落ちたウナギはsnowdropの香りにつき注意@VEG-AIR 83.1Mhz

金の無いやつらのための、金の無いページ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小千谷を行く! ヒロとみずのの被災地をめぐる冒険⑤

2004-11-28 23:59:59 | 小千谷のこと
つづき

いろいろあって
17:00 小千谷発。
 ・いろいろお土産いただき帰ることに。
20:00 御代田着
  ・あ、そうそう説明遅れましたが、
   うちのカミサンは昨日夕方に電車で御代田に帰ってました。
   さすがに、娘2人をまる2日実家に預けっぱなしはきついだろうということで。
  ・ただ、家に帰るのがどんどん遅くなっちまうので、御代田では食事をばばっと食べ
   とっとと車へ。
  ・娘2人はすでにお風呂に入っていて、車に乗せるやいなや、眠りに。
23:00ごろ みずの邸着
  ・おみやげいっぱいなので、駐車場までオクサマが出迎えてくれる。
  ・おいらがどうしても見たかった鉄腕ダッシュをオクサマがビデオに撮ってくれて、
   それをいただく。
24:00 川崎着

うーん、この報告面白いんだろうか・・・。

>みずの
適当にレスつけてくれるとうれしいっす。


ではでは。
コメント

小千谷を行く! ヒロとみずのの被災地をめぐる冒険④

2004-11-28 13:00:00 | 小千谷のこと
つづき
 ・ヒロとみずの、そして「ようたろう」は小千谷の和室で寝ることに。
 ・1週間前にガスが出たので、風呂に入れるのが大きい。
  日中の仕事の汗を流して、筋肉痛の体をほぐして寝れば、明日もがんばれるぜ。
  というわけで、みずのは風呂に入る。
  おいらは、みずのが風呂に入っているうちに夢の中へ。

おやすみー。

 翌日ー。11/28(日)

 さて、今回みずのを連れて小千谷に来たのは28日が小千谷の土川地区の
 可燃災害ゴミの収集日だったからなのだ。
 朝8:30までに所定の場所に、ゴミを持ってこい、でないと収集しないぜベイベーという
 お上の発信に負けずに早起きするぼくたちなのだあああ。

6:30
 ・おいらの携帯のアラームが鳴る。
6:35
 ・スヌーズで、また鳴る。
6:40
 ・スヌーズで、また鳴る。 
6:45
 ・スヌーズで、また鳴る。 
6:50
 ・スヌーズで、また鳴る。
 ・もういいね、起きるよ。
 ・おいらは、昨日風呂に入らなかったので朝風呂を浴びる。

7:30
 ・朝飯は後回しにして、作業開始。
 ・木材でできた箪笥や、布団、絨毯を収集場所まで運ぶ。
  一輪車が役に立つ。一輪車といっても、手離しで乗るあの一輪車じゃないよ。
 ・8:30までといっても、8:30になっても収集のトラックはやって来ない。
  だから、まだまだゴミをだしちゃうもんね。
 ・ゴミといっても、今回物置から出てきたものは、地震以前から明らかにゴミでしたが。
  でもいいのだ、物置がつぶれそうだから捨てざるを得ないのです、と言い訳するのだ。
 ・一段落したの朝食に。
10:00
 ・あさごはん~。
 ・体を動かしてから食べる朝御飯はうまいなあ。
 ・納豆と明太子で、ご飯3杯食べる。みずのも3杯食べる。

 ・また荷物を収集場所まで運ぶ。
  何度からトラックがやってくるも、すべての荷物を運び込むことができず、まだゴミは残っている。
  そして、そこにおいらとみずのがさらにゴミを追加する。
  いつまでたっても、ゴミが減らないというわけ。

11:30
 ・お姉ちゃんに、お昼にはイタリアンが食べたいとリクエスト。
 ・お姉ちゃんは車で長岡の「フレンド」まで購入に。
  ここで「イタリアン」の解説!
  イタリアンについては、こないだのヒロミのリンクが詳しい。
  ここでは、イタリアンを売る店について。
  イタリアンをあつかうお店は、新潟市を中心に展開する「みかづき」と
  長岡市の「フレンド」の2つの勢力が存在しています。
  このうち小千谷は長岡文化圏に入るので「フレンド」のイタリアンの味が親しまれている。
  小千谷の家族は「みかづきはちょっとねえ。」とかならず言う。
 >みずの どうでしたイタリアン?

13:00
 ・2階の箪笥を3つ下に降ろし、クラビノーバをおろして、ほぼ仕事終了。
 ・お風呂をいただき、帰ることに。

つづく
コメント

小千谷を行く! ヒロとみずのの被災地をめぐる冒険③

2004-11-27 22:00:00 | 小千谷のこと
つづき

夕方になって暗くなったので作業を終了し、みずのと散歩に。
17:00ごろ
 ・テレビでよく中継されていた総合体育館まで歩いていく。
 ・その途中で見られるもの
  とにかく水道管のマンホールが、地上に浮き出ている光景。
  基本は30センチ程度の出っ張りなんだが、
  たまに1メートル50センチくらい飛び出ているものもある。
  最早、想像を絶する光景。だれが、この筒を道の真ん中において帰ったんだ?と。
  そのくらい出っ張っている。水道管。
 ・総合体育館に着く。おいらも初めて来る。
  自宅が全壊した人など、おうちに戻れない人がまだたくさんいる。
  自衛隊の人たちがたくさん食事の準備など行っている。
 ・小千谷の小学校では「自衛隊のお兄さんお姉さん」はとっても人気なのだそうだ。
  ごはんを残す子どもに
  「そんなことじゃ自衛隊に入れないわよ!」
  と叱るお母さんがいるんだそうで。
  それだけ、自衛隊の若いお兄さんお姉さんは、
  小千谷の人たちにとって実にまじめに仕事してくれているんだって。
  一晩のうちに、あれだけのテントを張るのはすごいよ、とか。
  要望を出すと翌日には直っていたり、
  ほんとに「自衛隊」の人たちはえらいなあ。

18:00ごろ
 ・小千谷に帰ると、隣のおうちの子ども2人が遊びに来ている。
 ・小千谷の姪のゆきちゃんと3人の子どもがいるわけだが、
  子どもが苦手なおいらは
  みずのを生贄にして、別室に退避。 >みずの すまん。
19:00ごろ
 ・夕食スタート
 ・今回は、めいのゆきちゃんが1ヶ月前に誕生日だったのと、
  隣のおうちのゆうたくんが誕生日だったのと
  みずのが誕生日だ、ということをあわせて、のお食事会。
 ・となりのおうちは、実は全壊していて、ずっと体育館生活を送っていて、
  久し振りに
  大人数で楽しく食事しようという、義理のお姉ちゃんの企画。
  こんなことが得意な人なのだ。
 ・立派なケーキや、三角帽子やクラッカー。
 ・大人は鍋と、子向けにから揚げや焼豚や、
  それはそれは被災地とは思えない立派な食卓。

 ・そうこうするうちに、お父さん、お姉ちゃん、義理のお兄さん、みずの、
  そして後から現れた
  お母さんのかつての教え子で時々手伝いに来てくれる「ようたろう」の5人は、
  ただひたすら酔っ払いへの道をひた走る。
 ・正直に言うと酔っ払いが苦手なおいらは、こどもたち3人と別室に逃げ込んで
  ゲームボーイでスーパーマリオに興じる。

 ・良い時間になったので、お父さんお母さん姪のゆきちゃんは下宿に帰ることに。

  解説~。
  小千谷の実家は傾いているので、住むことができない。
  正確に言うと、住める部屋が2つしかない。
  なので、現在、知り合いの下宿の2階を間借りして、そこで生活をしています。

つづく

ちょっと詳しく書きすぎてるなあ。
読んでて面白いか?これ?
コメント

小千谷を行く! ヒロとみずのの被災地をめぐる冒険②

2004-11-27 16:00:00 | 小千谷のこと
つづき
 ・物置の整理を始めるヒロとみずの。
 ・物置から出てくるもの
  スキー、ブーツ、スキー、スキー、スキー
   っておい、何本スキーしまっときゃ気が済むんだ。
  昔の皿。明治時代のもの多数。
  火鉢、火鉢、火鉢、火鉢、おいいっぱいあるなあ。
  テレビ。壊れたなら捨てようよ。
  じゅうたん、じゅうたん、じゅうたん、じゅうたん。捨てよう、ね。
  古い桐の和箪笥も多数出現。
 ・大切なものは手で降ろし、ゴミのようなものは2回の窓から投げ捨てる。
 ・そうするうちにお昼となる。
12:00ごろ
 ・小千谷の有名な「へぎそば」を食べに「角屋 サンプラザ店」へ。
 ・結構込んでいて、20分ほど寒い店外で待つ。
 ・ひさしぶりの「へぎそば」。美味い。
  「へぎそば」知らない人に少し講釈。
  「へぎそば」は、つなぎに「ふのり」という海藻を使った、小千谷名物そば。
  つるつるした食感とのどごしが特長。
  また、わさびでなく、つゆに七味を入れて食べるのが、第2の特長。
  美味かったでしょ? >みずの
 ・すっかり満腹になり、小千谷の自宅に戻る。
13:00
 ・おなかいっぱいで、少し作業効率が下がってくる。
 ・2日間通して、作業中の休憩では玄関前で暖かく炎をあげる七輪前に集まるのが基本。
  小千谷の人々曰く、この1ヶ月「七輪」がどれだけ助かったか、と。
  暖かいということは、それだけで幸せなんだな、と想像する。
 ・仕事して休憩、また仕事する。という午前中のパターンから
  休憩してちょっと仕事、また休憩。というのが午後のパターン。

そうこうするうちに夕方に。
暗くなったら、このお仕事は終わりなのだ。

つづく。
コメント

小千谷を行く! ヒロとみずのの被災地をめぐる冒険①

2004-11-27 09:30:00 | 小千谷のこと
ども。
金曜の夜から小千谷に行ってきました。
今回は、みずのも拉致しました。
ご報告するでやんす。

11/27(土)
 0:00 川崎発
  ・ノアの後部座席をフラットにし布団を敷き眠る娘2人とカミサンを乗せ出発。
 0:50 みずの邸着
  ・結婚式の写真を渡す。
 1:30 みずの邸出発
 4:00 御代田着。
  ・今回は、カミサンも小千谷入りしたい都合から、
   娘2人を御代田の両親に預けることに。
  ・娘2人は、
   川崎で寝ているうちに、車に乗せられ、
   眠っているうちに御代田の布団に移動され、
   起きると、御代田の両親に会う、
   というなんというかそのかなりごまかされながら預けられることに。
 5:00 御代田発。
  ・途中みずのに運転変わってもらいつつ。新潟を目指す。
 8:30 小千谷着。
  ・さっそく朝食をご馳走になる。
  ・小千谷にはお母さんの友人などから、ぞくぞくと高級食材が届く模様。
   紀伊国屋のパンとか、カニとか。スモークチキンとか。
   普段も食えないものを食ったりするとのこと。
 9:30ごろ
  ・ぼちぼち作業開始。
  ・今回は、物置の2階を一掃することを目的とする。
  ・ちなみにこの2回の物置。
   先週ヒロが来たときには、大正10年の教科書を発見した。

続く。
コメント