労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

おかでんチャギントン

2020-01-21 | 書記長社労士 公共交通

 先日、岡山に出張に行った際に空き時間にランニングしていたら、なんとウィルソンが信号待ちしていた!
後ろの車はブルースターやし!!



 すごいですね~っとっても人気者でしょ~って関係者に興奮して言ったら、「いやはや…」とのこと。
55分の片道運行で、平日料金(税込み)/大人3,400円 子供(1歳以上)1,900円、土日祝・春夏冬休み料金(税込み)/大人3,500円 子供(1歳以上)2,000円。
料金の中には、「おかでんチャギントン乗車料金(車内イベント料含む)+ミュージアム入館料+乗車記念品+路面電車1日乗車券付」が入っているが、それでも割高感が強くて…。
たしかにこれは高い、値段を聞いた瞬間に、もし孫に「乗りたい」と言われても、てきとうに誤魔化して、他のもっとCP高いところへ連れて行きたいと思うだろうな😅
大井川鐵道のトーマス機関車、ディズニーリゾートライン、京阪電車きかんしゃトーマス号、土佐くろしお鉄道のアンパンマン列車などなどは、同じような特別仕様のしつらえだが、通常料金で乗れるし、もし仮にこれを遊園地のアトラクションだと思っても、そうとうな割高感があるな。
3,400円で55分と、USJとかディズニーランドの入場料を比較したら、そらそうでしょ。
ひらパーの入園料+フリーパスでも4400円やし、間違いなくこっちの方がCP高い。
ってことで、とってももったいないおかでんチャギントン…😱
コメント   この記事についてブログを書く
« 昨年の厚生労働省労働政策審... | トップ | 「”自由な働き方”に何が起き... »

コメントを投稿