山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

八重山のもう1つの赤色染料植物ー紅露=クール

2007-08-28 | 染織、染料植物
なんともいえない赤です。
古いイモほど良い色が出るそうです。

名前がいいですね。美しい文字です・・・誰があてたのでしょう。
採取や栽培して染める~色をいただくという気持ちが強くなります、だから保全する。
これが本来の植物染ですね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 赤く染めてみました。 | トップ | 小浜島の藍布は澄んだ藍色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

染織、染料植物」カテゴリの最新記事