労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

ランペイジ 巨獣大乱闘 試写会で鑑賞、絶対に試写会でなかったら観なかったと思うが、いやいや、でっかいスクリーンで観るべき作品やったわ!

2018-05-24 | いい映画観てますか?

【17 うち試写会4】昨日は連合推薦の社会保険審査会参与と連合本部との意見交換会だった(年に一回)。
自分は去年は日程が合わず参加出来なかったが、今年は参加出来た!
連合への我々の意見が、政策的な提言として生かしてくれるかは心許ないが、しかし参与同士の議論では、大いに学び、たくさんの課題を受け止め、だから、さらに請求人のために研鑽を積まなくてはならないと腹をくくった。
そのために、連合推薦の社会保険審査会参与のブラッシュアップのために、連合をこき使ってやると決意した!

 ある遺伝子実験の失敗からゴリラやオオカミなどの動物が巨大化し、所構わず暴れだす。動物たちは、破壊活動を続けながら北米大陸を横断し、高層ビルが林立する街で大乱闘を繰り広げる。人々が逃げ惑う中、軍隊が出動し銃やミサイルで攻撃するが巨獣たちの暴走を抑えることはできず……。

 1986年に発売されたアーケードゲームを実写映画化したパニックアクション、巨大化した動物たちが、大都会で暴れ回り街を破壊していくさまを描くという映画。

 サメの成長が止まらない遺伝子や、シロナガスクジラの成長率、カブトムシの強靭さ、チーターのスピード、トゲマウスの細胞修復能力など、ありとあらゆる異なる遺伝子を混ぜ合わせた、ハイブリッド遺伝子操作で巨大化した動物軍団が大暴れして街を破壊する!
仕組みはよく分からないけどね、とにかく滋養満点、予測不能の特殊生物たちだ。

 最弱となった人類側の代表は、「ロック様」ことドウェイン・ジョンソン(元WWE世界王者8度制覇の最強プロレスラー)演じる霊長類学者デイビス、強うそうだけど、しかしどうみても勝てる気がしない、この戦いにどう挑むのか?(いや、ふつう無理やろ!)


 実に清々しいほど単純明快な巨大怪獣パニック、全編これ大味な力技の連続、軍隊が役立たずで事態をさらに悪化させ、バカな悪人姉弟は狙ったかのようにあほみたく次々と墓穴を掘る、ってアホ丸出しな展開、お金をかけた超弩級B級娯楽映画のお手本!
縦横無尽に捉える怪獣の雄姿にはこだわりを感じるし、ゴリラと主人公が並ぶ姿はまるで兄弟でありそんな彼らの友情ドラマの一面も、強引な設定であっても違和感をおぼえるヒマもない。
冒頭の宇宙空間での描写からして、「ありえなさ」に力技で説得力をもたせるアプローチが効果的。
試写会で鑑賞、絶対に試写会でなかったら観なかったと思うが、いやいや、でっかいスクリーンで観るべき作品やったわ!
ところでナオミ・ハリス演じるケイト・コールドウェル博士、暴れ回る巨獣たちのまっただなかで逃げ回っていたのに、シャツも顔もまったく汚れていないのはさすがっ!

   
コメント