労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

なくもんか お昼やっすみは・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ

2009-11-16 | いい映画観てますか?(邦画)

【 63 -13- 1ヶ月フリーパスポート=11 】 土曜日、封切り初日に観たけど、さすがだ、TOHOシネマズ梅田のシアター3がほぼ満員だ!
俺も予告編を見ていると「超ご期待!」って感じやったし、友人達との会話でも期待度かなり大な手応え、やったしね。

 東京・下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太は、誰の頼みも断らない究極のお人よし。彼は親に捨てられ、弟と生き別れた過去がある。そしてその弟こそ、人気お笑い芸人「金城ブラザーズ」の祐介だった。祐太は先代の娘・徹子と結婚、婚姻届を出すために手に入れた戸籍謄本で祐太が実の弟だと知る。早速祐介に会いに行く祐太。しかし偽の兄弟芸人として売り出していた祐介の態度はすげないものだった…。


 笑いが合うのか合わないのか、人それぞれな感じかも。
隣で観ていた妻は大爆笑シーン続出、やけど、俺はほとんど笑えなかった、笑いのツボが合うかどうかなんだな。
もう少しだけ細かく言えば、商店街の中のエピソードでは「小」笑いは俺にはあったけど、商店街を出た後の後半のシーンではまったく笑えなかった。
自分にとっては「予告編」がこの映画の笑いの部分のすべてだったような。
もちろん人の好みやねんけど、俺の好きな笑いは最近でツボにはまった大洗にも星はふるなりみたいな笑いなのだヾ(@^▽^@)ノ !


 竹内結子、いろんなキャラがあるね、ガソリンスタンドのCMやチーム・バチスタの栄光みたいな天然さんな感じの役の演技が好きだけど、この映画での役のようにちゃんと「毒」っぽいのもいいもんだ、あの意地悪を言う時の雰囲気がいい、へぇ~!って感じ。
お話の底には「泣き」が張り付けてあって、コメディではなくてお涙頂戴メロドラマだから、笑いきれなかった俺が正しいのだと思った、そんな映画。
コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 僕の初恋をキミに捧ぐ 鎌高... | トップ | 天使の恋 映画館では傘を差... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
竹内結子 (佐藤秀)
2009-11-27 23:21:30
竹内結子さんヨカッタですな。私も炬燵の上という庶民的な場で抱きしめたらいいだろうなあ、なんて妄想しました。
  笑いは寒さとの紙一重でしたが (  佐藤秀さんへ)
2009-11-28 00:00:10
  ほんと竹内結子がぼくは一番観ていて楽しかったです。

>炬燵の上という庶民的な場で抱きしめたらいいだろうなあ
  って、僕はどんなシチュエーションでもいいっすよ~>*0*<キャアアッ  
阿部サダに (sakurai)
2009-12-08 08:31:51
尽きた!と。
彼のキャラを思う存分生かした映画になってたなあと思いました。
それを受けて、脇役陣も緩衝帯になってて、ちょうどいい按配になってたなあ。
でも、小笑いに終始しておりましたです。
  もっと (  sakuraiさんへ)
2009-12-08 21:24:39
  本筋で、笑いを積み重ねて欲しかったです。
  どんでん返しとか、意表をつくとか、そんな感じではなくて
  それこそ「浜ちゃん」系の笑いを追求して欲しかった感じでした。
  クロカン、局所的には好きだけど・・・

コメントを投稿