ムラサキトーキョー

東京で京都サンガF.C.を応援する人の生活

敷島公園陸上競技場への道

2007年12月22日 20時37分39秒 | スタジアム視察

自宅最寄り駅で京都からのサポをピックアップ。

関越道練馬ICまでは給油時間を含めても30分、関越道は交通量は多いものの渋滞もなくスムーズ。

上里SAのスターバックスコーヒーではザスパTシャツを着た子供に足を踏まれるというアウェイの洗礼も受けながらもキックオフ2時間前にはスタジアムに到着。

みんなをスタジアムで降ろし、中央大橋西駐車場へ向うが大きな通から駐車場入る道が非常に判り辛いよ、看板くらいは出して欲しいぞ!

駐車場からスタジアムへ向うシャトルバスに乗り込むと偶然後ろの席にKAZEさんが!草津サポと呉越同舟のなか心強かったです。

スタジアムから離れた場所に駐車場がある場合、ホームのサポと一緒にバスに詰め込まれることが多いんだけど何となく嫌なもんです。何とかならんのかなぁ~



KAZEさんと色々お話をしているうちにスタジアムに到着、何と開場はキックオフの1時間半前だそうです。

後援会バスが出たこともありサンガサポも多く駆け付け、開場を待つ列は長く延びておりました。

敷島はゴール裏を開放しておらず、いつものゴール裏サポはバックスタンドへ向う。

スタンドは高さがあり、程よい傾斜で観易い。ピッチとの距離も近いから声も大きく聞こえるはず。スローインに向う大剛なんて手を振ってたしね。

アウェイではゴール裏に拘らなくてもいいんやないかなぁ。

それにしても草津の応援は2005年シーズンより格段に向上してる、この日の応援も迫力あったし。



さてさて敷島スタメシですが西京極完敗です。

メインスタンド裏に屋台が沢山出てました。

ダンクの「ハンバーガー(写真)」といかぴっちゃんの「おつまみセット(いか焼と水餃子)」をゲットして、がっつり食っていたところを杏綬さんに目撃されてしまい「メタボブログかい!」と鋭いツッコミを頂きました。

一緒に行った人曰く「登利平の鳥めしも美味しい」らしい。

バックスタンド下の売店では地元群馬の日本酒が!

残念なことに見つけたのがハーフタイム、帰りの運転があったので諦めました。



帰路は浦和と横浜FCの試合をTVで着けておりましたが、大変面白い試合だったんで車内は大盛り上がり。

運転手は観られないんだよね~

最寄駅に到着する直前に鹿島の優勝が決まり、我々には関係ないけど沸きました。



敷島のスタメシはこちらの方のBLOGでどうぞ
コメント (4)

サブマリン45

2007年12月16日 01時56分27秒 | 京都サンガ

最近知りましたが、

前半45分間イエローサブマリン歌い続けることを「サブマリン45」と言うらしい。



それにしてもアホな応援でしたね。

団長がトラメガでなんやかんや説明してたけど全く共感出来ません。

「選手が厳しい闘いしてるから、俺たちも厳しい応援しよう」って...

ちゃうやろ。



選手と一緒に闘ったり、

選手の後押しをするのがサポだと思っている。

選手と一緒に苦しむことはない、

選手が苦しい時こそサポが力を発揮する時だと思う。



ピッチの選手にはサポの応援があまり聞こえていないと言われる。

ならば少しでも大きな声を届けたい。

大きな声を届けられる応援がしたい。

選手が痛んでプレーが切れた時にはその選手の名前を叫びたい。

PKのジャッジをされて平井選手がキッカーと向き合っている時には「ヒライ」をコールしたい。

そんなごくごく当たり前のサンガ的応援が出来ないことが非常に辛かった。



痛んだ選手の名前を叫ぶ。

「ヒライ」コールをする。

サブマリンが延々と歌い続けられても管理人は選手の名前を叫びました。

それが紫魂だと思っていますから。



コメント (3)

広島風お好み焼き@お好み村「文ちゃん」

2007年12月12日 00時53分19秒 | 飲む食う(その他)

いやぁ~、うまかった~

まあ昇格決まった直後ですから、何食べても美味いんですけどね。

試合後はJR横川駅行きのシャトルバスが”鬼”行列だったんで、法外な料金に泣きながらアストラムラインで街へ繰り出す。

「お好み村」へ行き、偶々6人分の席が空いてた「文ちゃん」にお邪魔。

先客の一人サンガサポさんも巻き込んで生ビールで乾杯!



お好み焼きは勿論のこと、ホルモン焼やぶたみみ鉄板焼も美味いっす。

一人サンガサポさんからは牡蠣鉄板焼のお裾分けも、あざーす。

そうこうしているうちに4人家族のファミリーサンガサポまでやってきて、楽しく美味しく祝杯。

幸せな気分に包まれて広島の夜は更けていきましたとさ。



<メモ>お好み焼きに赤ワインもなかなかイケル。
コメント (3)

入替戦2nd VSサンフレッチェ広島 「 We did it! 」

2007年12月10日 19時30分40秒 | 京都サンガ

「シビレたね~」



声は枯れた。

足は痛くなった。

心臓はばくばく鳴った。



けど掴みましたJ1。

自動昇格とは別モン。

過去にTVで見た入替戦とは違ってた。

そりゃそうや、当事者なんやから。



試合終了後は達成感と安堵感。

それに変な高揚感。

翌日はポカポカ陽気の平和公園を気持ち良く散歩して幸せ~。



しかし、ここ一番に弱かったサンガがシーズン終盤にして勝負強くなってる気がするんやけど?

これだけ注目を集める試合で結果を出すサンガって...すごいよ。

何か変わったな、一皮剥けたっていうか。



札幌ドームで32,000人のコンササポを沈黙させた第50節

ベガルタを振り払い突き落とした第51節

タレント軍団のサンフレッチェに勝利した入替戦1st

23,000人のサンフレパープルに覆われたビッグアーチでサンフレッチェを沈めた入替戦2nd

会心の勝利なんて一つもないけど、物凄い闘いを見せてくれた。



自信を持ってJ1に乗り込みましょう。

補強はしっかりとしようね。



サンガにかかわる全ての人に感謝と祝福を。

2007年シーズンお疲れ様でした。


コメント (2)

どっちだ?

2007年12月08日 10時47分28秒 | 京都サンガ

うちでしょ。



間もなく京都駅。

ビッグアーチには2時頃着くかな。

暖かいといいな。

去年のビッグアーチは大雨で激寒やったからなぁ。



ヒリヒリ痺れるような試合にしたい。


コメント (3)

入替戦1st VSサンフレッチェ広島 「フラット3が強力ツートップを封じ込める」

2007年12月06日 00時17分51秒 | 京都サンガ

広島行きが単なる観光にならなくてよかったです。



それにしても森岡、手島、角田の3バックはイケてた。

トルシエさいこー。

狂犬ピチブーと天敵寿人の封じ込めに成功。

最後に失点してしまうのは仕様ですよね、そうですよね...残念ですよね。



今日も吉祥寺のKOZOで観戦。

なんやかんやで9人集まる。

広島は名前を見るだけで震え上がるようなメンバーなんだが、うちの選手達は果敢に挑んでくれました。

土曜日の後半戦に全てをぶつけましょう。



やるしかないよな。




コメント

VSザスパ草津「こんなことで入替戦は大丈夫かねぇ」

2007年12月02日 14時55分30秒 | 京都サンガ

またロスタイムかいな。

我慢がないというか、堪え性がないというか...トホホだよ。

先週の仙台戦の勢いを”削いで”くれました。



京都から参戦の方々には申し訳ないが、東京からの敷島遠征は楽ちんでした。

家から車で2時間、渋滞もなく、道も簡単。

関越道の上里SAのスターバックスで、ザスパTシャツの子供に足を踏まれて軽くアウェイの洗礼(涙)。



敷島陸上競技場はゴール裏を開放していないのでバックスタンドで応援となったが傾斜もあってピッチが見やすい。

試合前にコールリーダーから「今日も厳しい応援で行く」という発言があり、管理人も含めて多くの人から「いやだぁ」「やめてくれぇ」の声が上がったのだが軽くスルーされました(涙)。



しかしそんな我々の声を田原が感じ取ってくれて開始5分に見事なヘディングゴール。

サブマリンは5分で終了!

田原GJ!

前半終了前にも中山がPA内で倒されてPKゲット。

これを百戦錬磨の猛者”森岡”がきっちり決める、

かと思いきや見事にセーブされる。

このプレーを境に京都は減速、草津は加速。

後半は草津にペースを握られながらカウンターでチャンスを伺う展開。

結局ロスタイムに叩き込まれサンガらしくドロー。



結局、守備の甘さは改善されることなくリーグ戦が終了。

佐藤寿人、ウェズレイの強力ツートップへの対応に不安を残したまま入替戦に挑む。

水曜日のホームは失点なしで。

ガッツみせろよ。



コメント