労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

今日、参議院大阪選挙区の「かめいし倫子」候補の街頭演説を、初めて生で聴いた!

2019-07-17 | 書記長社労士 政治

【Run5-56 8.34km 50:37 鳥飼仁和寺大橋】 今日、大阪駅から阪急百貨店に渡ったところで、参議院選挙大阪選挙区、立憲民主党の「かめいし倫子」候補の街頭演説があることを、かめいしさんのTwitter(かめいし倫子@大阪りっけん @MichikoKameishi)で知ったので、予定をやりくりして聴きに行ってきた。
この選挙戦、かめいしさんのスピーチを生で聴くのは初めてだ!

 暮らしの経済について。
暮らしのための経済政策とは何か。
それは家族が安心してご飯を食べられること、安心して子育てができること、安心して老後を迎えられること、借金しなくても大学に行けること、働いたら働いた分だけお金がもらえること、当たり前じゃないですか、当たり前ですよね。
今、私たちに必要なのは誰かの犠牲の上に成り立っている経済政策ではなくて私たちの暮らしのための経済政策です。
今、非正規雇用の人がどんどん増えている。
年収200万円未満の人が1100万人ですよ。
働いても働いても豊かにならない、苦しい、生活が苦しい、そういう人がたくさんいるんです。

どうしたらこの問題解決できるか。
第一に消費増税を止めること、そして第二に賃金をあげることです。
今、消費税10%になったら日本の経済もっともっと悪くなる。
簡単なことです、消費税上がったらただでさえ生活苦しいのに物を買わなくなる。
そしたら、物が売れなくなって企業は儲からなくなる。
そしたら給料も上がらない、非正規が増える、私たちの暮らしもっと苦しくなる。そうじゃないですか。悪循環が、悪循環の繰り返しですよ。

だから今、消費税をあげることには絶対に反対、なんとかして止めないといけない。
じゃあ、財源どうするんだって話が必ずあります。
だけど、税金はあるところから取りましょうよ。
誰がお金を持ってますか。
大企業なら法人税、儲かってる人からは所得税、資産がある人からは固定資産税、株で儲かったんだったら金融所得課税。
なぜその税率は見直さないんですか。
それが公平な税負担ですよね。

この消費増税を止めなければ、どんどん日本経済悪くなっていく。
そして賃金を上げることです。
私はこの大阪では最低賃金1500円にするべきだと思ってるんです。
1500円でフルタイムで働いてやっと年収300万円ですよ。
一生懸命フルタイムで働いたらそれくらい貰ったっていいじゃないですか。そうですよね。賃金を1500円にする、そういうことを言うと中小企業がしんどいと言う声、必ず聞こえてきます、それは分かっています。

だから中小企業に対する支援を同時にやっていく、社会保険料の負担を減らす、そして設備投資をきちんとする。
中小企業に対する支援をしっかりしつつ、同時に賃金をあげる。
これを私は、かめいし倫子は必ずやりたい。そのことを約束したいと思います。
私たちは、国民の所得を増やして、安心してお金を使えるようにしなかったら大阪の経済回っていきません。
そうですよね。みんなで声を上げましょうよ。消費増税には反対、そして賃金を上げろとみんなで声を上げましょう。



 私たちの自由と平等について。
いい加減、選択的夫婦別姓と同性婚認めましょうよ。
夫婦別姓を認めたからといって別姓が強制されるわけじゃないんです、結婚して同じ名字を名乗りたければ名乗ればいいし、別々の苗字でいたければそうすればいい、選べるってだけです。
ある夫婦が別々の名字名乗ったところで、誰か迷惑かかりますか。
かかりませんよね。同性婚だってそうです。愛し合うカップルが結婚しても、誰か迷惑かかりますか。愛する2人が幸せになるだけです。
いいことしかないんですよ。そうですよね。
国会の景色も変えましょうよ。9割以上、男性ばっかりの国会風景、変えましょう。
そして、男女の賃金格差、雇用格差。性別が何であれ、夢を諦めなくて済むような社会にしましょうよ。
自由で平等な社会を、私たちのこれからの時代に実現しましょう。



 次に私が話したいのは私たちの民主主義についてです。
民主主義は、私たちのことは私たちで決めるっていうことです。
この国の未来を、誰かに委ねるのではなくて、私たちが決めるっていうことです。
風営法の裁判、あの時、クラブが好きな人、音楽が好きな人たちが一生懸命、署名を集めて16万筆集めて、それが国会に届いて法律変わったんです。
その16万人の人たち、政治に深く関わってきたわけではない、もしかしたら投票に行ったこともないかもしれない、そういう普通の人たちが署名をして、そして社会を変えた、法律を変えた、政治を変えたんです。
私はその時、これが民主主義なんだって思いました。

私たちには力がある、社会を変える力がある、政治を変える力があるんです。
皆さんたちの1票、投票に行く行動は絶対に無駄じゃない、社会を変える力があるんです。
皆さんの周りには、それでも投票に行ったって何にも変わらない、政治に関心がない、そういう人たちがいると思います。
私もそうだったんです。投票には毎回行ってたけど、政治に積極的には関わらないようにしてた。巻き込まれたらえらいことになると思ってました。めんどくさいことになるって、だから、関わらないようにしてたんです。
でも、そういう私みたいな人間の責任なんです。
今の政治、国民の方全く向いてない。私みたいな人間の責任なんだって思ったんです。
だから、その責任を取るために今私、ここに立っています。一緒に、一緒に闘ってくれませんか、最後まで。

政治は永田町だけの話ではない。政治は政治家のモノだけでもない。
政治はあなたのモノなんです。
政治とはあなたの暮らしのことです。
政治とはあなたの子育てのことです。
政治とはあなたの労働のことです。
政治とはあなたの人生そのものなんです。
あなたが大切な人とどうやって生きていくのか、政治とはそういうことなんです。
だから、みんなで、みんなでこの国の未来を決めましょう。ありがとうございます。


 すみません、この演説の内容は本日のスピーチを書き起こしたものではなく、以前の演説の内容ですが、スピーチの趣旨は同じです。


 #自由に生きちゃダメですか? #定時で帰っちゃダメですか? #最低賃金UP あなたの労働に見合った給料を!
厳しい選挙になってますが、絶対に国会で仕事して欲しい人「かめいし倫子」さん、がんばれ!

 最後のこの言葉が刺さったっ💦

「大阪の改選4議席を、自民・公明・維新・維新の改憲勢力に独占させてもいいのでしょうか!」

 あかん❗ 絶対にあかんっ❗❗
大阪の皆さん、絶対に投票行ってください❗
大阪以外の皆さん、大阪の知り合いに「絶対に投票行ってください」って声を掛けてくださいっ❗❗



 私は、2枚目の投票用紙、比例代表には「もりやたかし」さんを応援しています❗❗

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年6月に読んだ本 | トップ | 「もりやたかし」候補、当選... »

コメントを投稿