落ちたウナギはsnowdropの香りにつき注意@VEG-AIR 83.1Mhz

金の無いやつらのための、金の無いページ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

近くのビデオやさんは

2009-02-28 17:09:00 | Weblog
ここ数週間
期間限定と称して
レンタルコミックが
やすい安い
コメント (2)

道に

2009-02-28 13:25:14 | Weblog
落書き
しちゃうもんねぇ
コメント

皇居ラン4回目

2009-02-26 00:52:10 | 思ったことやったこと
今回は
ストイックに、1人ラン。

あえて
スピードに挑戦してみました。
5キロ、30分。

超くるしー。
たすけてー。
途中、なんど歩こうと思ったか。

なんなんだ、このストイックさ。
だれにも強制されていないのに
腕時計と我慢比べしている感じ。

これが、スポーツの持っている魅力?魔力?なのかなあ。

日ごろ
テレビ、マンガ、小説と関わっているなかでは
「無理をする」
ってことは無いんだよね。
すっげえ面白い小説だと
夜遅くまで読みつづけて、無理しちゃって、寝不足とかあるけど

それとはまったく違う質の
「無理」をしている。
そして、そこには「がんばった自分」に対する
ちっぽけな「誇らしさ」がある。
うーん、走るって、単純だけどオモシロイカモ。
コメント (2)

Re:行間を読む ラジオデイズ

2009-02-26 00:26:35 | 思ったことやったこと
けいさんの日記よりインスパイアされて。
最新のブルータスはラジオ特集。

けいさんは
リスナーの想像力を掻きたてる話し方や
行間を読ませるような表現力について
ラジオのオモシロさを語ってくれました。


さて
ラジオです。

■ラジオに関する雑感1
ラジオって、些細な幸せが転がっているメディアだな、って思います。
テレビで扱う話って、やっぱり大げさなんです。
大げさでないとテレビ映えしないというのもあって。

おばあちゃんが孫に採れたての山菜を送った話とか
40年連れ添った奥さんへの面と向かってはいえない感謝の気持ちとか
市井の人々の、ほんのすこしの「幸せ」を
ラジオは丁寧に取り上げてくれる。
聞いた自分がちょっとアッタカイ気持ちになれる。
これがラジオの好きなところだなあ。

■ラジオに関する雑感2
高校の頃の深夜ラジオについていえば
明らかに「悪いことしている」という楽しさがあった。
夜更かししてオールナイトニッポンを聞くのは

それだけで、オトナ、だと思っていた。

「いやらしい話」「くだらない話」「下品な話」
そして「本音の話」

テレビでは見たことの無い
裸の芸能人が、下品な話で大盛り上がり、ちゅうのは
「オトナってこういうものか」と
まだ見たことも行ったことも無い「オトナの盛り場」に
足を踏み込んだような楽しさがあったな。

そして
ひっどい表現の悪口を
ラジオの前でいっしょに笑ってしまう自分は
「深夜の共犯者」てな気持ちをもっていたなあ。

■ラジオに関する雑感3
共犯者としては
このオモシロさを、近くの誰かに伝えたい気持ちも出てくる。
「実はトナリに居るこの俺さまが真犯人なんだぜ」
っておっきな声で言いたいような。

高校のとき
理科授業の教室の机に
深夜ラジオ番組のネタを鉛筆で書いておいた。
次の授業のとき、見ると
明らかにリスナーにしかわからないリアクションが
その上に書き加えてあった。

このときの、感動。
あのラジオ聞いているやついるんだあ!!って。

いまはインターネットで
趣味が合う人と繋がるのは
むずかしいことじゃない。

過去を懐かしむのをキラウひともいるけど
おいらは、不自由な時代に
人とつながれた、あの瞬間のことは
大切な経験だったなあと思っているさ。


行間を読む、って話にたどりつかなかったなあ。
でも、長くなりすぎちゃったので、おしまいさ!
コメント

皇居ラン3かいめ

2009-02-20 09:10:14 | Weblog
水曜日に走ったよ。
だんだんペースがあがってきた。
汗をかく僕らを見下ろす
官庁街特有の
真四角なビルの灯り。

風景も応援してくれる。
コメント

ショクシツ

2009-02-20 02:00:08 | 思ったことやったこと
いやあ、
本日、地元駅から家に帰る途中
職質。

自転車無灯火だったので
注意受けて
念のため、ちゅうて、自転車の照会。

ふう。

おいら、本日なんだか
すっげえ機嫌が良かったので
ニコニコしながら
受け答えしちゃったさ。
すっげえ良い子じゃん。
「おまわりさんも大変ですね!」だって。
自分でも不思議。

むしのいどころがわるかったら
ぶっとばしてるよなあ。
無灯火は悪かったけども
自転車盗んでないのに、疑われてさあ。

ふう
しょうしょう脈絡ない
展開ですが
もう眠いから寝ます。
明日も仕事がんばります。
金曜日だ、気合いれてイコー!!
コメント (2)

ゴリラの中身は

2009-02-15 15:34:07 | Weblog
空洞だった。
奈良の大仏みたいだ。
コメント (2)

ゴリラの

2009-02-15 12:00:06 | Weblog
チョコレートを
いただきました。
コメント

本日、我が家に

2009-02-15 11:58:10 | Weblog
家具搬入!
コメント

フッフッフッ!皇居ラン2回目!

2009-02-13 00:44:13 | 思ったことやったこと
3日坊主にしない!という
宣言を守るべく
本日、2回目の皇居ランを実行!
(1回目はこちら

まあ、これも
いっしょにやってくれる同志あってのもの。
感謝。

今回は
前回の反省をいかして
しっかり準備運動して、走り始める。

今回
皇居1周のマップをあちこちWEBで探してみたところ
竹橋スタートの左回りは
いきなりの上り坂となり
少々きつめのルートであることがわかった。

それもあっての
入念な、準備運動。
功を奏して
かなり「イイカンジ」で、走れた。

ペースも前回より
早めの、汗ばむ感じのスピードで。

ただひたすらに
右足を出し
左足を出す。
繰り返す、延々と繰り返す。
単純だけど、なんだか不思議と気持ちよいのは
なぜなんだろうか。

でも、きっとこれ一人じゃ
続けられないかも、とも思う。

側にいて
なにかしてくれているわけではないんだけど
ただ、併走してくれていること「そのもの」が
励ましてくれていることになるんだなあ・・
、なんてことを
おセンチに思いながら
東京の官庁街の灯りを見上げる。

まだ続けられそう・・・
な気がする。
がむばる!
コメント (2)