山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

虫こぶ タンニン下地

2010-02-11 | 染織、染料植物
綿を濃色に染めるとき,タンニンの濃度を薄めに使うと効果的です。
陽にあたると,タンニンですからそのものの色を出してきますので、
濃い色ですと色に影響は余り出ず、難溶性の性質を発揮します。

最近、絞ったままの漆を買いました。
繊維に使うのですが、漆は塗ってから時間が経った方が透明感が出るそうです。
湿気がないと乾燥に時間がかかるそうです。

水なら,乾燥していた方が乾きますが,逆です。

しばらく漆にはまりそうです。




最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。