労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

ブーリン家の姉妹 ヘンリー8世のあのお話か!?

2008-11-01 | いい映画観てますか?(洋画)

【40-20-】 俺「海は日~月に行くことにしたし、土曜は映画の日だし映画行こう」、妻「ええよ、なに行くん」、俺「土曜からの封切り、レッドクリフはもう試写会で観たし、うちのにはハンサムも【~⌒(・・)⌒~】もいるし、先週公開だったブーリン家の姉妹を見に行こう」、妻「うちのどこにハンサムと豚がいるねん・・・」レオンで鮮烈デビューだったことをうっかり忘れてしまうナタリーポートマン、最近ではどうもスターウォーズのイメージが強い。スカーレット・ヨハンセンは、なんだか名前は思いっきり覚えているんやけど、どんな役者なのかの覚えがない。エリック・バナは、トロイでアキレス役のブラピと壮絶の一騎打ちをしたヘクトル王を演じたのが強烈に覚えてる、かっこよかった。予備知識はこれだけで、あとはなぜか目に焼き付いているポスター

16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。ところが、王の心を捉えたのはアンの妹で凡庸だが気立ての良いメアリーだった。一家は宮中に移り住み、メアリーは王の子を身籠る。一方、妹に栄誉を奪われたアンは一時フランスへ追放されるが、やがて呼び戻され、大胆にも王妃の座を狙って策略を巡らすのだった。

 遅ればせながら、終盤に差し掛かったころにようやく、やっとこさ、ヘンリー8世のお話だと言うことだと気付いたあの有名な、イギリスがローマ・カトリックから分裂し縁切り、イングランド国教会を成立させたときのあのお話だ。ヘンリー8世の6人の妃のうちの2番目の妃、エリザベスの母の話。自分が昔読んだ物語とはかなり違った感じだけど、でもこの映画で描かれたストーリーは、あまりにも政治的にドロドロしていていながら、かなり「ありそー」とリアル感があって、すっきり受け入れられる。


 映画の原題「The Other Boleyn Girl」、もうひとりのブーリンの娘となるから、そういう意味なら、歴史上有名な姉のアンに対して、歴史上あまり重要視されていなかった妹メアリーにスポットを当てた映画としては、たいへん良くできていたと思う。お姉さんのアンの色は緑、妹のメアリーは赤(というかベージュ?オレンジ?ピンク?)と基本的にずっと使い分けられていて、キャラクターごとのカラーが映画の最初から最後まで徹底されていたのには、なにかメッセージがあったのやろうか?柱や壁や置物なんかを使って画面の一部を真っ黒にしてるようなフレームが多用されていて、光と影のメリハリある使い方が際立っていた。撮影の構図もかなり独得な感じで、視線の切り替わりが変わっていて面白い。


 ノーフォーク公爵のドラスティックに割り切った政略・攻略のタクティクスが面白く、予期せぬトラブルや、予期せぬ展開が発生しても、自分の描いた絵の通り修正しつつ策略が成就していくのに、それをことごとく粉砕していくアンに対して冷静かつ沈着に、ヒステリー起こしているところが面白くて。よく知らないが、デビッド・モリッシーって人が演じていた。アンとメアリーの兄のジョージ・ブーリン(ラスベガスをぶっつぶせのジム・スタージェス)と、だれだか判らんがなぜかキャラが被ってしまう人が居て、そしてその弟が大嫌いにもかかわらず政略的に結婚させられた女性も、メアリーが最初に宮廷に入ったときに親しげに話しかけてきた女性と同一人物だったのか、そこが不明。どうってことはないんやけど。

 フランス革命のころより250年くらい前、だからギロチンはまだなかったから斬首刑は人の手でおこなわれていた。(どっちにしてもイギリスはギロチンを取り入れなかったそうだが)しかし映画で描かれていたみたいな感じでおこなわれていたんだとしたら、ほんとに残酷なものだ。斧を振り下ろす死刑執行人が下手くそだったらかなりむごたらしい惨憺なる光景が繰り広げられただろう、お~こえ。

コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« トロピックサンダー史上最低... | トップ | 寝坊助やっちまった!鳥取(T_T) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB恐縮です♪ (別冊編集人)
2008-11-02 19:16:07
世界史に疎いのに楽しめました~(笑)
  コメントありがとjございます (  別冊編集人さまへ)
2008-11-03 06:55:35
  映画見るのって、歴史を知っている方が楽しめますよね。
  もっとちゃんと勉強しとけばよかったっす・・・

コメントを投稿

20 トラックバック

ブーリン家の姉妹 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
歴史物って大好きなので楽しみにしていました~【story】16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った野心家のノーフォーク侯爵(デヴィッド・モリッシー)は、ブーリン卿(マーク...
ブーリン家の姉妹◆歴史を変えた女たち、その光と影 (好きな映画だけ見ていたい)
     「ブーリン家の姉妹」 (2008年・イギリス/アメリカ) 16世紀、6人の女性との結婚・離婚を繰り返したイングランド国王ヘンリー8世の宮廷を舞台に、2人目の妃でエリザベス1世の生みの母となったアン・ブーリンと、その妹メアリーの運命を描いた歴史ドラマ。新興...
ブーリン家の姉妹 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト原題:The Other Boleyn Girl. フィリッパ・グレゴリー原作、ジャスティン・チャドウィック監督、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、クリスティン・スコット・トーマス、アナ・トレント、マーク・ライランス。原題の「別の娘」は...
『ブーリン家の姉妹』 2008-No74 (映画館で観ましょ♪)
こんな風にたくさんの映画を観るようになって思うこと。 英語が分かったら....歴史をきちんと学んでいれば.... 社会科が嫌いで英語が苦手...
映画レビュー「ブーリン家の姉妹」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
The Other Boleyn Girl [Original Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆若手実力派女優2人の競演が華やかな歴史劇。前後につながる実在の人物を想像しながら見ると面白い。 【70点】  16世紀のイングランド。新興貴族のブーリン家は、男子の世継ぎに恵まれな...
「ブーリン家の姉妹」歴史なんて、色恋沙汰次第…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 “ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン夢の共演!”「ブーリン家の姉妹」(ブロードメディア・スタジオ)。イイですね~、今が旬の美女2人が共演。吾輩的にはとっても嬉しい!でも姉妹役ですか~、全然似てないよね(^^;!?  16世紀、国...
映画「ブーリン家の姉妹」(2008年、米英) (富久亭日乗)
     ★★★★★  16世紀の英国を舞台にした、 King Henry VIII をめぐる新興貴族の姉妹の悲劇。 原題は「The Other Boleyn Girl」。      ◇  成り上がりのBoleyn家には、 2人の娘と1人の息子がいた。 一族の繁栄のために、 当主Sir Thomas Boleyn(Mark...
ブーリン家の姉妹 (映画通の部屋)
「ブーリン家の姉妹」THE OTHER BOLEYN GIRL/製作:2008年
ブーリン家の姉妹/The Other Boleyn Girl (我想一個人映画美的女人blog)
スカちゃんとナタリーがエリック・バナを姉妹で取り合う{/m_0161/} 恋のドロドロ悲劇もの、かと思ってたらちょっと違った! 珍しく表参道ヒルズを会場に行われた試写へ行って来た{/hikari_blue/} (この会場、劇場仕様じゃないからパイプ椅子並べての鑑賞{/m_0156/}) ...
ブーリン家の姉妹 (eclipse的な独り言)
 近頃は忙しくて、更新することもままならないという感じです。さて観てきました。こ
『ブーリン家の姉妹』 (試写会帰りに)
新しい女欲しさに国を動かし、宗教をも変え、その後の世界を変えてしまうなんて!? こうやって歴史は作られてきたのかと思うと、人間の欲や業の深さや、人を動かす力の強大さを、頼もしくもありながら恐ろしく感じる『ブーリン家の姉妹』(『THE OTHER BOLEYN GIRL』) ...
【映画】ブーリン家の姉妹 (新!やさぐれ日記)
▼動機 とあるプロの方の批評文を読んで ▼感想 イングランド及び英国の歴史の一端を知るいい機会に ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を...
ブーリン家の姉妹★☆THE OTHER BOLEYN GIRL (銅版画制作の日々)
 これは、エリザベス一世の母の物語です。 10月29日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディースディなので、1000円です。そんなこともあってか?どうか?は分かりませんが。満席に近い状態でした。しかも8割強が女性で、年齢層も高い。 豪華キャストです。姉妹を...
『ブーリン家の姉妹』 (・*・ etoile ・*・)
'08.11.02 『ブーリン家の姉妹』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった。やっと鑑賞。 「16世紀イングランド。ヘンリー8世には世継ぎとなる王子がいない。野心家のトーマス・ブーリンは妻の弟で王の側近ノフォーク公と共に、利発な長女アンを王の愛人にしよう...
映画 「ブーリン家の姉妹」 (英国日記)
映画「ブーリン家の姉妹」を一足早く試写会で観てきました。 会場は英国大使館! イギリスに住む前にヴィザ取得のために 一度だけ門をくぐったことがありますが、 その時に行ったのは別棟の事務手続き専門の建物でした。 でも今回はメインの建物です。
ブーリン家の姉妹 (Memoirs_of_dai)
キャラと実質は逆? 【Story】 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛...
【レンタル映画】 ブーリン家の姉妹 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。ところが、王の心を捉えたのはアンの妹で凡庸だが気立ての良いメアリーだった。一家は宮中に移り住み...
「ブーリン家の姉妹」(THE OTHER BOLEYN GIRL) (シネマ・ワンダーランド)
16世紀の英国宮廷を舞台に国王ヘンリー8世と、新興貴族ブーリン家の美しき姉妹との愛憎をつづった歴史ヒューマンドラマ「ブーリン家の姉妹」(2008年、英米、ジャスティン・チャドウィック監督、115分、コロンビア映画配給)。本作はフィリッパ・グレゴリーの小...
「ブーリン家の姉妹」ゆかりの地を訪ねて (ノルウェー暮らし・イン・London)
せっかくイギリスの各地を観光しているのだから、何か関係のある映画を観たい♪と思っていた矢先、たまたま訪れたスードリー城も、ロンドン塔も、どちらもアン・ブーリンと係わりがあることが判明。 それなら絶対見なくちゃ!
【映画】ブーリン家の姉妹…ちょっと昔「とんでブーリン」ってアニメありましたよね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
いやはや、お仕事も我が家もなんだか最近は忙しいです{/face_hekomu/} 17日(月曜日)は、週の頭から6時間とかの残業{/face_hekomu/}{/down/} …(チョイ愚痴ですが{/face_ase2/})私の計画通りだとこんな残業は発生しないんですけどねぇ{/face_ikari/}…人の後始末みた...