労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

ちょんまげぷりん 目力~リアクション~泣き顔~

2010-07-22 | いい映画観てますか?(邦画)
=35 -11-】 観たい映画の試写会があたっても予定があって観に行けないのに、どうでもいい映画の試写会の日はフリー、なかなかうまくいかない・・・ε-(;ーωーA フゥ…そんなパターンにはまってしまった今日の試写会、「ちょんまげぷりん」ってなんじゃ~??

 シングルマザーのひろ子は、息子の友也と二人暮らし。ある日、二人は侍の恰好をした木島安兵衛と名乗る男と出会う。安兵衛はどこに帰ればいいのかわからないと言い、しばらくひろ子の家に居候することになる。安兵衛は、居候のお礼として家事を全部引き受けると言い出し、料理や掃除を完璧にこなしてくれた。ある日、病気になった友也のために、安兵衛はプリンを作ってくれた。それをきっかけに、安兵衛はお菓子作りに目覚め…。


 まったくどんな映画なのかも知れずに観に行ったけど、かなり面白かった~ヾ(@^▽^@)ノ ワーイコミックが原作でどうしようもなくB級になりそうな題材を、『ゴールデンスランバー』の中村義洋が監督と脚本、とちゅう説明不足で興ざめ仕掛けたところや、出来ればちゃんとカットせずに残して欲しかった場面とか(エンドロールで、尺の関係だろう、編集されて泣く泣くカットされたことがわかる)、あったようだけど、脚本と展開と間がいいから退屈することもなく、どん引きすることもなく、最後まで楽しめたよ。 錦戸亮の目力、ともさかりえのリアクション、鈴木福の泣き顔、ここを観て欲しいと監督が言っていたらしいが、う~んそこではなくて、錦戸亮の力みと空回り(褒めているぞ、俺は)+かっぱ顔、ともさかりえの33歳のシングルマザーが醸し出す微妙なくたびれ感(褒めているぞ、俺は)、鈴木福のぶっさいく顔、ここが俺の見所だった、面白かった。


 こんな映画なのに、なぜかメッセージ性まであるように思えてしまったのは、これも監督や役者の力量?作法・行儀・礼節・仁義・躾、そしてジェンダーに関してどのように理解するのか、馬鹿笑いしながらも、真剣に考えることがなぜか多かった。まったくNo Checkな映画やったけど、まったくお馬鹿なナンセンスな映画やったけど、これはなかなかかなりの映画やで! (笑)しかし錦戸亮のファンの人たちかな~若い人が多くて、おじさんちょっぴり気恥ずかしかったよ(*/∇\*)キャで、いったいぜんたいどうしたら泣けるのかよくわからないが、映画を見終わって(ノヘ;)シクシク..している女の子も多かった( ̄ー ̄?).....??アレ??
コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 時間給1,250円 | トップ | 早寝早起き生活を希望・・・ »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
絵的には (sakurai)
2010-08-07 08:18:06
コミックぽい本ですが、ちゃんとした小説ですよ。
本の方がずっと面白かったのは言うまでもないですが、いつも出来上がった本を使う中村監督の姿勢ですよ。
この監督は、一度オリジナルを見てみたいです。
朝日新聞かどっかに記者さんで、妻も働いて、結局夫の方が仕事を辞めて、専業主夫になり、その経験から書いた本だということです。
映画はダイジェスト版っぽかったのですが、つぼは押さえてたような気がします。
  ありゃ~小説だったのですか!? (  sakuraiさんへ)
2010-08-09 00:22:32
  そしてそんな背景があったのですか。
  まったくノーマークやったけど、ほんとに面白かったです。
  ツッコミどころはまあいいじゃないですか、おもしろいんやからって感じでした。
  でも家族3人で幸せになって欲しかったなああってのは個人的感想です。
  それでは映画にならないかも知れませんが。
横から口出し (ふじき78)
2010-08-28 10:11:34
そう言えば中村監督はオリジナルなかったでしたっけ?(「ジャージの二人」とか違うかな?)。
でも、中村監督の脚本家の腕は辣腕ですよ。
『チームバチスタの栄光』も『ジェネラル・ルージュの凱旋』も、そのままだと映画になんかできない小説ですから。
  しみじみそう思いました! (  ふじき78さんへ)
2010-08-29 23:44:25
>中村監督の脚本家の腕は辣腕ですよ。

  まったくその通りだと感じました。
  世界観の作り方がブレが無く媚びもなくいい。

>そのままだと映画になんかできない小説ですから。

  この映画の原作は読んでませんが、そういうことなのでしょうね。
  めったに映画を観て原作を読みたいとは思いませんが
  この映画では、読みたくなりました。
原作読みました (ふじき78)
2010-09-12 00:47:18
このコメント書いてる時は原作未読だったんですが、原作読みました。そ、そこが映画オリジナルってありえんだろうみたいなシーンが映画オリジナルで驚きました。
  そうなのですか! (  ふじき78さんへ)
2010-09-13 11:34:59
  原作読んでみようかな。
  なんか興味津々になってきました!

コメントを投稿