山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

リュウキュウアイの畑

2011-07-12 | 染織、染料植物
学名は、Storobilanthes cusia. 東南アジアに広く分布しています。
沖縄県の島々では蓼藍やインド藍ナンバンコマツナギも栽培されていますから、世界中で使われている主な藍植物の4つのうち3つをみることができます。

県内で栽培、沈殿藍製造、木灰、石灰、添加する泡盛や黒砂糖や水飴など全て沖縄の材料で建てて染色、製品化まで行われています。
理にかなった場所に畑と山の水と沈殿槽があり、自然の力と人間の技術が融合しています。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。