労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

平塚が波無いと思ったので伊豆は下田に遠征したが…あかんやんっ( ̄0 ̄)

2018-05-12 | 脱線編1 波乗り報告 東海

【40 Firewire Jetonator 5'11"】湘南は波が無いと踏んで伊豆は下田にTripすることに決めた…。
早朝の波情報を見ている限りその選択は正解だと思ったのに…。
134号線で湘南バイパスに入る前に花水を見ると腰~腹の波はある、いや、きっと伊豆はもっといい波のはずだと自分を鼓舞してレンタカーのアクセルを踏み込む!
が、しかし、11時頃に到着した白浜は、膝setもも…!( ̄0 ̄)


 しかも潮の関係か、良い感じにうねりが入って来ても、まったく割れてくれず、インサイドのダンパーLineでどっか~ん!
ビーチの北から南まで、くまなくピークをチェックしたが、一番南の岩脇で、たま~に切れた波があって、なんとか走れるって感じで…、平塚で良かったやん…(´・ω・`)



 お昼は下田に来たら外してはいけない「上の山亭」へ、もちろん今回は基本に戻って鰺のたたき丼!
惜しみなく盛られたアジのたたき、そしてこのお味噌汁、ちっちゃなトコブシ?、つづれ、にし貝、ふじつぼ、つぼめ、亀の手などが大量に入ってて、上品な磯の香りが絶妙やねん!
伊古奈比咩命神社にお詣りして、御朱印をお願いしているあいだに、いつも海の中から見ている「大明神岩と海浜鳥居」へ。


 白い砂とエメラルドグリーンの海と岩と赤い鳥居、こんな風景、完璧すぎる!


 多々度浜へ移動、上から見たらいい波に見えたので、喜び勇んで浜に行ったが。


 そう見えた理由は、その波に乗ってる、二人のお兄さんの波乗りレベルが高すぎるってことやった…( ̄0 ̄)


 サイドンオンに煽られたもも波ながら、時々、腰くらいの張った波が入ってくるが…。


 すこぶるゆらゆら波で、どうやって加速する斜面を見つけるかがとっても難しいのに…。


 そのお二人は(一人はもろのショートボード、一人はめっちゃルースなレトロフィッシュ)、いとも簡単に、マッハなスピードでかっとんでいく!


 しかし自分は、そんなテクも足らんし、Firewire Jetonator 5'11"ではあのタイミングでTakeoffもできへんし…。


 あぁ、あんな波乗りしたいなって見せつけられて、出来ない自分にフラストレーション溜まってしまったな…。





 さて、本日の宿「下田温泉 下田大和館」での夕食は「新緑の目玉の膳」と銘打って、先付は「葛寄せ豆腐」(織筍・人参・山葵・美味あん)、「樂盛」と称したくきわかめ・甘鯛味醂粕漬け・ベーコンと南京餅・蟹と海老の○○(なんやっけ?)。
お造りは、赤海老・カンパチ・メダイ・アジ・イカ、そして伊勢エビ、蒸し物は海鮮玉蒸しあおさ餡、混炉として鮑の陶板焼き野菜一式、鉢肴は金目鯛の煮付け、甘味は南伊豆の心太(大納言黒蜜がけ)。
いつも仕事で全国各地の♨旅館などに泊まることが多いけど、まともに料理を食べたことなんて、この仕事して20年以上無いから、たまにこんな風にプライベートでの旅行では、しっかい味わいたいねん、美味しかった!よっぱらり~ん!

    

コメント