山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ムラサキと日本茜と藍の日光堅牢度

2010-03-01 | 染織、染料植物
この3種類の堅牢度はとても高い。

それぞれで絹布を染め、国連大学1階のGEICや北海道医療大北方伝統薬物研究センターの資料室でそれぞれ1ヶ月の展示をした。
両会場とも2方から自然光が入り、蛍光灯を1日中つけている。
1ヶ月間の展示を行ったが、この3種類は解説文を布に付けたが、付けていないところと全く色が変わっていない。

一昨日は直射日光があたるところに展示した。
黄檗の黄色は色に変化が合ったが,それ以外は変化していない。

素晴らしい色達である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 蓼藍の種蒔き 東京ワークで... | トップ | 茜染は洗濯に強い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

染織、染料植物」カテゴリの最新記事