ほんま日記
~ 2 n d E d i t i o n ~
 



さてさて、しばらくぶりなんですけども、
1か月はあいてしまいました。。
それでも、これまでの流れよりは
マシになっているので良しとしましょう。

〜スコーンについて②〜 ということで、
前回に引き続き、なぜ、自分はチョコチップスコーンが好きなのか、
ということを考えた話であります。


私がスコーンを好きな理由‥‥
それを一言で表してみると、「異物感」ではないかと。


さっくりとしたビスケット生地とともに、
ほろりと口の中でくだけて溶けるチョコレートの舌ざわり、
そしてそれらが織り成すハーモニーというのがですね、
「いとをかし」なんじゃないかと、そんなことを思うわけであります。

“異物感、しかし調和している”とでも言いましょうか。

で、他の食べ物で例えていうなら「いくらの軍艦巻き」ではないかと。
しっとりとした磯の香りが広がる海苔に包まれつつ、
ふっくらとした酢飯感、そしてはじけるようないくらと醤油の風味…
みたいな感じなわけでございますよ。

まあ、私は、いくらの軍艦巻きが好きなんですけども、
それの甘い版とまではいかなくとも、
そんなことを思った次第であります。

そしてその異物感のハーモニーを良しとする国民性というか、
そのようなものがあるとすれば、
文字を持たなかった日本人のご先祖様がいたとして、
そこに漢字がやってきて、伝承(口伝)を漢字で残したと(古事記など)。

で、その中から仮名を発明した、先人の皆々様。
しかも自分たちの発明を「仮」の「名」としたと(「平」と「片」がありますが)。
そのような道を先人は選んできたわけです。

さらにそこから、日本語に置き換えることのできない、
またはしにくい外来語についても片仮名で表現しながら、
半ば強引にも、それでも調和を図りながら
生活を営んできているのは、まさに私たちの生活文化であると。

それもまた、異物感と共存していることに
他ならないのではないかと。

そういったところを、スコーンを食べたり、
考えたりする中で思うのでありました。

まぁまぁ、最後の方はやや強引が過ぎたように思いますが、
それもまた愛嬌ということで、ご笑納くださいませ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近のコーヒーの“あて”といえば、
もっぱら「スコーン」でありまして、
「スコーン スコーン 湖池屋スコーン♪」
などといったイメージが想起されるような方は、
結構、年齢層が上になるのかどうなのか。

そしてまた若い人は、湖池屋スコーンのCMを
知っているのかどうか。
(ちなみにここでは「若い」とかそういうところの
 具体的な幅についての明言は避ける)

現在、CMでやっているかどうかは知らないんですが、
あんまりテレビを見ない本間のお送りするほんま日記です。

で、今まさに話題にしたいと思っている
「スコーン」というやつは、あの、三角形の、
パンの固い版というか、ビスケットのような、
そんな感じのやつであります。
(これでイメージが伝わるのか)

そうそう、あのビスケット生地の感じなんですが、
ケンタッキーフライドチキンにもありますね、
「ビスケット」って商品が。
そうそう、メープルシロップをかけるやつです。
私はあれも好きで、あの「ビスケット」で
メープルシロップのおいしさを知った‥‥
といっても過言ではないでしょう。

んでまぁ再び「スコーン」に話を戻してですね、
結論から申し上げると、私は、
「チョコチップスコーン」が大好きなわけであります。

なんというか、料理で卵黄を使った後に残った
卵白の使い道に困ったときにネットで調べて
それを使ってスコーンを作るぐらいには好きです。

で、もっぱら
「コーヒーの“あて”」はすなわち「スコーン」で、
「スコーン」といえば「チョコチップスコーン」
という図式が、私の中で構築されているわけであります。
(これくらい「スコーン」という単語を繰り返すと、
 冒頭のメロディーが流れてきませんか‥‥)

もはや、私にとっては、プレーンのスコーンとか
なんやいろいろ入っているスコーンとかありますけども、
そんなものは枝葉でしかないわけです。

チョコチップスコーンこそが、まさに王道であり、
スコーン界における幹とか根幹にあるものである‥‥
そんなことを、声を大にして訴えたいのであります。

でまぁ、スターバックスのスコーンなんかは
チョコチップのサイズがでかいですね。
イメージでいくと、1cm角ぐらいあるんではないか。
しかも、ゴロゴロ入っています。

なんというか、もう、“チョコレート”が入ってるんで、
チョコレートとチョコチップの境界線はどこにあるのか。
個々人の情緒的な判断で決めてしまっていいものか。
具体的に、どのサイズ感からチョコチップとするのか、
国際基準でも設けた方がいいんじゃないかとさえ思います。

あとは、チョコチップがスコーン全体の何%を占めるのか、
そういった点も、ぜひ表示を義務化を願いたい。
そういった点を比べていると、たのしいじゃないですか。
ただ、それだけの理由ですが。

森永のチョコチップクッキーが20%くらいでしたっけか。
そういう数値的な比較ができると、
食べる体験というものが立体的になりませんか。

で、わりとよく食べるのがセブンイレブンのそれです。
このチョコチップも5~6mm角くらいはあるでしょうか。
いずれにせよ、チョコチップのゴロゴロ感がとてもよい。
平安時代でいうと「いとをかし」でありましょうか。

それにしても、なぜ、チョコチップスコーン
が好きなのかどうか、ちょいと考えてみたんですけども、
そのへんはまた次回‥‥ということにしておきます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3年以上の沈黙を経てほんま日記を書くんですが、
あんまりそんなことをいいだすと重たくなりますね。

で、ブログの更新画面を見るとリニューアルされてるし、
それよりもなによりも驚いたのが、
ブログの開設から5232日経っているとのこと。

そう、ほんま日記は、
開設から10年以上も経っているのです。

ここで計算機を取り出して5232÷365‥‥
とかいうことはやらないようにします(やったんですが)。

従来は、もっと軽い感じで
つらつらと書いてたんですけども。

まあ、そんなことを「つらつら」と書き出すと、
吉田兼好(徒然草)を思い出しますね。

日本で住む場所を選ぶ(住宅を建てる?)ときは
夏の暑さをしのげることこそが重要だ、
みたいなことが書かれています、たしか。(超・意訳)

それでもやはり冬の寒さは堪えますので、
窓は二重の方がいいんじゃないかとも思います。

ここ最近は、日中は暑くても
朝は涼しい日々が続いてますので、
わりと朝に本を読むとかしているんですが、
そこにコーヒーをいれるなども組み合わせて、
なんとか充実した日々をひねりだそうとするのでした。

とまぁ、これくらいの分量で終わりましょう。
あんまり負荷はかけないようにするのが吉でしょう。

こんなことを書くと、また続けるんかいとか
そういう話にもなりますが、まあまあ、よいではないか。
気楽につらつらとやりたいじゃないですか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日も en のことについて書きましたが、
しかしまぁ、こうやってみんなで
音楽をつくりあげるのは、たのしいもんです。
今日はバレンタインデーですね。

このバンド結成のいきさつとしましては、
雄飛さんが「インストバンドやりたいね〜」って構想があって、
それに私も混ぜてもらって〜って感じで、
ここまでのかたちになりました(パチパチ)。
すばらしきリーダーシップと人望、そして行動力。

で、このプロジェクトは固定メンバーではなくて、
入れ替わり立ち替わりでやっていけたら〜
ってな話をしてますんで、興味ある方は、
ぜひとも参加してくださいね。

今回は2曲UPしてまして、toki [time] って曲があるんですが、
この曲のモチーフとなるコード進行は、
一昨年の末くらいに書いてたみたいでして、
それはそれは、なんとも長い道のりでした。
けっこうユニークなコード進行だと思います。
それを感じさせない美しい仕上がり(自画自賛)…。

次回は、そんな悠長につくってられないでしょうし、
手早くできたらなと思っておりんす。

思い返せば、去年は、弾き語りの方では、
歌のある曲はできておらずで(汗)
エレクトリックバンドでやる際の
インスト曲が3曲ぐらいあったくらいか…。
それもいい曲なんですが、どこかで出せれば…。

そんなわけで、去年は、
インスト曲に力を入れてた年ということにして、
今年はどんな年にしましょうね。。。
って話をしてる時点が、時既に遅し(笑)

まあまあ、そんなところがほんま日記ってことで、
ご容赦くださいね。
今日は3曲作りましたし(インスト)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あけましておめでとうございます。ほんま日記です。
(※2016年になって、1回も更新していないことに気づく…。)

2月7日は、旧暦のお正月ということもあって、
だいたい新年な感じもあるんで、ご了承ください。
(※2月7日は、けっこう春を感じた一日でした。)

そんなこんなで、インストのバンドをはじめました。
というか、ようやくお知らせできるタイミングになったので、
ここでもバーンとお知らせしたい!という感じです。

「en」っていうバンドです。
ホームページも、ありんす。

メンバーは8人おりまして、管楽器が3本、
パーカッションもいたりして、華やかな感じです。

大所帯のバンドをやるのは、初めてではないんですが、
管のラインを書いたり、アンサンブルを練り上げていくのは、
非常にチャレンジングで、たのしいものです。
みんなのアイデアのやりとりも、刺激的です。

なかなか全員がそろってスタジオに入れることはなくて、
少しずつつくりあげていく感じになりますよね。
で、録音と録画については、動画を見てもらったら
分かるかと思うんですが、一発録りです。

当日は、ハンパない緊張感の中で、
作業が進んでいったのでした。。。

曲については、2曲あるんですが、
どっちの曲もよろしいです。ぜひ聴いてね!

【#1】shippuudotou [Sturm and Drang]
 https://youtu.be/xBrZMAmTS2o
【#2】toki [time]
 https://youtu.be/WFub4d03bNo

お気に召した方(も、そうでない方も)、拡散しまくってくださいね。
よろしくお願いしま〜す!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10月も、終わりますね。
なんか、少し、ものさびしい感じにもなるわけですね。
そんなほんま日記なんですけどね。

ワタクシ、ボールペンについては、
ジェットストリームを愛用しているのですが、
太さは、0.7ミリが、たいへん、よい。

黒・赤・青の3色タイプ(多機能タイプっていうのか?)
を使っておるんですけども、
①家用、②カバン常駐用、③手帳常駐用を控えておりんす。

何度か無くしたこともありますが、
それでも同じものを買うわけですね。
たぶん、3本めくらいかしらん。

そして、私の愛用しているほぼ日手帳のオマケでも、
ジェットストリームが付いてくるんですが、
それの太さは0.5ミリなんですね。
先ほどの、所持しているものでいうと、
①と③が、0.5ミリでありんす。

で、なんといいますか、インクが無くなるのを待てずに、
実験的に、その①と③のペンまでも、
替芯を購入して0.7ミリに交換してみたのですが、
0.5ミリで使ってたやつは、
それ相応の書きグセが付いているのか、先入観なのか、
なんか、0.7ミリが太く感じられたのでした。

※余談ですが、大阪の東急ハンズでは、
 0.7ミリの替芯が一番売れておりました。
 ディスプレイ展開してある場所には、無かった…。
 0.7ミリ、人気があるんですね。

で、話を戻しまして、0.7ミリに変えてみて
思ったのが、0.65とか、0.6とか、
そんな太さのラインナップとか、いかがでしょうかね。
いっぺん、そんな太さのがあれば、ぜひとも、
試してみたいものだなあと思ったわけです。

いや、ピックの太さにもいろいろあるじゃないですか。
そんなイメージで、もう少し幅を持たせてはどうかと。
そんなどうでもよい話なのでした。

いや、無くなる前のペンの芯については、
予備として持ち歩くことで、
インク切れは怖くなくなりますね。

そんな感じ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。
日に日に秋が深まっていることを
実感している朝なのですが、みなさんはいかがでしょうか。

ほんま日記を書くのは、ひさびさやっていう…。
①気分は11月に入ってるんで、3か月ほどあいている気分。
②だいたい、ライブスケジュールを書いてばっかだ。
③それでも、毎日、それなりのアクセスがあるもんで、
 恐縮しています。ありがとうございます。

とりあえず、まあ、お久しぶりのほんま日記です。
わたしは、元気です。

そしておもむろに、ライブスケジュールを以下に。

◎11月3日 (火・祝) 神戸・三宮 ART HOUSE『歌心シンポジウム』
 open18:00 / start18:30 前売¥1,500- / 当日\2,000-(別途1ドリンク¥300-)
 w/ Coe / 清兵衛 / 下元皓午[Planet Diary] / 松中シゲキ[Glowing Clouds]

◎11月18日 (水) 京都・四条大宮 Rooter×2 —7th Anniversary『侃々諤々』
 open18:30 / start19:00 前売¥2,000- / 当日\2,500-(別途1ドリンク¥600-)
 w/ チャー絆 / 小川洋平 / ミカズキン / 谷澤亮太 / いまもとくん
  
●11月28日(土)大阪・鶴橋 Section3

●12月13日(日)兵庫・尼崎 Tora

●12月20日(日)大阪・門真 PsCAFE

詳細については、後日アップしますんで、
お楽しみによろしくお願いします。

ほんま日記ってどんなんやったっけ?
のような思いで、かつてのほんま日記を見返すまでもなく、
なんといいますか、フリーフォームな感じがほんま日記でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





4月も2日になりまして、
新生活がはじまった方も、
そうでない方もいらっしゃるとは思いますが、
なんとなーく、気持ちが新たになるようなところは
あるんじゃないですか。

わたくし、昨日はSECTION3さんでライブでして、
2周年の記念日ということで、
居心地のいいあったかい雰囲気の中、
えい感じでライブができました。

店長の加瀬さんと話をしてたんですが、
お店が(店長が?)3年目に突入ということで、
いろいろな話をしてまして、
わたくしも背筋が伸びる思いでございました。

上の写真は、京都は天神川沿いの桜並木。
自転車で走ると、頭がぶつかりそうなんですが、
そんな近い距離で風になるのは、えいもんです(笑)

昨日、写真を撮りましたが、もう満開なんですか!?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




そういうわけで、どうにもこうにも
毎日続かない様子はあるんですけども、
まぁ、無理やりにでも毎日分埋めてやろう
ってな気概になっておりますが、
まぁ、誰も気にしてないでしょうってことです。

「ほんま日記」とじぶんを振り返ってみたときに、
緊張の糸が切れてしまうと、
まぁ〜、書きませんわ(笑)
それでも、1週間くらいのペースで、
気分的にわたわたしてくるんで、
今日のこのタイミングで、
どっさりアップしようかと思っています。
昨日は写真が豊作やったんで。
日付けがぐちゃぐちゃになってしまうんですが、
それはまぁ、気にしないでください(笑)

で、ワタクシの最近の動向としては、
盆栽(黒松)栽培キットの種を蒔いたことでしょうか。
2年くらい放置やったんですが、
ようやくタイミングが合いまして。

種を蒔いた日は新月くらいのタイミングやったし、
説明書に書いてある内容によると、
これくらいの時期が適切だとも書いてあったんで、
芽が出るのがほんとうに待ち遠しい限りでありんす。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いろいろ落ち着いた…と思っていた矢先…

(※しかも、こんなことを書いてたら、
  周りに怒られそうである。)

なんやかんやで、やることはたくさん、ありんす。

一息つけるのは、つかの間であります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一気に更新がパタリと途絶えてしまい、
私の消息を不安視する声が
あちらこちらから聞こえてくることもなく、
わたしは元気です。

パタリと更新が途絶えてしまう理由は明らかなんですが、
そんなことをつらつら書いてもどうしようもないんですが、
まぁーーー、忙しい日々が続いて、
頭の中をもたげている事案が大きくなると、
それまでに頭の中を泳がせていたことは、
どこか遠くの深い世界へ行ってしまうようです。

しかしまぁ、だいぶスッキリしましたんで、
今日からまた、はじめます。
よろしくですー。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




無印のブロックメモが最強です。

真っ白じゃないところもポイントでありんす。

1フレーズ思いついて、バリバリ書けます。

イラストとかがあると、なんか気になるんで、
無地が好きですよ。

で、これを買って気づいたことですが、
1辺が10cmってのも、かなり有用な気がします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近、アコギを弾く時は、
1音下げチューニングにチューニングして、
それなりに普段の練習をしてから、
改めて半音下げチューニング、
で、レギュラーチューニング…
みたいな感じで、
弦のチューニングを半音ずつ上げて練習しています。

(※アコギを弾き終わったら弦を緩めているんですが、
  いろいろと思うところがありまして。)

お察しの通り、弦のテンションは
ゆるゆるではございますが。

アコギのネックにとって、
いきなりレギュラーチューニングの負荷をかけるよりかは、
段階を経て負荷をかけるほうがいいような気がしたもんで、
これは精神衛生上にもいいかと思うし、
いろいろ考えることもできるだろうということです。

あと、1音下げチューニングは、
Beatles のYesterday のチューニングであるというのもある。
これは、とても、ある。

結論としては、ダウンチューニングってのは、
仮に「弦の色気」ってのがあるとしたときに、
それがとても出るような気がするんですね。

その感触をもって、
レギュラーチューニングでも表現できると、
なんかいいような気がする…んですけども、
いかがでしょうかねぇ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日の京都市内は雨模様やったんですが、
それでも「どれくらいチャリに乗ったら嫌になるか」を
試すべく、雨の日のサイクリングにでかけたわけです。

で、

5分も経たぬうちに嫌になった…。

しかし、それでもせっかく出たんで、
イヤイヤながらも、
のべ1時間以上はこいでたんではないでしょうか…。

そしてフラフラ。
お気に入りのカフェー。
そこでコーヒー豆(いつものが品切れ…)。

まぁ、それでも、部屋にこもっているよりかは
気分は晴れるような気がします。
雨模様ですが…。

あとは料理を作って、ひとり舌鼓を打つ…。
レアチーズケーキも作ったんで、
今日買ったコーヒーと愉しもう…。

ほんとーに、ただの日記でありんす。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「春眠暁を覚えず」って言葉を、
これから何回書くことやらってことを思っております。

毎日が、とても、眠いです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ