千葉の将棋情報   県内の将棋大会の案内と結果を掲載します

千葉県連公式サイトも合わせてご覧ください。http://www.shogichiba.com

文部科学大臣杯県大会結果

2010-06-20 18:12:42 | 大会結果

文部科学大臣杯県大会は本日千葉市の千葉県青少年女性会館で行われました。

7月29日に都内で行われる東日本大会に千葉県代表として出場する小学校4チーム、中学校3チームが、以下の通り決まりました。

●小学校の部

市原市立有秋西小学校(森田富裕、森田万稀、森田純矢)

船橋市立三咲小学校(高橋佑二郎、原悠樹、高橋篤郎)

八千代市立大和田小学校(小山泰希、佐藤真梧、小澤雅則)

船橋市立宮本小学校Ⅰ(中川涼太、中村聖哉、飯村祐生、福本健人)

小学校の部の代表4チームの皆さん、後列左宮本小、後列右大和田小

                       前列左三咲小、後列右有秋西小

●中学校の部

流山市立八木中学校(舘野周、上島司、西村雄太)

船橋市立船橋中学校Ⅰ (大黒谷諭、伊藤匠海、原田総)

八千代松陰中学校Ⅰ(山田遼太、槻木健太、篠田祐作)

中学校の部代表の皆さん

後列左船橋中、後列右八千代松陰中、前列八木中

●小学校の部の詳細

20チームが出場。抽選で赤ブロック10 青ブロック10に分けて予選スイス式トーナメントを行いました。

青ブロック 1位・市原市立有秋西、2位・八千代市立大和田、3位・八千代市立萱田 赤ブロック 1位・船橋市立三咲、2位・我孫子市立我孫子第一Ⅰ、3位・船橋市立宮本Ⅰ の6チームが、変則決勝トーナメントに進みました。

1位2位決定戦(青赤それぞれの1位同士)

○市原市立有秋西 - 船橋市立三咲●

3位決定戦(青赤それぞれの2位同士)

○八千代市立大和田 - 我孫子市立我孫子第一Ⅰ●

4位決定戦(青赤それぞれの3位同士がまず対戦し、勝ったほうが、3位決定戦の敗者と対戦)

○船橋市立宮本 - 八千代市立萱田●

○船橋市立宮本 - 我孫子市立我孫子第一Ⅰ●

この結果 総合成績は、1位市原市立有秋西 2位船橋市立三咲、3位八千代市立大和田、4位船橋市立宮本、5位我孫子市立我孫子第一Ⅰ、6位八千代市立萱田 となり、上位4チームが代表に決定しました。

青赤それぞれのブロックの4位以下の学校による交流戦(2戦)も行われました。予選(4戦)と合わせての、成績優秀チーム(予選、交流戦合わせてチーム3勝以上.。上記の総合6位までの学校以外)は以下の通りです。

木更津市立木更津第一、八千代市立大和田西、東金市立日吉台Ⅰ、船橋市立八栄 

●中学校の部詳細

15チームが出場 抽選でAリーグ8チーム、Bリーグ7チームに分けて総当たり戦戦を行いました。それぞれ上位2チームが変則決勝トーナメントに進みました。

Aリーグ 1位船橋市立船橋Ⅰ、2位習志野市立第五、3位船橋市立八木が谷

Bリーグ 1位流山市立八木、2位八千代松陰Ⅰ、3位君津市立君津

1位2位決定戦

○流山市立八木 - 船橋市立船橋●

3位決定戦

○八千代松陰 - 習志野市立第五●

この結果 総合成績は、1位流山市立八木、2位船橋市立船橋、3位八千代松陰、4位習志野市立第五 となり、上位3チームが代表に決定しました。

文部科学大臣杯の主催である産経新聞社のサイトのこちらにも、結果が掲載されています。

今日、ご参加いただいた皆さん、引率、付き添いの皆さん、お疲れ様でした。

7月4日には、倉敷王将戦(小学生)、中学選抜(中学生)という大きな大会が、今日と同じ会場であります(詳しくは大会名をクリックしてください)。お誘いあわせのうえ、奮ってご参加下さい。なお、参加締め切りが近いので、お早めにお申し込み下さい。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 文部科学大臣杯中部地区予選... | トップ | 千葉県連より御礼 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (よしはる)
2010-06-21 00:15:11
今回もまた、県連の役員のみなさまのご尽力で、スムーズな運営の中、楽しい大会となりました。心より感謝申し上げます。

ひとつお願いとご提案があります。
今回、対局中の部屋には保護者が入れないルールとなっていましたね。

これ自体は公正さを保つ上でも意味があると思いますし、このルールのおかげで落ち着いた雰囲気を維持できた大きいと思うので、ご尽力いただいている運営側のご方針に異論はないのですが、できれば事前に告知いただけないでしょうか。

というのも、当方では子どもの将棋大会に付き添ったことのない親御さんにも、一度是非直接見て体験してください、とお誘いして参加してもらいました。

日頃から、子どもの将棋の普及のためには親の理解が不可欠だという実感があるからです。
我が子の対局の様子を見ることができると期待して付き添われた親御さんには、対局室の外から様子をうかがうことしかできないのは、いささか残念でありました。

事前にわかっていれば、そのつもりで来ていただけるので印象も少し違っていたように思います。

繰り返しになりますが、ご方針に異論をはさむつもりは毛頭ありません。ご検討いただければ大変ありがたく存じます。
保護者の入室について (当ブログ管理者)
2010-07-01 22:04:01
よしはる様

県連のほうで、ご意見を検討させていただきました。会場や参加人数により、保護者の方が入室できるかどうかは変わってきます。子どもの大会に関しましては、その大会ごとに、なるべく事前に保護者の入室について、告知させていただくというのが、今後の方針です。

7月4日に迫りました倉敷王将戦、中学選抜に関しましては、さきほど、こちらのブログに保護者の入室について説明させていただきました。

お返事が遅くなりましたことをお詫びいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大会結果」カテゴリの最新記事