ムラサキトーキョー

東京で京都サンガF.C.を応援する人の生活

きばいやんせ@千駄ヶ谷

2008年03月27日 22時06分45秒 | 飲む食う(東京)

焼酎好きの友人に教えてもらって訪問。

鹿児島の霧島地鶏を肴に焼酎を飲むお店。

焼酎の品揃えが良すぎて何から飲んだらいいかわからん。

目が垂れていない田原豊みたいなお兄さんに好みと飲み方を伝えて選んでもらう。

「芋」で「ちょい濃いめ」を「ロック」で飲みたい、と伝えたらドンピシャをセレクトしてくれました。

その次にお願いした「麦」のセレクトも良い感じでなんだか嬉しい。

O(≧∇≦)o

写真は「地鶏の刺身」で美味しかったです、これと「地鶏もも焼き」と「ごぼおの天ぷら」と「ポテトサラダ」はまわりのお客さん全員が頼んでました(ホンマかいな?)

千駄ヶ谷はめったに行かない場所だが次回はサッカー観戦の後なんかにいいかも。

と言ってもサンガが国立で試合をすることなんてあるんかいな?


グルメぴあの紹介記事
コメント (2)

ナビスコ VS浦和「ジャックナイフの切れ味」

2008年03月23日 23時25分17秒 | 京都サンガ

吉祥寺のKOZOでTV応援。

フジテレビ739とかいうCSチャンネルなんだが、目線は”浦和”。

なんだかなぁ~

映像は浦和が中心。

サポ映像も赤い人達ばっかり。

なんだかなぁ~

ベンチ映像も、ゲルトとかタナタツばっかり。

なんだかなぁ~



一番笑ろたのは、

ダイゴへのキャッチコピー、「ジャックナイフの切れ味、渡邊大剛」

徳さんのキャッチコピー、「牙をむき、爪を研ぐ、徳重」

サンガはかなり”するどい”みたいね。



引き分けは悔しいなぁ。

うっかり勝ててたかも。

後半ほとんどうちのペースやし。

泥臭く得点を奪っていくうちの選手がちょっと逞しい。

気がついたらナビスコA組のトップやし。



気になること

1.だるまさんの居場所が広すぎ。

2.トラメガのハウリング音が鬱陶しい。

3.だから後半はハウリングしっぱなし。




明日のスポーツ新聞のネタにならんでよかったわ。

それから村上レフェリーのくそジャッジには何の圧力があったんだろうか?
コメント (3)

今シーズン最後です

2008年03月22日 14時55分11秒 | 

早起きしたのに関越は渋滞 (´・ω・`)

おまけにゲレンデも混み混み (´・ω・`)

良いのは天気だけ (^^)b



丸沼高原スキー場より
コメント (4)

ナビスコカップ VS名古屋グランパス

2008年03月20日 23時53分04秒 | 京都サンガ
強いじゃないか我が軍は。

開幕から3試合負けなしなんて誰が想像したでしょうか。

勘違いしちゃうぞ。

”強豪”グランパスから勝利ですよ!

ピクシーに初黒星つ




週末の”アジチャン”レッズ戦も期待していいですか?

レッズも調子上がってきてるみたいですが。

全力でぶつかりましょう。



それにしてもゲルトはなんでヒゲを剃ってしまったんだろう?
コメント (2)

VS大宮アルディージャ 「しばらくはニコニコ笑顔で過ごせそうです」

2008年03月18日 01時40分49秒 | 京都サンガ

土曜日の夜11時に新宿を夜行バスで出発。

朝7時に大宮のネットカフェに潜り込み朝食と仮眠をとる。

西京極には10時過ぎに到着、今シーズンから新設されたフレンドスクエアには既に大勢の人が溢れてました。




これまでの西京極では考えられなかった屋台店舗がたくさん出店。




コーヒー味の「ねこのしっぽ」(100円)を食べる。

梅本社長に勧められて洛北フレンチ(250円)も食べる。



年甲斐もなくガチャガチャもしてしもうた。



大物は大勢のサポ(柳沢敦応援クラブの皆さん)を引き連れて移籍してきました。

富山からバスを借り切っての入洛。

鹿島は勿論のこと、イタリアにも遠征したことがあるというから驚き。



さて試合ですが、前節グランパスにボコボコにされて課題噴出が逆に良かったのかもしれない。

チームの熟成が進んだように感じる。

守備の安定感が増し、攻撃の連動性も徐々に出て来ている。

それでもぎこちなさを感じるのは新加入選手が多いからか?

逆を言えばまだまだレベルアップの余地がある訳で今後に期待が持てる。



試合はDFの不注意から先制点を許すも、後半開始早々、ゴール前に集団で詰め掛けて柳沢が移籍初ゴール。

押し気味に進めながら得点が奪えなかった後半36分に大剛のスーパーミドルで逆転。

満員の西京極は大歓声に包まれる。

攻撃面で期待されたベテランと若手が揃って結果を出した。

守備ではシジクレイと増嶋の充実振りが管理人のお気に入り。

開幕前には増嶋は控えに回ることが多くなると考えてただけに、予想を裏切る活躍です。

それでもグランパス戦の失点シーンではヨンセンをフリーにしてしまったり、今節でも不注意なパスをカットされて失点したりと、もう一段のステップアップを要求したい。



結局、2対1の逆転で勝ち点3をゲット。

大事なホーム開幕戦、しかも大観衆のなかでJ1復帰後の初勝利を掴んだことは素直に嬉しい。

過去のサンガは”ここ一番”でやらかしてしまう印象が強かったんですけど、加藤監督就任以降はメンタルの強いチームになってきたなぁと感心しております。

次回はナビスコで強豪グランパスとの再戦、前回より内容のある試合をしてね。

ここまで出場のない選手(斉藤とか倉貫ね、弘堅はどうやろ)にもチャンスはあるはずなのでしっかりアピールして結果を出して欲しい。
コメント (5)

VS名古屋グランパス 「豊田スタジアムではいつも引き分けだね」

2008年03月10日 00時24分01秒 | 京都サンガ

QBK絶賛発動中!

京都ゴール裏はズコーーーッ。

「勝ち点3」に指が掛かったんですけどね。



まぁしかしドローで仕方ない内容でした。

名古屋のサッカーが素晴らしかった。(パクろうぜ!)

うちはサイドがヤラレたい放題。

MOMは平井さんにあげたい、ポストも大活躍でした。



<新加入選手について>

シジクレイ・・・うちで一番の存在感。守備だけでなく前線への攻撃参加も迫力あった。ボランチならスピード不足はあんまし気にならないかも。

佐藤勇人・・・期待が大きい分この日の出来には不満。周囲を活かしていないし、活かされていない。

増嶋竜也・・・高いヨンセン、速い玉田のどちらにも対応できてた。手島との相性もよさそう。ヨンセンをフリーにしてしまった失点場面が悔やまれる。

柳沢敦・・・ロスタイムのシュートミスが...サポの心を掴むチャンスだったんだけどね。

アタリバ・・・あたり強い。トップ下も無難にこなした感じ。周囲との連携が高まれば確変あるかも。



それでも2006年の開幕戦に比べれば今後に十分期待が持てる内容だった。

かなりヤラレたけど、選手からは何とかしようという気持ちを感じた。

時間は掛かるかもしれないが、目指すサッカーを続けて欲しい。

タレントは揃ってると思うし。

けど次節は勝ってね。



PS

ピクシー見れたし、豊田スタジムの登山もできたし、グラン巻も食べたし。

充実した豊田遠征でした。
コメント (2)

金曜日は朝4時までカラオケ熱唱、土曜日は昼過ぎ起床、何となくゼロックススーパーカップをTVで見る

2008年03月02日 16時15分48秒 | 京都サンガ
サンフレさん、おめっとさんです。

それにしても鹿島のタレントは凄いね。

本当にこんなチームを相手にやれんのか?

小笠原とか、野沢とか、本山とか...

広島のパスワークも見事だが、崩せてなかったし。

鹿島が混乱したのは久保の投入後からだし。

細かいパスを捨ててDF背後へのロングボールに切り替えてからだしね。



鹿島は前半早々に岩政が退場するも、レフェリーのバランス感覚に助けられて前半のうちに10人同士のイーブンに。

しかも後半の早い時間帯に2点を奪う。

前半の終り頃から後半の半ば辺りは、流石J1王者と思わせる試合運び。

本当なら(昨シーズン後半の鹿島なら)ここからはお得意のマリーシアとやらを駆使しながらクロージングしてしまうのだが...

日本最強FW久保の登場により、鹿島DFは混乱を始める。

J1王者の風格が影を潜める。

微妙な判定のPKを決められて1点差になる。

それでもJ1王者なら逃げ切らんとアカンでしょう。

広島の勢いを止めるれずに(天敵)寿人の気迫のこもったヘディングで同点に。

90分で決着は着かず、試合はPK戦。

結果はご存知の通り。



ゼロックスだとか、開幕前だとか、レフェリーが拙いだとか、色んな言い訳は用意できるかも知れんが、

そんなことは関係なく勝ってしまうのがJ1王者だと思いたいし期待したい。

鹿島が2点を奪った時は「今年もしんどいシーズンになりそうやなぁ」と思ったんやけど、

試合が終わった時には「やりようによってはなんとかなるかも?」なんて甘い考えが頭を過ぎってしまった。



それでもなんだな。

浦和とか、ガンバとか、川崎とか、

サンガはやれんのか?

コメント (2)