ムラサキトーキョー

東京で京都サンガF.C.を応援する人の生活

VS名古屋グランパス「泣くな、まっすう」

2008年11月24日 14時22分32秒 | 京都サンガ

あれはファールとちゃうな。

ヨンセンのダイブにしか見えんぞ。

あんなへなちょこプレーで試合が決まってしまうことが堪らんわ。



とやかく言っても京都が負けたことは事実。

勝ち点は積み上がらず。

まっすうはその悔しい思いを大宮戦にぶつけろ。



それにしても前半のサンガは相変わらず酷い。

ラインはずるずる下がり、

簡単にサイドを破られ、

意図の感じられない縦ポン攻撃ばっかり、

これだけの面子を揃えていながらインテリジェンスの欠片もない...

まあ残り試合もこんなもんだと覚悟してますけどね。



後半は良く追いついたと思います。

ホントに気持ちが伝わってきました。



けどね、名古屋GKの西村(元京都)がキャッチ出来ないことはサンガでは周知の事実じゃないの?

ヤナギのPKの時に誰も詰めてないってどういうことですか。

ヤナギのまん前に転がってきたから良かったものの、管理人があの場に居たらこぼれ球狙いですけどね。



前節と違って、下位チームがことごとく引き分けてくれました。

順位は一つ落として12位。

大宮戦に勝利すれば残留が決まる。

欲しいのは結果だけ。

ファイトしましょう。
コメント

プーケット ラチャヤイ島 バンガローベイ2

2008年11月18日 22時19分37秒 | 




こんな映像を撮ると新しいカメラが欲しくなる...

ガイドのお姉さんには「大事に使ってますね」って言われたよ。

確かに大事にしてますが...

今回の旅行でも周囲の旅行者のカメラはみんな新しいんだよね~

そろそろ買い換えたいがハウジングも一緒となるとかなり高い。

ボーナスがどんだけ出るかだよな。




コメント

プーケット ラチャヤイ島 バンガローベイ

2008年11月18日 22時09分47秒 | 



古いデジカメでも出来ました。

海の中の様子。

それにしても粗い...
コメント

あたたかいトコロからかえります

2008年11月18日 00時24分55秒 | 

休暇もうすぐおわり。



新しいバンコクの空港はなかなかに快適。



日焼けはほどほどにしておいた。



もう少し居たいと思うのはいつものことですね。
コメント

あたたかいトコロへ

2008年11月13日 09時43分38秒 | 

いってきます。



社会人的に、

日焼けはほどほどにしよう、



と思う。
コメント

VS横浜Fマリノス 「勝てばええねん」

2008年11月09日 22時05分47秒 | 京都サンガ


日産スタジアムはどうしても2年前の柱谷サンガの開幕戦でぼろ負けしたことを思い出してしまう。

あの躓きをシーズン通して建て直すことができなかった。



その悪夢の払拭を、と意気込み乗り込んだものの、試合開始から大剛と増嶋の右サイドがやられ放題。

やはり大剛は前目で使って欲しいなぁ~、なんて思ってたら開始2分で先制点を献上。



萎えるわぁ...

そんでもって長くなるサブマリン

サポのノリもだんだん悪くなってくるし

前半のサンガはビルドアップできない、セカンドボールが拾えない、玉離れ悪く相手に詰められボールを奪われる。

いつものグダグダなサンガでした。

マリノスペースで試合は進み決定的なピンチも2度、3度。

水谷の右手一本セーブには痺れましたけどね。



そんな劣勢のなか手島の負傷でサブマリンが止まり、サポの勢い復活、選手の動きも良くなってきたような(?)

直後の27分、FKの素早いリスタートから柳沢のエクセレントゴール!

しかしこれはサンガゴール裏からはよく見えませんでした。

なんとなくネットが揺れるのが見えて大喜び。

場内アナウンスで柳沢のゴールと知ったくらいです。



なんとか同点で前半を終了。

後半はマリノスの運動量が落ちてきたこともあり、徐々にサンガがボールを支配し押し込む場面も。

そしてついに86分、増嶋のロングスローのこぼれ玉を安藤がダイレクトでクロス。

絶妙のポジションを取りで柳沢がこの日2点目となる勝ち越しゴール!

ゴール裏は大興奮状態。



このゴールをきっかけに屋根下で座って応援していたサポーターの方達が次々にピッチに近い前方へ大移動を始める。

何度もアウェイに行ってるが、こんな光景は初めて見た。

しかもそのまま立って手拍子と声出しで選手を後押し。

京都サポの声は一段と大きくなり、ながいながいロスタイム5分を迎える。

そんなサポの声に後押しされてか?勇人のミドルが美しい弾道を描きながら目の前のゴールへ吸い込まれる。

ゴール裏は再び大興奮。



そして勝利を確信。

至福のタイムアップの瞬間を迎える。



帰りは新横浜駅近くの飲み屋でサポ仲間と祝勝会。

美味しいビールを沢山頂きました。



勝ち点40に到達するも、まだ残留は決まりません。

管理人の次の参戦はNACK5です、気合入れていきましょう。

コメント (1)

こんな人がトップにいるのが残念でならない

2008年11月06日 23時23分50秒 | 京都サンガ

「あほかっちゅうねん」

トリニータの次の目標はリーグチャンピオンでしょ?

トリニータサポでない管理人でもそれくらいは分かってる。

日本で一番権威があるかもしれんが、彼らにとって天皇杯は「あわよくば」のタイトルでしょ。

(違ってたらゴメン)



もし大分がリーグチャンピオンになったら犬飼くんは何てコメントするんでしょうか?

「天皇杯の4回戦をサブ組で戦ったからリーグチャンピオンになれたよね」て言うのでしょうか?



その覚悟がないなら、つまらんことは言うな。

限られた戦力と予算のなかで最大限のパフォーマンスを発揮することに全力を尽くしているチームに失礼ですよ。

大きな組織の傘の下でヌクヌクとやってきた方には理解できない話かもしれませんがね。


コメント (3)

天皇杯 VS水戸ホーリーホック

2008年11月03日 23時44分49秒 | 京都サンガ


勝ってよかったよ~

去年の天皇杯は悪夢だったし~

明治大学なんて....

美濃部なんて....

思い出したくもね~



キャプテンいなかったんだね。

どうしたんでしょ。



3点も取ったってスゴイわ。

弘堅くんがよかったみたいやし次もこれ希望?



元旦は国立で!
コメント

bjリーグ 東京アパッチVS仙台89ERS

2008年11月02日 23時24分47秒 | つれづれ




初めてbjリーグの試合を見てきました。

Jリーグとは違った楽しみ方が出来そうです。



しかし、ボディコンタクト系のファールに厳しいのはサッカー観戦に慣れた身体には違和感ありです。

試合時間も10分×4クオーターなのに、20分のハーフタイムを含むとはいえ、2時TIPOFFで終了が4時30分くらいでした。

時計が止まってる時間がながすぎ~。


けど、また見てみたい。



東京アパッチ公式HP

コメント

ヤマザキナビスコカップ決勝「大分トリニータVS清水エスパルス」

2008年11月01日 20時07分15秒 | 京都サンガ
シンゴちゃん(鈴木慎吾)の勇姿を見るつもりでチケット買ったんですが....出場停止って( ̄▽ ̄;)


聞いてへんし(←情報収集を怠った私が悪いんですが)


うちの絡みだとアラタがいましたね。


地面を蹴りながらのシュートはあちゃらの方向に飛んで行ってましたが(苦笑)


リーグでも好調な両チーム同士の対戦だけに、見応えのある試合でした。


大分は積極的な守備と積極的な攻撃でチャンピオンに相応しいチームでした。


管理人は大分の選手の能力とうちの選手の能力には大して差がないと思ってます。


しかしサッカーの内容は....


見習うべきところが沢山。


もちろんサポも。


アウェイに行った時も感じたんだが、大分にはおじさんサポ、おばさんサポが多いんだよねぇ。


愛されてるなぁ~



うちもいつかナビスコ取りたいね。



追記 コレオは清水の勝ちだと思った。
コメント