労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

パラオサーフィンDAY2報告

2006-02-01 | 脱線編1 波乗り報告 海外
昨日の記事、晩御飯食べに行って中断した以降、追加したので良かったら見てください。

それでは、パラオ二日目(1月30日)のレポートです。

朝、6時に島さんにホテルでピックアップしてもらい(今朝は時間通り到着)、今日は北うねりをダイレクトに受けるレブロイってポイントに行くことに。
二人がダイビングに専念するので他のダイビングショップへ。
つうことで今日の波乗り組みは3人。
コロール島を出発して約一時間。
ポイントに到着したけど、とんでもない風!
オフショアやけど突風も混ざる超強風。
波は充分あるけど、これでは波乗りにならない。
たぶん波待ちはしていられない。
1時間ちょっと船の上で風の変化を待ったけど、とてもすぐには止みそうに無い。

長時間、強風とうねりでアップスンダウンしているボートにちょっと俺、やばくなってきた。
シュノーケリングでもしながら時間を潰すかってなったけど、陸に上がりたーいってことで、ポイントから10分くらいの波止場に一旦上陸することに。

そこでシュノーケリングしたり、村を散歩したり、海の上に立てられてる村の集会所でだべったり昼寝したり・・・。
村の入り口に、第二次世界大戦時代の日本の忘れ物「高射砲」が二機、錆びてボロボロになった姿を晒していた。
パラオは太平洋戦争時代は、日米の激戦地。
そういえば昨日、海に出るときに、沈没した零戦も見せて貰った。

非常に、浮世を忘れた、まったりした、時間が止まったような贅沢な時間を過ごし、腹が減ったので、島さんがざるそばとサバカレーを作ってもらってランチ。
食べたらまた昼寝。

4時間ほどまったりしていていたけど、しかし風は陸上もいつまでも止まない。
1時ごろ、一度沖を見に行ってみて、まだ強風でダメなら、再度どうするか考えようってことにして、船を出した。

すると
ほとんど風が止んでいて、弱いオフショアになっていて面はバッチリ
写真の通りの状態!
サイズ的には腰胸セットたまに肩って感じやけどかなりロングライディング出来そうで、速攻、板を用意してまずは先輩がダイブ!続いて俺も慌てて先輩を追いかけた!

ラインナップしてピークのベストポジションを・・・

今日はパラオ最終日なので買い物に行ってからディナーです。
友達たちがインターネットカフェまで迎えに来たのでこの続きはまた書きます。

で、ここから続きです。

サイズは腰セット胸。
レギュラーがチューブにはならないもののガッツリ掘れてきてGOOD
TAKEOFFから、深めのボトムターンでスピードを稼いだら、リーフの切れ目まで一気に走りまくり。
何度かリップが切れるから、そこでリップ当て込めて、それが一本の波で何度もセッションになる。
カットバックは必要のない波で、ずっとかっ飛びサーフィンを堪能。
干潮を過ぎて潮が上げてくると、さらに張ってきて3時間ちょっと、休憩無しで5人で貸し切りサーフィン、充分、楽しませて貰った。

波質をあえて例えたら、下里のレギュラー版かな?
走れる距離も、下里の満潮の時の頭くらいの時の距離。
ただ下里みたいにフェースが開かないからカットバックは必要なし。

夜は中華料理屋さん「台湾餐魘」へ。
マングローブ蟹や餃子が美味かった。
かなり飲んで食って、だいたい一人3000円でお釣りが来る。
昨日の店も、今日の店も、ビールは350mlの缶が2.5ドル。
アサヒスーパードライもあるよ。
昨日も今日も店の在庫のアサヒビール、全部、俺たちで飲み干してやった

いい波乗りをしたので気持ちも良く、さらにもう一軒ってことでビーチサイドバーでさらにテンション上げてそのまま夢の中へ・・・。

明日は二日酔いの恐れ有り・・・

コメント   この記事についてブログを書く
« パラオサーフィンDAY1報告 | トップ | パラオサーフィンDAY3報告 »

コメントを投稿

関連するみんなの記事