ほんま日記
~ 2 n d E d i t i o n ~
 



こんばんは。
近畿地方は、昨日梅雨入りしまして、
なんともジメジメした、
いかにも梅雨な日々を送っております。
だいたい1年前にできた、
雨の曲がフェードインしてきたりする今日このごろ。

ライブスケジュールをダダッと更新です。
6月はなんといってもバンドスタイルでのライブ。
そして7月は東京にも歌いに行きます。
ひじょうにもりだくさんなスケジュールとなっております。
どのライブも、ちがったあじわいがあると思います。
ぜひぜひおこしください。

■6月5日(水)@京都・四条大宮Rooter×2『アコースティック弾き語りLIVE』
 <開場・開演> 19:00 / 19:30
 <チケット> 当日¥1,500-(別途1ドリンク¥500-)
 <出演時間> 19:30~(1番目/4組中)
 <共演> あるまじろう(名古屋)/ MDY(浜松)/ 伊香吉人

◎チケットの予約・お問い合わせは info@hiroyukihomma.com まで。
 Twitter とか Facebook でも受け付けています。
 お待ちしております。



そして、これ以降のライブスケジュールも。

■6月21日(金)兵庫・神戸ART HOUSE 『上昇気流』
 open18:00 / start18:30 1,500円 / 1,800円(別途1ドリンク300円)
  Co shu Nie / TAKE COVER / スモールライト / 今後ぎつね
 ※この日は「本間裕之バンド」で出演!!
  メンバー:荒谷哲之(Key.)、篠原雄飛(Ba.)、登丸勇己(Dr.)

■7月5日(金)東京・渋谷HOME
 詳細未定。

■7月13日(土)兵庫・神戸ART HOUSE 『Tonight is the NAITO』
 open17:30 / start18:00 Ticket:1,700円(別途1ドリンク300円)※内藤さんは入場無料!
  Amicable Number / 金木和也 / シエラ・レオネ / 高木誠司 / 松浦大樹(スロウ)/ 宮城裕次とラックラスター
 ※この日は「シエラ・レオネ」でギターを弾きます。

■7月17日(水)京都・四条大宮Rooter×2
 詳細未定。

◎チケットの予約・お問い合わせは info@hiroyukihomma.com まで。
 Twitter とか Facebook でも受け付けています。
 お待ちしております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Twitterでも書きましたが、

”ライブだ~ん で、帰ってきていまここなんですが、
 ほんとにいい夜になりました。
 見て、聞いて、お話ししてくださったみなみなさま、
 ありがとうございました。
 ライブのたんびに
 いろいろな発見があり(課題も、もちろん含む)、
 エキサイトしてます。
 とは言え明日は早いので寝ます。おやすみニッポン。”

「とは言え」ってのが、
ここ最近のマイ・ブームなワードなんですが、
自分が頭の中でかんがえを巡らせているときに、
「とは言え」ってのが、静かな水面に投じる一石のような
役割を果たして、かんがえに幅が出るのです。

自分のなかで、たとえば、
「ギターが好きなんだよな~‥‥とは言え、○○」
のようなかたちになって、非常に有益と申しますか、
この例えだけでは、わかりにくさが
最大値を示すような状況ではありますが、
白も黒も自分のなかで準備したうえで、
どっちのかんがえを選択するか?
みたいなことができるように思います。

とは言え、これは書きたかった話題から
大幅にそれているのでありまして、
書きたかったことをズバッと申しますと、
いままでは自分の練習の模様を「.mp3」で録って、
プレイバック(聞き直し)して、
ああだこうだとかんがえを練っていたのですが、
間違いなく「.wav」で録ったほうがいいのです。

「なにをいまさら」と、声が飛んできそうではありますが、
ここは自分が怠けていたなってところがあるので、
反省の意味を込めて書くのですが、
まず、リズムのキレといいますか、精度といいますか、
が、格段に違います。
それはもう、音質だったり、ピッチとか。
たとえば3万円のギターで練習するのと、
30万円のギターで練習することは、全然違います。

いいギターってのは、「うまさ」も「ヘタさ」も、
正直にアウトプットしてくれます。
そして、悪いギターってのは、「うまさ」も「ヘタさ」も
曖昧で、ボケたものになっていまいます。

これ、もう言葉を置き換えたら、
言いたいことが伝わってくれると信じてますが、
ほんとうに最近、「しまったな」と思っています。

とは言え、今日のライブとは
関係あるようでないような感じの話ではありますが、
この話題は書いておきたかったのと、
ノドの不調(負傷?)も快方にむかってるということで、
ぐっすり・すやすやと眠りにつきたいと思います。ぐんない。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




タイトルにもありますように、わたくしのブログ、
「ほんま日記」が、本日をもちまして、
3000日を迎えました(パチパチ)。

ブログの編集ページを開くと、
「ブログの開設から○○日」って表示が出るんですが、
なんとなく、「あ~、もう3000日になるんか~」
なんてことを思ってたんですが、せっかくの機会なんで、
思うことを書いてみようと思いまして。

3000日ってどんなもんなんでしょうか。
ざっと365で割ってみたら、8年とちょっと。

え?

あー、そんなにもですか。

数字というものは、意識していても、
意識していなくても、重なっていってしまうものだから、
なんとも怖いものだと思いました。
(いや、ほんとにビックリしてます。)

8年前の自分がこの文章を読んだら、
なにを思って、なんていうんでしょう。
8年前からなんにも変わってない‥‥わけではないと思うし、
普段は「進歩」とか「成長」なんて言葉を
毛嫌いするぐらいの人間なのですが、
ちょっとぐらいはそういうのを認めてもいいような、
そうでもないような、複雑な気持ちであります。
ま、ちょっとは文章を意識するようになったし、
文章に親しめるようにはなったのかなと思います。

あと、個人的に弾き語りをはじめたのは、
けっこう大きいかなと思います。
今年の7月で、活動をはじめて1年になりますが、
8年前の自分に「おもろいぞ」って言ってやりたい(笑)

振り返ってみれば、友人の影響で、
なんとなくはじめてみた、この「ほんま日記」。
連日続いたかと思いきや、
パッタリと月に一回しか書かなかったり、
なんとも移ろいやすい日記(ブログ)ではございますが、
やっぱりどこかに、読んでくれている人の存在を
感じることができたから続けてこれたんだなと思っています。

ページを開いて、読んでもらって‥‥
この、いわゆるインターネット社会というやつでは
当たり前のようにも思えるんですが、
それって、「これを読みたい」とか、「読んでやるか~」とか、
「ついつい」とか、あると思うんですが、
なにかしらの、小さな小さな動機がないと、
このページって開かないですよね。
そんなことを思うと、感謝の気持ちも、二割増しというか。

インターネットって、言葉の洪水みたいなもんで、
あっという間に発信できて、そして読まれて、
あっという間に忘れ去られてしまうこともあります。
けど、わりと半永久的に残ることもあるし、
どこかの誰かが、過去の自分の書いた文章に、
なにか、心がひっかかることがあって、
少しでも、なにか思うところがあって、
心の肥やしになってくれたりなんかした日には、
(また、それをこちら側に伝えることがなくても、)
とても嬉しいことだと思うのです。
それが続いてる理由なのかもしれないと思っています。

気がつけば、長~い、いつもどおりの
たいしたことのない文章になってしまいましたが、
こんなところまで読んでいただいてありがとうございます。

これからも、たいしたことは書きませんが(笑)
読んでいただいてる方には、ほんとうに感謝しています。
ありがとうございます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは~。

先日、USTREAMでおこなった(放送した)、
『本間裕之の”ゆる”ストリーム ~だいたい40曲、ほぼ☆5時間~』
ごらんいただき、ありがとうございました。

あっというまに過ぎ去った時間だったんですが、
実りのあるものになったのではないかと思っています。
準備にかんして、ああすればよかったなぁとか、
本番の進行が、やはり、「ゆる」だったなとか、
思い返してみると、いろいろと渦巻いているんですが、
やってよかったなあと思っています。
USTREAMでの「生放送」ってのは、
おもしろいコンテンツだと思っていて、
今後も続けていきたく思っていますので、
次回放送のときとか、見てくださいね。
ま、5時間とかは、たぶん、やりません(笑)
もっと、気軽な、なにかを。

そして、間髪入れずに、ライブがあります。
5月10日(金)京都・四条大宮Rooter×2 にて、です。
5月のライブはこれで最後なんですが、
非常に気合いの入った1日になっていますし、
個人的にも、なんか節目を感じるような、
集大成的なライブになるような感じがしています。
この日は”ゆる”ストリームでもたいへん活躍した、
キーボードの荒谷氏といっしょにやります。
ぜひぜひ、お越しくださいね。

■5月10日(金)@京都・四条大宮Rooter×2『うた金』
 <開場・開演> 19:00 / 19:30
 <チケット> 前売り¥2,000- 当日¥2,500-(別途1ドリンク¥500-)
 <出演時間> 20:40~(3番目/4組中)
 <共演> 野辺 剛正(東京)/ 中村和希 / 橋村恭平

◎チケットの予約・お問い合わせは info@hiroyukihomma.com まで。
 Twitter とか Facebook でも受け付けています。
 お待ちしております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月5日(日・祝)16:00から、USTREAMで放送が予定されております、
本間裕之の”ゆる”ストリーム ~だいたい40曲、ほぼ☆5時間~
のタイムテーブルの発表で~す。

PCはもちろんのこと、スマホとかでも見れますんで、
ぜひぜひアクセス☆してくださいね。


・16:00~【開会宣言】

・16:05~【オープニングGIG】

・16:40~【洋楽コーナー ~我々はこうして創られた~】

・17:00~【本間裕之、ひとりで弾きます歌います】

・17:40~【ゲーム音楽のしらべ ~主にファイナルファンタジーVIより~】

・18:15~【ぐだぐだゾーン ~ツレんちにいるような感じ~】

・19:00~【本間裕之 vs 荒谷哲之 with GUEST】


こんな感じで予定してます。
やはり、わたしのTwitterの情報が、
もっとも早いと思われますので、
こちらでチェックしてみてください。

おそらく、機材のセッティングが終わったら、
だらだら放送は開始してると思うので、
10分前くらいは、カタい!

こういうはじめてのことがいっぱいで、
準備がスムーズにいかず、なかなかやきもきしましたが、
やはり、宣伝不足な感じは否めません。
ご覧いただき、ちょっとでも
「おもしろいなあ」なんて思っていただけたら、
インターネット秘技の「拡散」なんかをしていただけると、
たいへんうれしいです。

が!なにより、ただ、見てもらえたら、
それだけでうれしいのです。
ぜひ、見てくださいね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




どうもこんばんは。

今日は5月5日のUSTREAM放送についての打ち合わせを、
ピアノの荒谷君とやってきました。
(※天一を食べるのも含まれるんだぞ。)

この企画は、3月の上旬くらいから、おおまかな流れとか、
コンセプトとかの話し合いを重ねてきて、
なかなかしっくりこないままここまで来て、
さっき、ようやく、「しっくり」きました。
けど、本番はこれからなんで、気を抜いてはおられません。
なんせ、のべ40曲ほどやるので。
とりあえず、いまのところ思っているのは、
今年いちばんのチャレンジとなるでしょう。

そして、タイトルは、
本間裕之の”ゆる”ストリーム ~だいたい40曲、ほぼ☆5時間~
というので、正式決定!!!(‥‥なのです。)

また、5時間という長丁場ということで、
すべて見ていただけたならなんと嬉しいことでしょう!
が、この世知辛い現代社会。
おおまかな「めやす」の時間帯も、
また、発表しますので、そちらを見て、
どうぞ、見たいコーナーだけ見てくださいね。

たとえば、16:00~【オープニングGIG】といった感じです。
16:40~【洋楽コーナー ~サブタイトル~】、
17:40~【ゲーム音楽のしらべ‥‥】のように。
ちなみに、正式な予定時間なので、
気になる方は手帳にメモってね。
あと、ちょっと「重大な発表」も企んでいます

ちょっとだけ見て、数時間後に
「まだやっとるんかい」って見る‥‥とか、
すーーーと素通り‥‥とか、
ずーーーと5時間、画面に張り付く‥‥(うれしい)。
あたりまえなんですが、見る人の自由なんで、
たのしく見ていただけたら、これ以上のことはないです。
けど、コメントとかいただけたら、それ以上ですよね。

『本間裕之の”ゆる”ストリーム ~だいたい40曲、ほぼ☆5時間~』
は、5月5日(日・祝)16:00~スタートです。
よろしくおねがいします。見てね。

で、そのまえに、5月最初のライブは3日、
神戸ART HOUSEでやります。
この日は、ART HOUSEのアコースティックなイベント、
『歌心シンポジウム』です。

ゴールデンウィークの後半戦ですが、
彩りあふれるライブをお届けできればと。
ぜひ、おこしくださいませ。

■5月3日(金)@神戸ART HOUSE『歌心シンポジウム』
 <開場・開演> 18:00 / 18:30
 <チケット> 前売り¥1,500- / 当日¥1,800-(別途1ドリンク¥300-)
 <出演時間> 20:30~(5番目/6組中)
 <共演> 木下ジージョ / GOH ROCK / Pied-Piper / 高尾昌孝 / 竹田隼輔

◎チケットの予約・お問い合わせは info@hiroyukihomma.com まで。
 Twitter とか Facebook でもいけます。
 お待ちしております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )