未完の世界 Imperfect World

アーティスト佐々木久枝のブログ
自身の作品、生花と墨象を融合させたアートについて紹介。そして時々日々のこと。

フランスへの旅 その9 完結編

2019-11-12 11:27:23 | 旅行
ズルズルと引きずってしまいましたが、これでやっと終わります。
もう少しお付き合いください。


今回の旅は、失敗を含め充実していました。迷子になって歩き回った時間はかなり多く、WiFiを持ってこれなかった自分に落ち込みましたが、自分が行きたいところに行くことができて心の底から喜びが湧き上がってきました。
海外一人旅のハラハラドキドキも久々に体験して冒険野郎の感覚が蘇ってきたのも嬉しかったです。
(だんだん歳を重ねるとチャレンジすることに腰が重くなっていくのを実感しています。)

知り合いは多くないですが、旅の醍醐味は人との会話なのではないかと思ったりします。

何気なく入ったリヨンのワインショップのお兄さんは私につまみのサラミ(おいしかった!)を勧めながら、私の好みを辛抱強く聞いて(私のフランス語が下手すぎなのと、英語でどう表現するかあまり考えたことがなかった)、選んでくれました。
彼は日本語を勉強しているらしく、片言の日本語を話してくれました。
異国の地で日本語を聞くとホッとしてしまうのは年のせいなのかなあ。
その時に買ったリヨンのワインはとてもフルーティで個性的でおいしかった!
(私はあまりワインに詳しくはないけど)

オートリーヴへ行くバスの運転手さんの笑顔にもホッとしたなあ。

リヨン行きの電車の中では隣に座ったフランス人のおじさんと話をしたのですが、私はフランス語で話をしているのに、向こうは英語で返してくる。
きっと私はフランス語がわからないだろうからと気を使ってくれたのだろうなあと思うと、フランス語の勉強がんばらねばと一瞬(?)気合が入りました。

パリで行ったスタバでは、レジのおにいちゃんにカップに書く用に名前を聞かれ、アルファベット(一応フランス語発音)で伝えたら、「ヒサエさんですね。日本人の方ですか?」と流暢な日本語で話しかけられてうれしかったのも良い思い出の一つです。
しかも海外で私の名前をきちんと発音したのは、彼が初めてだと思います。
日本にはまだ来たことがないけど、日本が好きで日本語を勉強しているのだそうだ。もっと突っ込んで色々話をしとけばよかったなあ。

だいたい私の名前はアメリカだと「ハイサエ」(ハイサイおじさんのようだ)または親しみのない名前なので、アルファベットで呼ばれたりする。
フランスに至っては「イザエ」と発音されたりする。
国際的でない名前をつけた親を軽く恨んだけども、今はいいネタができたとも思っています。



細々といろんなことがあったけれど、今度旅するときはもっといろんな人と話をしたり交流したいなあ。
何を見た、食べたとかも、もちろん大事だけど、自分の感じたことや目には見えない思い出もたくさん心に刻まれます。
私はこれからもたくさんの経験をしたいし、これからもチャレンジを続けたい。

また旅するぞー。


おわり

この記事についてブログを書く
« フランスへの旅 その8 パリ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

旅行」カテゴリの最新記事