労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

私が、生きる肌 まさかこんな映画だったとは!

2012-06-11 | いい映画観てますか?(洋画)

=24 -1-】 どんな映画なのか予告編で観ている限りでは想像が付かなかったのだけど、でも、なんか惹かれるものがあって観に行ってみた(駄目元くらいの気持ちで)、しかし!

 人工皮膚の開発の権威で、世界的な形成外科医のロベル。その邸宅の一室にはベラという若い女性が幽閉されていた。食事の世話をするのは、初老のメイドのマリリア。ロベルは亡くなった妻を救えるはずだった“肌”を創造するために、“ある人物”を監禁して実験台にし、亡き妻そっくりの“ベラ”として創り上げていたのだった。ある日、音信不通だったマリリアの息子のセカがやってくる。その事から、屋敷に住む3人の関係に変化が訪れる。


 ある意味サイコホラーなので、下手に書いてネタバレになったらいかんし・・・
とにかく現在と過去の行ったり来たりが物語を複雑にしているようで、しかしちっとも気を抜けない展開にし、そしてすべての伏線は最後までにすべて回収する。
まさかまさかこんなお話しだったとは、これっぽちも想像できなかった、お見事!
スペインの映画らしく細かいことは気にしないという大雑把はたくさんある。
とにかく「おっぱい」に関しては惜しげもなくみなさんのために放り出すってのもスペインらしく、SEXに関してもスペインの人ってほんまにあんなにおおらかなのかと錯覚してしまうのもスペイン的(笑)


 狂気の映画、ほんとうに体力気力が必要な映画、気持ち悪いとかもろに怖いわけではないけど、なんか変な汗が出る映画、後味も悪いようないいような。
ヴェラ役のエレナ・アナヤが、究極の美の象徴でないとこが、また怖いのだ、ほんまにほんまに問題作です!


コメント (2)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« 可愛い方のYAWARAちゃん | トップ | ソウル・サーファー 全身の... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (別冊編集人)
2012-06-12 16:33:02
きれいなひとだけど、そういう背景があったとは…がわかって以来、まともにおっぱいが見られなくなりました。複雑な…きれいなのに(笑)
  あなたもですか! (  別冊編集人さんへ)
2012-06-13 06:17:33
  自分もようやく真相がわかってきた頃から、無意識のうちに目を逸らそうとしている自分に気付きました。
  男の心理って・・・笑えます!
  しかし、自分だけでなかったのか。

コメントを投稿

40 トラックバック

私が、生きる肌 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
私が、生きる肌〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕クチコミを見る倒錯的な愛と歪んだ復讐が炸裂するアルモドバルの問題作「私が、生きる肌」。グロテスクで官能的な愛の物語。最愛の妻の ...
私が、生きる肌/アントニオ・バンデラス (カノンな日々)
『ボルベール〈帰郷〉』ら女性賛歌3部作を手がけたスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督がアントニオ・バンデラスとエレナ・アナヤを主演に迎え狂気に満ちた形成外科医の男とそ ...
私が、生きる肌/ La piel que habito / The Skin I Live In (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click 楽しみにしていたペドロ・アルモドバル監督最新作 今年も9/15~19まで開催中(東京上映)のラテンビート映画祭にて鑑賞  京都、横浜でも続いて開催☆ 原作はティエリー・ジョンケ Thierry Jonquet 「蜘...
私が、生きる肌~仮面のかけら (佐藤秀の徒然幻視録)
ザ・ピーナッツをオマージュ? 公式サイト。スペイン映画、原題:La piel que habito。英題:The Skin I Live In。ペドロ・アルモドバル監督、アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・ ...
『私が、生きる肌』 (2011) / スペイン (Nice One!! @goo)
原題: LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: アントニオ・バンデラス 、エレナ・アナヤ 、マリサ・パレデス 試写会場: ブロードメディア・スタジオ月島試写室 公式サイトはこちら。[2012年5月26日公開] 映画レビューサイ...
『私が、生きる肌』 2012年5月7日 ブロードメディアスタジオ試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『私が、生きる肌』 を試写会で鑑賞しました。 とんでもない研究者がいたもんだ 【ストーリー】  最愛の妻を亡くして以来、完ぺきな肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)。あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、ある人物を監...
私が生きる肌 (ここなつ映画レビュー)
試写会で観ました。 天気も冷たい雨の降る中、以前劇場で予告を見た時から、この作品を鑑賞するには、よっぽど気力・体力共に充実してないと無理ではないか、と思っていて、本当に太刀打ちできるのか?(何に?)巨匠アルモドバルに取って喰われるんじゃないか、と、ド...
『私が、生きる肌』(アルモドバル作品) (ラムの大通り)
(原題:La piel que habito) ----これ、ペドロ・アルモドバルの映画だよね タイトルからして、かなりセンセーショナルだけど…。 「うん。 でも、このタイトル(邦題)は 実に上手いところを突いている。 ぼくは、勝手に 『私が、愛した肌』のような内容だと思ってい...
私が、生きる肌 (あーうぃ だにぇっと)
私が、生きる肌@ブロードメディアスタジオ試写室
『私が、生きる肌』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「私が、生きる肌」 □監督・脚本 ペドロ・アルモドバル □原作 ティエリー・ジェンケ □キャスト アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット、       ロベルト・アラモ、ブランカ・スアレ...
『私が、生きる肌』(R15+)ネタバレ厳禁の問題作! (コナのシネマ・ホリデー)
ティエリ・ジョンケの原作『蜘蛛の微笑』は、インスパイアされたペドロ・アルドモバル監督によって、復讐劇を超えた衝撃の問題作となって映画化された!
『私が、生きる肌』 アルモドバル流魔術 (Days of Books, Films )
The Skin I Live in(film review) 『私が、生きる肌
私が、生きる肌/La piel que habito (LOVE Cinemas 調布)
『抱擁のかけら』のペドロ・アルモドバル監督最新作にして、自他共に認める最高傑作と言われる作品。天才形成外科医の主人公が、長年の研究で生み出した人工皮膚で亡き妻を蘇らせようとするのだが、そこには衝撃の秘密が隠されていた…。主演は『ザ・エッグ ロマノフの秘...
私が、生きる肌 (♪HAVE A NICE DAY♪)
天才的な形成外科医ロベル(アントニオ・バンデラス)は 最愛の妻を亡くし、ある一人の女性ベラ(エレナ・アナヤ)を監禁し 妻そっくりに創り上げる・・・ バンデラス!でサスペンス。 面白そう~!と前から観ようと楽しみに していた。。。 あ、あらあら・・・余りに...
私が、生きる肌 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2,5点】(18) フランケンシュタイン男爵、現代によみがえる(おいおい)
試写会 『私が、生きる肌』 (2012.5.26公開) (理性と感情の狭間で)
Twitterでお世話になっているcocoさんの独占試写会で「私が、生きる肌」(5月26日公開)を観てきました。 衝撃の変態映画!上半期必見の一本です。 あらすじ 天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)は、完璧な人工皮膚の研究に取り組んでいた。医学界ではタ...
私が、生きる肌・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
復讐のスパイスは、狂気。 最愛の妻を亡くした天才形成外科医が、密かに創り上げた妻そっくりの女。 一体彼女は何者なのか。 「トーク・トゥーハー」などで知られるスペインの鬼才、ペドロ・アルモドバル...
私が、生きる肌 (Memoirs_of_dai)
復活アブノーマルなアルモドバル 【Story】 最愛の妻を亡くして以来、完璧な肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)。あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、あ...
私が、生きる肌 (だらだら無気力ブログ!)
あの人的には、ある意味ハッピーエンドで結果オーライなのかな。
「私が、生きる肌」まさに究極の問題作 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
「きゅ~~~~きょくの」問題作である。 これは宣伝文句に偽り無し。 薄い一枚の肌に覆われているけど、その中に息づく『私』 モダンで美しくあたかも高尚な画像の奥に隠された『変態』 人権も無い、倫理観もない、男とはどこまで愚かなのか・・・・
私が、生きる肌 (映画的・絵画的・音楽的)
 スペイン映画『私が、生きる肌』をTOHOシネマズシャンテで見ました。  (本作はサスペンス映画のため、ネタバレの部分はできるだけ注記といたしますが、まずは映画館に足を運んでから本エントリをお読みいただければ幸いです) (1)予告編で面白そうだなっと思い、さら...
私が、生きる肌(2011)*LA PIEL QUE HABITO (銅版画制作の日々)
 あなたは、これを愛と呼べるか―― 好き度:+5点=85点 ノルウェーまだ~むさんのお薦めで、鑑賞して来ました。5日東宝シネマズディということでこの日は1300円。 久しぶりに凄い映画を観た!って感じです。ところがその後が、良くなかった(>_&l...
〇『私が、生きる肌』〇 ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督、ティエリ・ジョンケ原作、アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ヤン・コルネット、ロベルト・アラモ。
私が、生きる肌 [監督:ペドロ・アルモドバル] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
精神力超消耗。すごすぎ怖すぎアルモドバル。狂った世界を描く映画でなく、狂った人が普通に撮ってる映画。
30★私が、生きる肌 (レザボアCATs)
’11年、スペイン 原題: La piel que habito 監督・脚本: ペドロ・アルモドバル 製作: アグスティン・アルモドバル、エステル・ガルシア 原作: ティエリー・ジェンケ 撮影: ホセ・ルイス・アルカイネ 衣装: ジャン=ポール・ゴルチエ 音楽: アルベルト・イグレシア...
形成外科医の異常な愛情~『私が、生きる肌』 (真紅のthinkingdays)
 LA PIEL QUE HABITO  THE SKIN I LIVE IN  皮膚移植の世界的権威である形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス) は、郊外の豪邸に全身タイツを纏った美女ベラ(エレナ・アナヤ)を...
『私が、生きる肌』 (こねたみっくす)
これってあり…なんですか? あのペドロ・アルモドバル監督なんである程度の衝撃は予想していましたが、これはその予想幅を大きく振り切ってます。なので「やられた~!」という ...
私が、生きる肌 (キノ2)
★ネタバレ注意★  ペドロ・アルモドバル監督最新作。  予告編を観て、人工皮膚の研究に取り付かれたマッドサイエンティストが繰り広げるホラーチックなSF!? なんと、ペドロ・アルモドバル監督がSFを!? とノリノリのワクワクで劇場に赴いたのですが、実際に...
究極ともいえる (笑う社会人の生活)
19日のことですが、映画「私が、生きる肌」を鑑賞しました。 妻を亡くした形成外科医ロベル 彼はある人物を監禁して完璧な人工皮膚を移植、亡き妻へと作りかえてしまい・・・ ペドロ・アルモドバル監督作品 いやー 彼らしいというか・・・ 同監督作 「トーク・トゥ・ハ...
「私が、生きる肌」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La piel que habito」…aka「The Skin I Live In」 2011 スペイン ロベル・レガルに「ファム・ファタール/2002」「ボーダータウン/報道されない殺人者/2006」のアントニオ・バンデラス。 ベラ・クルスに「アラトリステ/2006」「美しすぎる母/2007」「ジャック?...
私が、生きる肌(2011年スペイン) (待ちわび通り)
天才的な形成外科医ロベルは、画期的な人工皮膚の開発に没頭していた。彼が夢見るのは、かつて非業の死を遂げた最愛の妻を救えるはずだった“完璧な肌”を創造すること。あらゆる良心の呵責を失ったロベルは、監...
私が、生きる肌 (心のままに映画の風景)
ロベル・レガル(アントニオ・バンデラス)は、最先端のバイオ・テクノロジーを駆使した人工皮膚開発の権威として知られる世界的な形成外科医。 トレドの屋敷には、メイドのマリリア(マリサ・パレデス)...
「私が、生きる肌」 (みんなシネマいいのに!)
 天才的な形成外科医ロベルは、画期的な人工皮膚の開発に専念していた。 死んでしま
「私が、生きる肌」 (NAOのピアノレッスン日記)
~あなたは、これを愛と呼べるか~ 2011年  スペイン映画  (2012.05.25公開)配給:ブロードメディア・スタジオ   上映時間:120分監督:ペドロ・アルモドバル原作:ティエリ・ジョンケ     『私が、生きる肌』/『蜘蛛の微笑』(早川書房刊)脚本...
映画『私が、生きる肌』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-51.私が、生きる肌■原題:La Piel Que Habito(英題:The Skin I Live In)■製作年、国:2011年、スペイン■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:6月23日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:ペドロ・アルモドヴァル□脚本:アグスティン・アルモド...
私が、生きる肌 (いやいやえん)
これは衝撃的。真相には驚いたし、あまりにもアブノーマルな世界観に圧倒された。 ロベルは交通事故で妻を亡くしていた。人工皮膚の権威である彼は自ら開発した人工皮膚を使って、監禁している女性ベラを妻に作り上
私が、生きる肌 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN】 2012/05/26公開 アメリカ R15+ 120分監督:ペドロ・アルモドバル出演:アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット、ロベルト・アラモ、ブランカ・スアレス、スシ・サンチェス あなたは...
私が、生きる肌 (銀幕大帝α)
あなたは、 これを愛と呼べるか―― -感想- OH! シンジラレナーイ!! アブノーマルな世界が渦巻いてるね~。 観ている途中までは「監禁マニア医師による変態観察」な内容だと思っていた訳よ。 ところが真相が明確にされた所でもっとぶっ飛んだ作品なんだと知らし...
私が、生きる肌 (小部屋日記)
La piel que habito(2011/スペイン)【DVD】 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット あなたは、これを愛と呼べるかー ペドロ・アルモドバル監督による官能ミステリー。 主人公は天才形成...
私が、生きる肌 (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「な~~~んちゅう話だろうかっ!」 「凄かったね」 「よくも