未完の世界 Imperfect World

アーティスト佐々木久枝のブログ
自身の作品、生花と墨象を融合させたアートについて紹介。そして時々日々のこと。

フランスへの旅 その7 ストラスブール&コルマール編

2019-10-03 16:59:47 | 旅行
リヨンからパリに戻り、一日おいて、以前から行きたかったストラスブールとコルマールにも行ってきました。
パリからストラスブールへはTGVで2時間ほど。コルマールはストラスブールから電車で20分くらいのところにあります。

この地域はドイツとの国境近くにあって、現在はフランスですが、ドイツに占領されていた時代があったりなど、歴史的にも複雑な背景があります。
ドイツの文化が色濃く影響されていて、建物も特徴的ですし、街にはドイツ語とフランス語が併記されているものがたくさんありましたし、食べ物やワイン、ビールなどにもそれが感じられます。

まず到着して観光案内所に行きます。
駅から15分くらい歩いたところにあって、そこで地図の入ったパンフレットを購入します。
こういうのは無料なのですが、広告なしで情報のクオリティが高いものとなるとそうせざるを得ないとのことでした。観光案内のスタッフさんはいろんな語学が堪能そうで、話せる言語のバッジをつけてました。たくさんバッジをつけている人もいて、思わず尊敬してしまいました。


観光案内所の目の前にあるのが、この大聖堂です。
なかなか渋いですね。


中はこんな感じです。







散策していくとアルザスの特徴的な木組みの建物がたくさん目に入ってきます。
これがみたかった!
かわいくて、心の中ではしゃいでおりました。














園芸にも力を入れているようで、花もきれいでした。



ランチはウエイトレスさんが勧めてくれた名物の一つである、薄い生地のピザをいただきました。
もちろんビールも!
おいしかったけど、とても大きくて一人ではまたもや完食できず。


シュークルートも食べたかったなあ、と後悔し(メニューで探せなかった)、その後パリのスーパーでシュークルートの缶詰を買いました。




さて、最初はストラスブールのみの予定でしたが、コルマールも素敵だよと聞いたので、それならばとコルマールにも立ち寄りました。



ここも観光案内所の場所まで歩いて15分くらい。
汗をかきかき歩くと、なんとも可愛らしい風景が広がっていました。



これは頭の家という建物。よく見ると人の顔の彫刻がたくさんあります。


本当におとぎの国にいるようでした。












あまり時間がなくて駆け足で回ったので、もったいなかったなあ。
もう一度ゆっくり行きたい場所です。

つづきます


この記事についてブログを書く
« フランスへの旅 その6 リヨ... | トップ | SWAY Gallery London で開催... »
最近の画像もっと見る

旅行」カテゴリの最新記事