労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

【メモ】不妊治療と仕事の両立

2022-08-08 | 書記長社労士 労務管理

〇不妊治療の現状
・不妊を心配したことがある夫婦は、夫婦全体の約3組に1組、実際に不妊の検査や治療を受けたことがある(または現在受けている)夫婦は、夫婦全体の約5.5組に1組(国立社会保障・人口問題研究所第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)(2015年))
・60,598人が生殖補助医療で誕生(全出生児の7.0%)(ARTデータブック2019(公益社団法人 日本産科婦人科学会))
・不妊治療と仕事の両立ができず16%の人が離職(女性は23%)(不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査研究事業調査結果報告書(2017年))
・不妊治療に係る実態について「ほとんど知らない」「全く知らない」と回答した人は77%(不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査研究事業調査結果報告書(2017年))

〇仕事との両立が困難な要因について
不妊治療は頻繁な通院が必要となる場合が多く、身体的な負担を感じる人も少なくありません。また治療によっては、いつ受診が必要になるか予測が立たないため、突然決まる通院のために仕事を遅刻・早退したり、スケジュール変更を余儀なくされることがしばしばあり、仕事と不妊治療の両立が困難になる主な要因のひとつとなる。(NPO法人Fine(ファイン) ~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~ 「仕事と不妊治療の両立に関するアンケートPart 2」結果速報 プレスリリース)

〇両立支援のために必要な制度
【不妊治療に特化した制度】
・不妊治療を目的として、例えば1年間等、休職が可能といった不妊治療休職制度(出生支援休職制度)
・不妊治療を目的とした休暇制度
【不妊治療に特化していないが、不妊治療のために利用可能な休暇制度】
・多目的休暇の使用理由に不妊治療を入れる
・執行した年次有給休暇を積み立てて使用できる「積立(保存)休暇」の使用理由に不妊治療を入れる
【両立を支援するための柔軟な働き方に関する制度】
・年次有給休暇の時間単位取得
・不妊治療目的で利用できるフレックスタイム制 など
【そのほかの事例】
・不妊治療に要した費用の貸付や補助
・妊活や不妊について専門家に個別カウンセリングできる制度の導入

厚生労働省リーフレット「仕事と不妊治療の両立支援のために~働きながら不妊治療を受ける従業員へのご理解をお願いします~」⇒https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/dl/30a.pdf

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 養育期間標準報酬月額特例👈子... | トップ | 2022年7月に読んだ本 »

コメントを投稿