労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

【メモ】パワハラ発生の要因とパワハラチェックリスト

2022-09-06 | 書記長社労士 労務管理

◆パワハラ発生の要因
【環境的要因】
①教える手法・マニュアルが確立していない
②組織としての旧来型価値観
③業務遂行が一定水準に満たない従業員に対する人事措置の決まりが無い
【属人的要因】
①支配服従関係を好む
②感情をコントロールできない
③自分の価値観が絶対だと思い込む

◆パワハラチェックリスト(職場環境チェックリスト)⇒過去一年間に起きた出来事や自らに当てはまる場合「はい」にチェックしてください

①部下を60分以上連続で指導したことがある
②部下を立たせたまま指導することがよくある
③部下を指導する際、机を叩いたことがある
④部下を指導する際、物を投げたことがある
⑤部下を指導する時は、ほとんどの場合個室ではなく一般オフィスで行う
⑥指導メールには同じ部署全員や他部署関係者もCCに入れる
⑦「◯さんはパワハラよくしますからね」「それはパワハラですよ」と冗談を言われたことがある
⑧「その指導行き過ぎではないか」「厳しい指導は程々にしたほうが良いのではないか」と同僚や上司から言われたことがある
⑨部下を指導して部下が泣いたことがある
⑩部下を「お前」と呼んだことがある
⑪部下に対して(ニュアンスは別として)「バカ」「アホ」「死ね」「クズ」と言ったことがある
⑫部下に対して「給料泥棒」「君は会社にとって不要の存在だ」「役に立たない」等の発言をしたことがある
⑬部下が精神疾患に罹患したことがある
⑭配属6か月以内に部下が退職したことがある
⑮休日に(休日中に必要な)仕事のメール・チャットや電話を部下に行うことがある
⑯飲酒は鍛えれば(飲む量を増やせば)飲めるようになると思う
⑰部下の私生活について注意をすることがある
⑱仕事は上司から盗んで覚えるものだ
⑲「パワハラ」被害等を主張する若者の考えについて正直理解ができない
⑳部下に意欲や能力がないと感じることが多い
㉑部下が自分に対して反論や異論を述べたことはほとんどない
㉒正直、「パワハラ」等の言葉が無かった昔の時代の方が良かったと思う
㉓納期が近づいても部下に任せて先に帰宅することがよくある
㉔顧客からのクレームについて部下と一緒にお詫びをしたことがない(クレームがない場合は「いいえ」)
㉕部下については義務を果たしてから権利(有給休暇、残業代等)を主張してほしい
㉖台風が会社付近を直撃していても電車が動いていれば(道路が通行できるのであれば)出勤するのは当然である
㉗顧客のために徹夜が必要なら徹夜をするのは当然だ
㉘部下を褒めると現状で満足してしまうので褒めることはしない
㉙忘年会等で新入社員が芸を披露するのは当然だ
㉚顧客の理不尽な要求に苦しむ部下がいてもそれは致し方ないことである


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 令和4年10月~11月の雇用調... | トップ | 2022年上半期の「労働政策審... »

コメントを投稿