのほうが多かったです。
ですが、私の仲間たちには私と同じ考えだった人は少なかったように思います。
現在は会社側の立場であることが多いのですが、労働者側から相談を受けることがあっても、自分の権利に対する認識や働き方に対する意識も少ない人が多い気がします。処遇は単に給与の手取りだけって事。これが今までの雇用社会が作り出してきたひずみの部分、会社も自分すらも信用していない若い人が増えてきた原因かなとも思っています。
今の会社は利益を上げる社員を作るため、働くことの教育に頭を悩ませていることが多いです。
  コメントありがとうございました (  まるまる様へ)
2007-02-23 09:30:16
  わたしたち労働組合も、最近感じることは、自分が「労働者」だと
  思っていない人が多いんです。
  「じゃああなたは何?」って聴いたら、「会社員だ」「事務員だ」
  「正社員だ」「パートだ」って。

  昔は、どっかの労働組合がストライキをしたら、例えば
  ストで電車が止まったら、他のサラリーマンは「頑張ってくれよ!」って
  言ってくれたって先輩から聞きました。
  しかし、今では「迷惑掛けるな!」って怒られるって。
  「自分たちが頑張らないと春闘相場が下がってしまう。
  あとに続く他の産業の労働組合や、労働組合のない中小企業に
  迷惑がかかる!と思って必死なのに」って嘆いてはります。

  連合にも労働組合にも問題の端緒はありますが、でも・・・
  
  
私も見てますハケンの品格 (沙良雫)
2007-02-23 11:33:54
資格の多さと言うと、OL時代の先輩が資格凄く多いの二十何個?大前さんよりあると思う、その人も1人で生きて行く為に資格を取ったって言ってました(*^_^*)女1人で生きて行くのは大変だからね(^_^;)

私はぁどーも派遣とかバイト、パートの仕事は好きじゃない、今パートしてるから尚更思う…何の補償もないからね、来年職探し頑張りますo(^-^)oでは…
Unknown (まるまる改め、まるなか)
2007-02-23 18:01:15
人間本来の姿は、善にもとづいていると私は信じています。労働者の善の部分を信じて、それを根底に組合は権利を形にしようとするのではないのですか?労働者が善でなくなったら何も獲得する異議がなくなる。
私たちの仕事は、それぞれの立場は違ってもこの社会で頑張って生きていくためのヒトのためにあるんですよね。
大風呂敷のような言葉ですが、私の信念かも。

なに言ってんだろ。
Unknown (まるなか)
2007-02-23 18:02:54
そうそう私もプレゼン資料には苦労しますが、結構自信満々です
  おもしろいよ! (  沙良雫さんへ)
2007-02-23 22:41:25
  ドラマはほとんど、たまーに、しかも単発でしか見ないけど
  今回はハマってます!

  前にハマったのは「海猿」かな?

  だいぶ前やけど、「王様のレストラン」は本気でどっぷりハマった!

  雇用形態がどうこうではなくって、自分のライフスタイルに合わして
  ちゃんと自信もって働けているかが重要だと思うよ!
  性善説 (  まるなかさんへ)
2007-02-23 22:49:37
  経営者も労働者も、本来人間は善なんだってな議論はおいといて

  連合がようやく、労働の対価として、企業の付加価値の分配率を
  俎上に乗せたことが僕はうれしい。

  果実は適正に配分しないと。
  
  そこに差別や弾圧があると、善でありたいと思っているカテゴリーの人も
  我慢が出来なくなる。

  社労士って仕事は、経営者に法の抜け穴を指南するだけでなく
  法違反にならないような、就業規則を作ってあげるのではなく
  理念を無視して助成「金」だけを求めるのではなく
  ぜったいに企業発展につながる就業規則、コンプライアンス、
  助成金活用、人財の活用、社員教育・・・を模索して作ってあげて
  そしてそこから生み出される果実を、出資者・経営者・企業・労働者
  それぞれのステークホルダーで、応分に(按分ではなく)分け与えるべき!
  って思います。

  そんなことがきちっと提案できる社労士になりたい!
  (注:もし開業したら・・・ですが)
Unknown (まるなか)
2007-02-24 00:14:42
そうです!
性善説はおいといて。
でも、青っ臭い気持ちが根底にあってやれる仕事ですよ。
出資者・経営者・企業・労働者がステークホルダーなんですよ、そこが抜け落ちているんだ。

コメントを投稿