労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

パラオサーフィンDAY1報告

2006-01-31 | 脱線編1 波乗り報告 海外
今朝もインターネットカフェに来たけど、時間が無かったので取り急ぎの業務連絡のみでした。

それではパラオ初日(1月29日)の記事を書きます。
実際にはDAY 3が終了しようとしているのですが・・・。

結局、ホテルに入ったけど、波乗りの為のピックアップが6時やから、もう寝ないでいく事になった。
満潮が8時30分なので、出発を遅らすわけにはいかない
すっごく疲れているが仕方が無い。

荷物を解体して、板をチェック

良かったぁぁぁぁ 二枚ともノークラッシュ

ヤップ島の荷物下ろしの状態を目の当たりにしたところやったから、すごく不安やった。

6時にホテルフロントに集合して、今回の旅をコーディネイトしてくれる島さんの到着を待つ。

来ない・・・。

するとフロントに電話がかかってきた。

今、目が覚めたそうだ

しかたないかぁ。
飛行機が4時間も遅れて、ヤキモキしながら待っていてくれたんやもんね。

で遅れること20分、島さん登場。
謝りたおしていたわ(笑)
ピックアップしてもらって、ハーバーに移動。
道がガタガタですわ。

パラオ唯一のパラワン(パラオ人)サーファー、ランさんと挨拶を交わし
(彼はパラオの大酋長さんの従兄弟です)ボートに板やら荷物を積み込んで出発

まずはブルーコーナーってポイントに向かうとの事。
ブルーコーナー、昨日は3フィートほどあって良かったから、今日も下げ気味やけどいいはずとの事。

ボートで揺られること約1時間30分。
俺ってもしかしてボート駄目かもと泣き入りつつようやく到着。

しっかし!波が無い!

島さんもランさんも薄っすら目に涙を浮かべるほど無い!
今日はもう他に選択肢は無いと言いつつ、
風波のグチャグチャで良かったらという注釈つきで、ゲランって島のNT3ってポイントに行こうということになった。(ちなみにNT3って名前は、去年先輩が来たときにポイント名が無いと言うことで勝手に付けた)
リーフブレイクの風波って嫌やなあとなったけど仕方ない、海に浸かりたい、でさらに30分ほど移動。

ずっとボートなのね
どこまで行ってもボートなのね・・・

ゲラン到着。
確かに風波グッチャの腰腹。

風が強すぎて寒そうなので、タッパを着込んで、一番に飛び込んだ!

ピーク遠いぞー!
なんでもっと近くにボートの錨を下ろしてくれないの!
飛行機での拘束時間長すぎてガチガチに固まった筋肉には辛いぞー!

昨日、名古屋を出てから連発している泣きをさらに入れつつ、一生懸命パドリング。
満潮を過ぎて引き始めで、風と汐がぶつかって面はよじれて走りにくい走りにくい。
でも仕方が無いね。(これももう何回目?)

1時間ちょっと入っていたけど、だんだん浅くなってきてやばくなってきたのでボートに帰る。
やっぱ遠いわあ。

一緒に来た友人4人のうち3人がダイバーなので、昼飯を食ったらこのあたりで潜るらしい。
俺ともう一人の友人は船酔いが怖いのでゲラン島に上陸させてもらうことにした(ヘタレって言わないでね)

その前にボートの上で島さんが用意してきてくれたホットドックと、ランさんがシュノーケリングで突いてきたお魚をさばいての刺身三種盛りでランチ。
このボートサーフィン、基本的に一日、ランチ、ソフトドリンクつきで一人80ドルなんです。
波乗りできない時間は、シュノーケリング・釣り・トローリング・無人島ツアーや観光全部付いてこの値段。最小遂行人員は2名。
(実は僕達は友人価格でもう少し安くしてもらっているけど、内緒)

島に上陸し(ボートから歩いて)、俺はひたすら昼寝
だって昨夜は寝てないもん!
トランクス一ちょで椰子の木の木陰で
トランクス一枚よ!
羨ましいでしょ

島での注意点を一つ伝授された。
それはここは人の土地やから、もしかしたら怒られるかもしれないけど、その時はランさんの名前を言ったら全然大丈夫やからって。
さすが酋長の従兄弟

2時間弱でダイビング組みも帰ってきたので、今日は寝不足と波乗りも出来ないのでコロール島に帰ることにした。

帰りのボートがヤバイ!
外海に出るねん!

おっと晩飯食べに行く時間だわ。
この続きはまた後で・・・。

ちゅうことで、本日最終日やけど続きを書きます。

ボートかなり揺らされて、ここでひっくり返ったら死ぬのねなどと泣きを入れつつ、船は進む。
俺はかなりグロッキー気味でダウン寸前にようやく上陸。
コンビニでビールやらツマミやら朝食を買い込んで、シャワーの後に一人宴会

晩御飯は「魚魚魚(ととと)」って日本風居酒屋でパラオ料理や新鮮な魚を堪能。

ここの店員がおもろい!
生ギターでBGMで歌を唄ってくれてるんやけど、俺らが店に入ったときはアメリカ人らしい客が居たから英語の歌(ちょうどスティービーワンダーやった。)
俺らが来たら急に日本語の歌に。
なごり雪やらいろいろ。
発音めちゃくちゃ、歌詞むちゃくちゃ、でも上手い!

で俺らが「オーダー プリーズ!」
って言った時に他の店員が忙しそうだと、演奏止めてすぐに
「ちょとまてくださぁぁい」ってギターを置いて注文をききに来てくれる。
終わったら、またギターを抱えて唄いだすけど、なんとさっき唄い止めたそこからきっちり唄いだす!
まるでポーズボタンが付いてるみたい!
あれは凄い技やで

この日は、飯を食べながらみんな半分寝ていたので、食事後は即効で部屋に帰って、即効で気絶しました。

これで一日目は終わりです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 老齢基礎年金 平成18年度価 | トップ | パラオサーフィンDAY2報告 »

コメントを投稿

関連するみんなの記事