イキイキと生きる!

「生き甲斐の心理学」を楽しく学び、悔いのない人生を生きましょう。森裕行のブログです。縄文小説執筆も楽しんでます!

五感で魂を感じる時 (7/10 五感と喜怒哀楽)

2022-05-16 | 第十一章「五感で面白おかしく」

美しいものを観て、美しいと感じるのは何故だろうか。昨日も矢車草のブルーの花を見ながらそう思った。これは哲学的なテーマなようで、自分の肉体を越えた魂とか神仏とか、そういう存在を予感させるテーマでもある。

人間が単なる物理的な有機物から成り立つのはわかるが、それだけに終わらず、生育史からなる心をもった存在。さらに魂(伝統的な魂の定義の一つとして、愛そのものであり死んで身体から離脱する生命体がある)を持った存在とされる方も少なくない。

昨日は久しぶりに娘の家で10年以上飼い続けているワンちゃんにあい、昔は結構あつかいにくかったが、今は老犬となって静かに成されるままというワンちゃんを抱かせてもらった。その温もりを感じつつ、手足の肉球の手触りを感じつつ魂を感じたようである。同じ地球に住む生命に肉体以上の何かを感じるのは不思議でもないようだ。

魂をもつ存在を意識すると、最近はテレビなどで見慣れている戦闘のシーンが本当に嫌になる。もちろんそれは極端なケースかもしれないが、人間を人間として扱わないような伝聞も気になってくる。

今も縄文時代もこうした五感を通しての真善美の不思議さや逆に大きな悲劇は、変わりなくあり続けているのだろう。平和が来てほしい。

7/10 五感と喜怒哀楽

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ <・

応援いつも感謝しています!

 ------------------------------------------------------------

縄文中期の関東・中部地方を中心にした愛と魂の物語です。

「縄文小説 森と海と月 ~五千年前の祖先の愛と魂~」購入方法

1.紙の本の入手については・・・

  四ツ谷サンパウロさんへ 定価(1,500円+税)送料別。

  電話:03-3357-8642(書籍・視聴覚)

    住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-2  

 なお、国会図書館、八王子市図書館には蔵書としておいてます。

2.電子書籍版は定価(1,000円)でアマゾンさんで、

  Kindle unlimitedなどの特典で無料でも読めます。 

     サンプルもあります。

       縄文小説 森と海と月   五千年前の祖先の愛と魂
       森 裕行

    --------------------------------------------------------

 

 


ことばの起源を考えながら五感の世界を考える (6/10 五感と喜怒哀楽)

2022-05-12 | 第十一章「五感で面白おかしく」

2017年に縄文小説第一作を書いたときもそうだったが、縄文時代の事ばっかり調べて思索していると、ワームホールを抜けたように数学や物理学、あるいは語学の世界など一見関係のない世界に飛び込むことがある。

創造力と五感は切ってもきれない関係があるが、特に視覚と聴覚はことばや文字を媒介して多彩な世界をもたらすようだ。面白おかしい真善美の世界ももたらすが、どうしようもない反対の世界ももたらす。

私にとって面白おかしい真善美の世界とは、自己肯定だけでなく他者肯定をも含む世界で、何となく感謝の気持ちが湧く世界だ。自他肯定の傲慢でもなく卑屈でも無い状態をつくるのは結構難しい。少なくとも意識していないと人はすぐ傲慢になったり卑屈になったりする。自戒を込めて思う。そして、自他肯定の世界は自然治癒力を増加させ、危機管理能力を高める。これは自分の経験から断言できる。反対に失敗した事例の積み重ねがあるからかもしれない。

さて言葉のことだが、岡ノ谷一夫先生の御著書「言葉はなぜ生まれたのか」を読んでいたら、動物が言葉を得るための条件の一つに言葉をまねる能力、発声学習があるという。ホモサピエンスは当然できるが、動物で出来る種はかなり限られているようだ。その中でトリは一般にかなり成績が良いそうだ。

先日奥多摩で聞いたウグイスの声も、ある方から言われたが画眉鳥が真似をしていたということもあるようだった。そういえばかなり大きな鳴き声だったようだ。全く違う他者を模倣する言葉の世界。五感を通して真実の命に直結する喜怒哀楽が生まれるが、一方でウソをも含む言葉を発することのできるホモサピエンス。

とはいえ、ちょっと危ない言葉からは文字が生まれ、文学や物理学、数学も生まれる。それは通常に五感から生まれる喜怒哀楽とは異なる喜怒哀楽も生じさせる。真善美に通じる面白おかしい世界も垣間見させてくれる。今、「神の方程式」ミチオ・カク著、斉藤隆央訳(NHK)出版を読んでいるが、暗い星空を観て宇宙が有限の時間でなりたっていることを、エドガー・アラン・ポーが気がついたしているが、そんな喜びというか喜怒哀楽は言葉があるからなのだろう。

とはいえ、例えば縄文土器で料理をつくる縄文人を思い浮かべると、視覚、聴覚だけでなく嗅覚、触覚、味覚まで総動員しての面白おかしい世界を構築しているようで、鍋を囲む人々は現代の面白おかしい世界より自然で強靱、本質的なのではと思ったりもする。

6/10 五感と喜怒哀楽

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ <・

応援いつも感謝しています!

 ------------------------------------------------------------

縄文中期の関東・中部地方を中心にした愛と魂の物語です。

「縄文小説 森と海と月 ~五千年前の祖先の愛と魂~」購入方法

1.紙の本の入手については・・・

  四ツ谷サンパウロさんへ 定価(1,500円+税)送料別。

  電話:03-3357-8642(書籍・視聴覚)

    住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-2  

 なお、国会図書館、八王子市図書館には蔵書としておいてます。

2.電子書籍版は定価(1,000円)でアマゾンさんで、

  Kindle unlimitedなどの特典で無料でも読めます。 

     サンプルもあります。

       縄文小説 森と海と月   五千年前の祖先の愛と魂
       森 裕行

    --------------------------------------------------------


匂いが分からなくなるマスク生活。雨の匂いが世界を変える?(4/10 五感と喜怒哀楽)

2022-05-10 | 第十一章「五感で面白おかしく」

五感の中で嗅覚だけが直接大脳辺縁系に入るという。視覚も聴覚も最初は大脳皮質。このため嗅覚にはプルースト効果というか、過去の思い出を突然思い出したりする特別ない性格があるようだ。

幼いころの実家の裏庭には沈丁花、ドクダミ・・匂いが忘れられない花が咲いていたものだ。それから、今日もそうだったが雨の匂いといった環境を知らせる匂いもある。雨の日は小学校の登下校の時に傘をさすが、それが飛行機の操縦桿のようで、傘をさして妄想して小走りするのが好きだった。なので、雨の日は本来不自由なのだが、どこか楽しいイメージが私の中にはある。

以上は私の場合だが、皆様も同じような匂いへの拘りというか過去を呼び覚ます匂いがあるのだと思う。そして、難しい課題の中で過去や未来にこころが奪われているときに、ふと思いがけず今ここの匂いで違う気分になれることがあるのだろう。雨で嫌だなと思うのは自然だが、雨の匂いでこころの中で自由が生まれるのも私の真実なのだろう。

大げさな表現はどうかとも思うが、雨の匂いで自由さを取り戻すこともあるのだ。

今日は昼過ぎから雨が降ってきた。また五感のことをいろいろ思索していたこともあり、ちょっと外出した。しかし、自分がマスクをしていたため、期待していた雨の匂いがしない。思わずちょっとマスクを外して歩いてしまった。写真はそんな時に畑の隅に咲いていた野の花。雨の匂いはデジタルでは伝わらないので雨の日の花の写真で。

マスクは鬱陶しいとか話し声が変わるとかいろいろ難点があるが、臭覚の問題をあげる人はどうだろうか。

感情生活に大きな影響を与える五感。マスク生活と嗅覚の問題も意識して、生活の質を向上させる努力をしたほうが良いのではないだろうか。特に子供が心配。

5/10 五感と喜怒哀楽

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ <・応援いつも感謝しています!

 ------------------------------------------------------------

縄文中期の関東・中部地方を中心にした愛と魂の物語です。

「縄文小説 森と海と月 ~五千年前の祖先の愛と魂~」購入方法

1.紙の本の入手については・・・

  四ツ谷サンパウロさんへ 定価(1,500円+税)送料別。

  電話:03-3357-8642(書籍・視聴覚)

    住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-2  

 なお、国会図書館、八王子市図書館には蔵書としておいてます。

2.電子書籍版は定価(1,000円)でアマゾンさんで、

  Kindle unlimitedなどの特典で無料でも読めます。 

     サンプルもあります。

       縄文小説 森と海と月   五千年前の祖先の愛と魂
       森 裕行

    --------------------------------------------------------


立夏に上野に眼の保養に・・・美術館や博物館で観る (4/10 五感と喜怒哀楽)

2022-05-07 | 第十一章「五感で面白おかしく」

ホモサピエンスの視覚は他の動植物と比較すると決して優れたものではない。ミツバチのように4原色を感知できず3原色しかできないのは、哺乳類として長い期間夜の生活をしすぎたのかもしれない。

脊椎動物としても本来あった頭頂眼も退化し、カナヘビやヤツメウナギのように三つめの眼があるわけではない。まあ、松果体としてホルモンを司る機能は残っているけど。

しかし、この視覚。現代においては科学技術のお陰で、デジタル化の恩恵もたくさんあり視覚によって、表面的には多くの恩恵を受けているようだ。

視覚で美しい数式を見たり、古典を読んだり、そして絵画や彫刻の美に触れたり、はたまた何千前の祖先の芸術に触れる。そんなことを考えていたら、この連休に急に上野に行きたくなった。

「生き甲斐の心理学」をU先生から学ぶようになってからは、美術館や博物館ではなるべく説明書きを見ず、こころに響くものに集中するようになった。見ることで湧き起こる喜怒哀楽を楽しむことでもあろう。

国立西洋美樹館は実に久しぶりだった。多分30年ぶりとか。特に常設展をじっくり見ることは今まで余りなかったかもしれない。今年はウクライナやコロナなどのこともあり、私自身はクリスチャンであるため復活祭を迎えるにあたり十字架の道行きなどに関心をもったこともあり、西洋博物館のキリスト教関係の美術に足がとまった。今まで素通りしていたものが前景になる。少し大人になったようだ。

縄文関係では石棒や土偶に眼がとまる。デフォルメされた作品を見ていると、大木が生い茂る縄文の森を思わずイメージしてしまう。写真は奥多摩で観た大木。

磨製石器で直径10センチ程度の木は簡単に切り倒せた縄文人も、直径が1mを越えるような大木が生い茂る森を見てどのような感情が湧き起こったのだろうか。現代の日本で森や大木に対する畏れ、自然や神仏に対する畏れを味わう機会は少なくなっている。

 

4/10 五感と喜怒哀楽

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ <・応援いつも感謝しています!

 ------------------------------------------------------------

縄文中期の関東・中部地方を中心にした愛と魂の物語です。

「縄文小説 森と海と月 ~五千年前の祖先の愛と魂~」購入方法

1.紙の本の入手については・・・

  四ツ谷サンパウロさんへ 定価(1,500円+税)送料別。

  電話:03-3357-8642(書籍・視聴覚)

    住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-2  

 なお、国会図書館、八王子市図書館には蔵書としておいてます。

2.電子書籍版は定価(1,000円)でアマゾンさんで、

  Kindle unlimitedなどの特典で無料でも読めます。 

     サンプルもあります。

       縄文小説 森と海と月   五千年前の祖先の愛と魂
       森 裕行

    --------------------------------------------------------


文字のない縄文時代、さらに言葉のない時代へ (3/10 五感と喜怒哀楽)

2022-05-04 | 第十一章「五感で面白おかしく」

縄文小説を2017年に書いてから文字や言葉についてさらに関心を持つようになった。勿論20年前に「生き甲斐の心理学」を学び初めてから、言語療法としてのカウンセリングも学んできているので、それなりに関心はあった。

縄文時代は無文字文化である。私達は文字を持つことで持たない文化より進歩したと学んで来たように思う。しかし中島敦の文字禍を読んだりしてから、人にとって文字を持つことには良い面もあるが悪い面もあったことを確信した。

さらに、最近はアイヌの女性が、本音で言葉を使うと悪い神様が悪さをする・・といったようなテレビで発言をされていたことを契機に、言葉のもつ危うさについても気になるようになった。

昨日は奥多摩に仲間達と散策をした。都会の喧噪も静かなバックグラウンドミュージックもない空間。

知人と小鳥さえ鳴かないのかしらと話し合っていると、突然ウグイスが鳴き出した。聴いていると何かウグイスも練習しているようだった。人は言葉を話す前は歌っていたとある文学者が言われていたが、そうだったかもしれない。

ホモサピエンスに言語を司る遺伝子が誕生したのはホモサピエンスが誕生した20万年まえごろだったようだ。リンゴ(果実)を食べたのは言葉を得た隠喩だったかもしれない。言葉は五感や喜怒哀楽と一線を画す。言葉はある認識を得る道具として素晴らしい働きをするが同時に嘘もつく。嘘というのは極端かもしれないが。そして詩や小説の道具として、私達の五感や喜怒哀楽のさらに奥にある何かを伝える芸術となったのだろう。

3/10 五感と喜怒哀楽

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ <・応援いつも感謝しています!

 ------------------------------------------------------------

縄文中期の関東・中部地方を中心にした愛と魂の物語です。

「縄文小説 森と海と月 ~五千年前の祖先の愛と魂~」購入方法

1.紙の本の入手については・・・

  四ツ谷サンパウロさんへ 定価(1,500円+税)送料別。

  電話:03-3357-8642(書籍・視聴覚)

    住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-2  

 なお、国会図書館、八王子市図書館には蔵書としておいてます。

2.電子書籍版は定価(1,000円)でアマゾンさんで、

  Kindle unlimitedなどの特典で無料でも読めます。 

     サンプルもあります。

       縄文小説 森と海と月   五千年前の祖先の愛と魂
       森 裕行

    --------------------------------------------------------