未完の世界 Imperfect World

アーティスト佐々木久枝のブログ
自身の作品、生花と墨象を融合させたアートについて紹介。そして時々日々のこと。

フランスへの旅 その6 リヨン編①

2019-09-17 09:28:14 | 旅行
前の投稿から時間が空いてしまいました...

オートリーヴのからの続きです。
シュヴァルの理想宮を見た後、リヨンに戻り、ホテルにチェックイン。

これから3泊リヨンに滞在することになります。
(本当は2泊の予定でしたが、色々調べていくうちにオートリーヴ行きのバスは土日運行しないことがわかり、慌てて予備としてもう一日、月曜日の滞在を追加しました)

歴史と食の街、リヨン。
NHKのフランス語講座でもリヨンが舞台になっていたし、フランス語の先生にもリヨンで何を食べたらいいのか事前に聞いていたので、食べ物のことばかりですがとても楽しみでした。

お昼過ぎからのろのろと行動開始です。
まずはベルクール広場へ。


観光インフォメーションセンターがあり、そこでガイドマップももらえます。
日本語もちゃんとありました。ありがたい!

フランス料理界の重鎮、ポールボキューズさんの像も鎮座しています。



ランチをしようと先生オススメのお店に行ったのですが、時間が遅かったので、クローズとのこと。
お向かいのレストランを勧められたので、そこにいくことにしました。

まず食べたのはリヨン名物「quenelle(クネル)」。

魚のすり身のようなものにエビとかザリガニ?のクリームソースがかかっていて、とーってもおいしかったです。
真ん中はエビ味噌?のクネルなのかな?濃厚でした。
写真は焦げてますが、あまり気にならなかったです。



ボリュームがありすぎて、全部食べられず、無念。


お腹も満足したところで、地下鉄で旧市街へ。
駅出て少し歩くと大きな教会がありました。




旧市街はルネッサンスの頃からの建物が残っていて、パリのような華やかさはないけれど、脈々と流れてきた歴史を感じさせます。







リヨンではプラリーヌという、アーモンドを砂糖でコーティングした?濃いピンクのお菓子があります。
リヨン名物の一つなのですが、至る所で見かけました。
刻んだものをパンに入れたりしていて、色が華やかです。


ギニョール人形の劇場もありました。

顔がちょっとこわい...

旧市街から見えるソーヌ川。
眺めているだけでも気持ちよかったです。





リヨンも長くなります。
続きます。


この記事についてブログを書く
«  フランスへの旅 その5 シ... | トップ | フランスへの旅 その6 リヨ... »
最近の画像もっと見る

旅行」カテゴリの最新記事