労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

フェア・ゲーム シリアス過ぎて・・・

2011-11-04 | いい映画観てますか?(洋画)

=58 -9-】 関西のティップネス、そもそも休店日は月に2日だったのだけど、今はそれは京橋店と天王寺店だけで、武庫之荘・石橋は水曜、梅田・高槻・香里園・宝塚は木曜、塚口・布施は金曜、となって稼働日が減った。
休店日、月と火も使ってもっと振り分けて満遍なくはできないか?!
関西エリア全店をいつでもご利用できる「エリア会員レギュラープラス」にしてんのに、その値打ちがほんま微妙やねんなあ。
で、映画のお話、この映画、テーマはとっても重い。

 2001年9月11日、同時多発テロ発生。それ以降アメリカ合衆国は、イラク共和国が大量破壊兵器を保持した悪の枢軸のひとつであるとしていた。CIA秘密諜報員ヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)と、夫で元ニジェール大使のジョー・ウィルソン(ショーン・ペン)は、捜査の末、イラクに核開発計画がないことを突き止める。しかし、ブッシュ政権はヴァレリー夫妻の報告を無視し、遂にイラクへ宣戦布告。“真実”を世間に公表するためニューヨークタイムズ紙に調査報告を寄稿したが、政府の報復により、ヴァレリーがCIAの秘密諜報員である情報がばれてしまい状況は更に悪化する…。

 “プレイム事件”(プレイムゲート、CIAリーク事件とも呼ばれるらしい)を基にした映画、限りなくドキュメント映画、ものすごくフィクションっぽい、といいながら仕上げはノンフィクション。
主人公の夫婦を演じるナオミ・ワッツとショーン・ペンが、実際の本人たちとうり二つになっているので、ほんまややこしい。
余分な脚色もなく、シリアス一辺倒で、とにかく事実のみを淡々と伝えたかったのだろう、変な小細工はしないで。
でも、元ネタを知っていると、映画としては、正直、退屈だった・・・真面目すぎた。


 イラクに大量破壊兵器があるということを前提にイラク侵攻したのに、実は大量破壊兵器はなかった、しかも無いことは開戦以前にわかっていた、不都合な真実を隠す国家(どっかの国と一緒だね~(T∇T)アハハ・・・(|||_ _)ハハ・・・)。
市民をも巻き込んでイラクで大量虐殺し、そして自国の兵士をもたくさん殺したアメリカ、いったいどっちが「大量破壊兵器」なんだ。
暴力で平和は訪れない、暴力は暴力の連鎖を産み出すだけだ。


 役者がいいから最後まで見れたけど、でも睡魔との闘いだった。
いい映画だったのだけど、でもね・・・もうちょっとエンタメ感醸しだして欲しかったな。

 ところで、「秘密諜報員」ってのは家族(夫or妻)にでさえ、身分を明かさないのかと思っていた。
しかし妻・母とスパイの両立ってたいへんだろうなあ。 
しかしCIAの訓練で培った「絶対に折れない心」を、家族のために役立てたのが、なんかよかった。


コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« ミッション:8ミニッツ 脳... | トップ | 1990年11月の波乗り日記 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
う~~~! (☆mitsu☆)
2011-11-04 22:47:41
昨日、用事があって三島まで行ったから
帰りに映画観たかったのに、映画のメンバーズカード忘れちゃったから観なかった。。。

これ、面白そう!!!!
観に行くか!!!
  う~ん (  ☆mitsu☆ちゃんへ)
2011-11-05 01:41:53
  俺もすごく期待して観たけど、感想は・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ

  8ミネッツか三銃士をお奨めするな、実際。

  しかし映画館がないのって、下田は辛いね。 
  でも、すき屋が出来たからいいよね!爆

コメントを投稿

関連するみんなの記事

23 トラックバック

フェア・ゲーム (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
元CIA女性エージェントの実話“プレイム事件”を基に「ジャンパー」のダグ・リーマン監督が映画化したクライム・サスペンス。出演は「愛する人」のナオミ・ワッツ、「ツリー・オブ ...
フェア・ゲーム (新・映画鑑賞★日記・・・)
【FAIR GAME】 2011/10/29公開 アメリカ 108分監督:ダグ・リーマン出演:ナオミ・ワッツ、ショーン・ペン、サム・シェパード、デヴィッド・アンドリュース、ブルック・スミス、ノア・エメリッヒ、ブルース・マッギル、マイケル・ケリー、アダム・ルフェーヴル アメリ....
フェア・ゲーム(2010) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:FAIR GAME。ダグ・リーマン監督、ナオミ・ワッツ、ショーン・ペン、デヴィッド・アンドリュース、アダム・ルフェーヴル、ノア・エメリッヒ、サム・シェパード、タイ ...
フェア・ゲーム (心のままに映画の風景)
CIAのヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)と元米外交官で夫のジョセフ・ウィルソン(ショーン・ペン)は、イラクに核開発計画がないことを政府に報告する。 しかし2003年、ブッシュ政権がイラクに宣戦...
フェア・ゲーム (試写会) (風に吹かれて)
政府に身分を暴露されたスパイ 公式サイト http://fairgame.jp10月29日公開原作は元CIAエージェント、ヴァレリー・プレイムの回顧録“Fair Game:How a Top of C
フェア・ゲーム (LOVE Cinemas 調布)
夫の元大使がイラク戦争開戦の理由となった大量破壊兵器が存在しない事実を公表したために、その身元をリークされるという政府からの報復を受けた女性CIA工作員の実話「プレイム事件」の映画化。主演を『愛する人』のナオミ・ワッツと『ミルク』のショーン・ペンが演じ...
フェア・ゲーム / Fair Game (勝手に映画評)
事実に基づく映画。9.11以降の、イラクの大量破壊兵器“疑惑”に纏わり、政府に依る情報操作が行われ、CIAのエージェントであったヴァレリー・プレイムの秘密が暴露・漏えいした事件を描いている。 『エネミー・オブ・アメリカ』と言う、政府に依る情報操作を描いた...
フェア・ゲーム (キノ2)
★ネタバレ注意★  自国のスパイに関する情報が、「恥をかかせられた腹いせに」、その国の政府によって意図的に漏洩されるという、前代未聞のスキャンダル、プレイム事件を描いた映画。監督は『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマンですが、ボーンシリーズ...
フェア・ゲーム/ナオミ・ワッツ、ショーン・ペン (カノンな日々)
『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』のダグ・リーマン監督の作品ということで普通にエンタメ作品として期待してましたけど、予告編を観るとベースは実話なんだそうで ...
フェア・ゲーム /FAIR GAME (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 昔、ウィリアム・ボールドウィンとシンディ・クロフォードで同タイトルの作品あったなー。 《フェア・ゲーム》という言葉の語源はサイエントロジーの教会にあり、宗教上の基本ドグマに背いた個人やグループのこ....
映画:フェア・ゲーム Fair Game イラク撤退もままならぬ中、ホワイトハウスの情報操作をテーマに(実話) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
前に未公開映画として紹介したが、いよいよ今週末から日本公開なので、再び。 ブッシュ大統領政権下、イラク侵攻を決定づけた情報に、大幅に誤りがあったことが戦争後に確認されている。 その渦中にいた、ヴァレリー・プライム(Valerie Plame)の書籍が原作。 本のタイ...
フェア・ゲーム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(16) 国家公務員がこんなに似合う女優はナオミ・ワッツしかいない(笑)
フェア・ゲーム (Memoirs_of_dai)
イラク戦争の裏で 【Story】 CIAのヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)と元ニジェール大使で夫のジョー・ウィルソン(ショーン・ペン)は、イラクに核開発計画がないことを政府に報告するが、2003...
「フェア・ゲーム」みた。 (たいむのひとりごと)
今だから言えるといったシリアス一辺倒な映画で、巨大な権力を前に踊らされた挙句、都合が悪くなれば切り捨てられる一個人という、まったく有り難ち過ぎるような話。概ね事実がそのまま描かれているようだが、当時の
フェア・ゲーム/試写状 (ともやの映画大好きっ!)
本日届いたのは、イラク戦争のきっかけとなった大量破壊兵器の存在を巡って起きた、米政府によるCIA員名漏洩事件「プレイムゲート」を映画化したクライム・サスペンス『フェア・ゲーム』(原題:FAIR GAME)の試写状。 第63回カンヌ国際映画祭(2010年)、コンペティ....
フェア・ゲーム (だらだら無気力ブログ!)
見応えはあったけど、何度も睡魔が・・・。
フェア・ゲーム / Fair Game (うだるありぞな)
ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    ナオミ・ワッツ演じる、ヴァレリー・プレイムは、CIAのエージェント。 彼女がエージェントであることを知っているのは、外交官の夫ジョー・ウィルソン(ショーン・ペン)と、彼女の両親だけ。 それだけ重...
アメリカの「攻撃対象」 ~『フェア・ゲーム』 (真紅のthinkingdays)
 FAIR GAME  9.11後、アメリカはイラクが核兵器開発を画策しているという不確定情報を得 る。CIA(米国中央情報局)は工作員ヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)に、 情報を「確定」...
『フェア・ゲーム』 あなたの正体は? (映画のブログ)
 徳川家康は豊臣家が再建していた方広寺の梵鐘に「国家安康」の文字があるのを問題視した。  国家安康とは、国が平和であるようにということだが、あろうことか家康は、「国家安康」の中には「家康」が「家...
映画『フェア・ゲーム』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-81.フェア・ゲーム■原題:Fair Game■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:108分■料金:1,800円■鑑賞日:11月27日、新宿武蔵野館 □監督・製作・撮影監督:ダグ・リーマン□脚本:ジェズ・バターワース、ジョン・ヘンリー・バターワース□撮影...
「フェア・ゲーム」  アメリカのとんでもない真実w(゜o゜)w (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
フェア・ゲーム観ましたよ~(◎´∀`)ノ 主演はナオミ・ワッツとショーン・ペンの
【映画】フェア・ゲーム…ワッツは劣化したのか?役作りか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日、2012年12月28日(金曜日)は、仕事納めで、忘年会。 今回は二日酔いするほど飲まなかった(というよりも飲み方が良かったのかな) 料理は大したことない店ばかりのハシゴだったから、〆の丸和前ラーメンが実に美味しゅうございました (その一軒前のバールもまずま....
フェア・ゲーム (いやいやえん)
「プライム事件」を扱った作品です。「ザ・クリミナル 合衆国の陰謀」では、記者側からの視点でしたが、今作ではリークされた夫婦側を描いています。 イラクに核開発計画がないことを突き止め報告したものの、ブッシュ政権はそれを無視してイラクへ宣戦布告する。真...