ムラサキトーキョー

東京で京都サンガF.C.を応援する人の生活

愛媛県総合運動公園陸上競技場への道 ~後編~ 明日は鳴門ですよ

2007年06月30日 17時52分25秒 | スタジアム視察

なんだかタイミングの悪いアップですいません。

この記事は第10節、4月のアウェイ愛媛遠征のものです。



それでは後編をどうぞつ

松山自動車道を走る車はさわやかヤクザの故郷を横目に松山市に入る。

スタジアム近くで後援会バスに追いつき同時に到着。



ここのスタジアムははっきり言ってショボイ(←お前が言うな)。

ゴール裏は傾斜が緩く、下部がコンクリートで椅子席、上部は芝生席。

オーロラビジョンどころか電光掲示板さえなく、仮設の電光掲示板?らしき物体は我々アウェイサポの前に置かれている為、全く見えない。試合の経過時間すら判らない。

アウェイの洗礼ってやつですかね。

そのくせスピーカーはこちら向きも置いてあり、愛媛のなんとか選手の好きな歌だとかいって長渕のこってりしたやつを2曲も大音量で聞かされゲンナリ。

思えばアノ長渕で戦意を喪失させられた気がする。

やっぱりアウェイの洗礼なんかのう。



しかし、ここのスタジアムで評価できることは売店の数々。

格安のお弁当、じゃこかつバーガー、蛇口から出てくるポンジュース、メロンパンならぬミカンパン、きじ肉の焼とり、などなど。

西京極完敗(←試合もなんやけどな)。



夜はサポ仲間と炉ばた料理 助格へ。

美味しいのにリーズナブルで大満足。

衝立を挟んだ隣のテーブルが非常に盛り上がってた。

夜のオネエ系の美人お姉さんがいたのだが、連れの男の袖口からホンマもんの墨が覗いててちょっとびびった。

うちらはこっぴどくやられた後だったんで、盛り上がりもそこそこでご迷惑を掛けるような事はしておりません。



翌日は道後温泉へ

久し振りに来たが味わいのある建物がいいねえ。

のんびり風呂に浸かる。



松山を後にして「しまなみ海道」へ向う。

途中、鯛めしとやらを食べたくなって偶然見つけた太田屋旅館で食事。

鯛めしも刺身も美味しく、めっけもんの店だなぁと思ってたら、結構な有名店だったようで失礼しました。



今治北ICから高速に乗り、目指すは大島の亀老山展望台、JR西日本のCMにも使われたここからの眺めをどうしても見たかったが濃霧により全く何も見えず。

これもアウェイの洗礼っすか。



気を取り直してハンドルを握り、京都目指して車を走らせた管理人でした。

コメント

愛媛県総合運動公園陸上競技場への道

2007年06月30日 16時34分25秒 | スタジアム視察

一部の方々から「スタジアム視察」の更新が滞っているのではいか?との指摘を頂いておりました。

意気揚々と乗り込んだアウェイ愛媛で、選手の不出来と唐紙イリュージョンに閉口してしまいあんまり思い出したくなかったというのが本音。

ほとぼりも醒めてきたんでエントリーしてみる。



どうせ四国に行くなら讃岐うどんや道後温泉を堪能したいと思うのが世の常。

後援会バスをチョイスせずにマイカーで四国へ向う。

ETC割引を利用したいんで夜中1時に京都出発、

一週間の労働による睡魔に襲われ山陽自動車道の瀬戸PAで眠りに落ちる、

1時間後に目覚め、再出発し山陽ICで高速を降りる。

夜明け前のがらがら国道2号線と一般道を走って宇野港へ。

そうです宇高国道フェリーで四国へ上陸。

高松まで55分の船旅も休憩時間(仮眠時間?)と思えば効率的。

コンビニでチケットを買えば片道2500円なので瀬戸大橋より安い。



高松に到着したら、

早朝営業の中西うどんでまずは一玉。

次のがもううどんは開店時間ちょっと前に行ったが既に行列、お店周辺には食べてたり食べ終わったりしてる人が大勢。

某偽鴨氏情報によると休みの日は15~30分くらい早くに営業を始めるとか。

次はがもううどんから程近いてっちゃんへ、気分を換えて肉味噌温玉うどんを頂く。

ここはおでんに凄くそそられた、次がなければ絶対に食べてました。

4店目は山越うどん、釜玉で有名になったお店。

大駐車完備、誘導員完備、車は他府県ナンバーばっかり(←ひとの事は言えない)。

15分ほど並んで釜玉うどんを美味しく頂きました。

個人的にはがもううどんが気に入った。



うどんは十二分に堪能したのでそろそろ愛媛へ向う、

道すがらお金に不自由なく健康に暮らせるという観音寺の銭形を見物。

非常に興味深いモノでした。


~つづく~

コメント

VS湘南ベルマーレ 「徳重のエロキック」

2007年06月28日 23時00分39秒 | 京都サンガ

徳重のペロンと蹴ったフリーキックがゴール左上隅に吸い込まれる。

美しいよ、徳さんエロいよ。

常に全力ではないけどベテランらしいツボを押さえたプレーがたまらん。

倉貫といい本当にいい補強だ。


ダイゴーには徳重と倉貫を越えて行って欲しいね。



3位キープしてます。


湘南もいいサッカーしてるね。

コメント (2)

フェアプレイフラッグベアラー報告

2007年06月27日 08時03分05秒 | 京都サンガ

予告通り、水戸戦でフェアプレイフラッグベアラーやってきました。

ピッチから出るのを忘れて、キックオフ直前までセンターサークルにいたのは私達です。

パウリとか徳重が走り回っているのをそばで見入ってました。

係のお兄さんに促されてもノロノロ歩き...._| ̄|○



ベアラーはキックオフ1時間前にメインスタンド1階の関係者入口に集合。

関係者オンリーの場所で説明聞いたり、待機したり。

両チームの選手はもちろんのこと、KBS解説の山野さんや普及部の野口コーチ、リポーターのりっちゃん、なぜだか鈴木悟まで見かける。



普段は見れない試合直前の選手が間近に。

秋田はにこやかな表情で村上レフェリーと握手。

角田は厳しい表情だけど、積極的にチームメイトに声を掛け。



レフェリーは選手のスパイクや装飾品をチェック。

水戸の誰か知らん選手がファイテンのラクワを注意されてた。



フェアプレイフラッグには当日ベンチ入りの選手全員がサイン、両チームのキャプテンだけは入場直前に我々が持った状態でフラッグに直接サインしてくれました。

そしてフラッグはコトノに先導されてピッチ中央のセンターサークルまで出ていく。



ピッチではサポーターの声は大きく、良く聞こえる。

たとえ2,841人でもね。

流石は豪雨のなか参戦する猛者達。

こんなクソスタでも満員になったら凄い歓声が選手に届くんだと思う。

コメント (1)

VS水戸ホーリーホック 「滝に打たれてきました」

2007年06月26日 00時51分22秒 | 京都サンガ

悟りを開いちゃうぞ!


正午頃の天気予報では「午後からは豪雨を伴うことも」って言うてた。

普通はサッカー観戦なんて行かんわな。

こんなん配っても嫌がらせにしかならんやろ。

そんなことより、サンガスタッフは土砂降りの西京極で自腹観戦しろ。

そしてクソスタに通うサポーターの為に何が出来るのかよーく考えよう



オフィシャルグッズに加えて欲しいもの

①ゴアテックス製のウィンドブレーカーもしくはピステ

②防水仕様のバッグ

それから売店にホットコーヒー(レギュラー)もな。



試合の方はと言いますと、

田原のちょっとした頑張りと、パウリの個人技で勝ちました。

水戸のサッカーの方が良く見えたのは豪雨のせいだと思いたい。



スコア 京都2 - 1水戸
サンガ得点者 田原、パウリーニョ
3位で踏ん張ってます。

試合結果はオフィシャルでどうぞ



平井のクレサンベール賞は結婚祝いでしょうか?

コメント (2)

VSベガルタ仙台 「パウリ、地元福井で大爆発」

2007年06月17日 13時29分25秒 | 京都サンガ

前日の京都新聞情報をもとに、スタジアム到着と同時にそそくさとバクスタ裏の屋台へ。

まずはお目当ての三国バーガーをゲット。

オーソドックスなバーガーですが、一つ一つの素材が美味しく、頬張った時の味のブレンドも最高です。

天気もいいのでビールを飲みたくで生ビールを買おうとしたのだが、ビールサーバーの氷がなくなり、店員さんが近所のコンビニへ買出しに...

炎天下のなか30分近く待たされました _| ̄|○



その間、ベガサポさんと立ち話。

「夜中の3時に出発」されたとか、

「今年はこじんまりとまとまった良いチームに仕上がった」とか。

こじんまりなんてトンデモない!

「中島とか、リャンとか、ロペスとか、萬代とかみんな怖いんですけど」

なんて話を。

シーズン終了後にはお互い笑顔でいましょう!とエール交換。

ホントに良い方でした。

写メ撮られたのでBLOGとかにアップされちゃうんでしょうか?



試合はというと、

「オレ、フクイ」

でお馴染み、地元フクイを愛するパウリがハット!

フクイっ子を熱狂の渦に巻き込む。



そしてここ2試合、味方サポからのブーイングつっこみを浴びまっくてた田原が快心のヘッド。

やっと牛が起きました

次節も動きましょう。



まあしかしなんだな、

秋田が入ると守備は安心感あるな。

結構やられてはいたけど...

チアゴも秋田アニキから色々と学んでもらいたいものである。



そんなこんなでせっかくの大量得点も終盤のユルユル守備で押し込まれた挙句、失点。

なんとも情けないサンガらしい幕切れでした。



帰りは芦原温泉(←紫の湯状態)でひとっ風呂浴びて、

温泉卵を食べ、

ヨーロッパ軒のソースカツ丼を堪能して帰路につきました。



スコア 京都5 - 1仙台
サンガ得点者 パウリ、田原、倉貫、パウリ、パウリ
なんとか3位キープ中。

コメント (3)

業務連絡

2007年06月16日 23時34分20秒 | 京都サンガ

フェアプレイフラッグベアラーやらせて頂きます。

次節の水戸ホーリーホック戦はキックオフ前に注目!

コトノに先導されて選手より先にピッチに登場しますのでヨロシク(←何を?)。

ウホッ(^O^)



コメント

GIANT KILLING

2007年06月15日 23時23分23秒 | つれづれ

SA●GAより面白そうなETU。

美●部より面白そうな達海猛。

木曜日が心待ち。



詳しご案内はこちら

「U31」のインタビュー

「U31」のWiki

原作者の綱本氏は現役JEFサポだそうな。



けどね、ホントはサンガのGIANT KILLINGが待ち遠しいのよ。

コメント (3)

VSサガン鳥栖「レオナルドは日本人?」

2007年06月14日 23時44分15秒 | 京都サンガ

試合後HUBでぼやぼやしてたら鳥栖のレオナルドへのインタビューが始まる。

めちゃくちゃ日本語上手い、ほんまにブラジル人?

ちょっと調べてみたら高校生の頃から日本にいるのね、納得( ´_ゝ`)

鳥栖の岸野監督はプレゼントしてもらったヤンキーサングラスをかけて超ご機嫌。

なんか高原兄みたいです....



試合の方はと言うと、

*********************************************************
角田誠さんのコメント

ミスで負けた試合ではなかったし、
セットプレーから相手の勢いで押し込まれた試合だった。
流れの中でやられた訳じゃなかったけど、球際で負けていた。
全員でしっかり反省して次の試合をやらないといけない。
*********************************************************

1.ミスではないが精度の低さと決定力のなさ。

2.勢いで押し込まれたけど、勢いで押し込めなかった。

3.前節出来ていた球際の強さが今節はなかった。

こんな感じでしょうか。



TV画面から伝わってきたのは、ボール保持者に余裕が感じられなかったことですかね。

「ボールを奪ったら素早く展開」は理解できるけど、展開の約束事が少な過ぎる。

ちょっと落ち着けば多くの選択肢が見つかるような状況でも、敵がうようよ居る処へパスしたり、誰もいない処にクロスを放り込んでみたり....


HUBは「溜息の坩堝」でしたよ。



それから気になるのが、

チアゴのプレーのフォームの悪さ。

反射神経もちょっと鈍い?

若いから矯正すれば確実にステップアップすると思う。



スコア 鳥栖2 - 0京都
まったく調子に乗れない我がチーム。


コメント (2)

VSモンテディオ山形 「新作ゲーフラ」

2007年06月13日 00時50分19秒 | ゲーフラ

前作がお気に入りだったんで、

なかなか制作意欲が湧いてこなかったんですが、

ようやくお披露目。

出来栄えはまあまあか。



さて試合ですが、久し振りの快勝。

スコアだけ見れば文句なし。

けどね、けどね。



田原くんが使えてないよ。

ポストになれない、

守備意識ない、

周囲と連携ない、

シュートもない、

レオナルドを相殺出来たことが救いか?

まあ、そのおかげで倉貫とか徳重が動きやすかったとも言える。



パウリ...._| ̄|○

迷わず打とう、

さっさと素早いシュートを打とう。

それからオフサイドにならない動き直しを練習してくれ。

ゴールはGJ!



この日のサンガさんは、

田原以外のFWとMFによる前からのプレスが効いていた。

こんなの初めてだよ。



山形さんも少々戸惑い気味。

得点も高い位置で相手ボールをカットしてからのもの。

泥臭いけどこんなゴールが増えれば楽になるね。



スコア 京都3 - 0山形
サンガ得点者 倉貫、パウリーニョ、渡辺
3位まできた。



ダイゴー初ゴールおめでと。

パフェおごるわ。
コメント (1)