ほんま日記
~ 2 n d E d i t i o n ~
 



おはようございま~す。

いきなりですが、写真は昨晩作ったパッチケーブルです。大量に頼まれてたのですが、一気にやってしまいました。こういうのは集中して一気に仕上げた方が、いいものができると思います。こまめに作りためるのもいいのかもしれませんが、自分には合わないようで。

ただ、まとまった時間が必要なので、なかなか手が出せずにいたわけです。で、作った数が16本。当分シールドの類はやりたくありません。

なかなかクオリティの高いものができたと自負しております。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




どうやら最近はハンダ熱が上がってきてるみたいです。
ほぼ毎日半田ごてを握ります。
今シーズン(?)は火傷もしていません。
少し成長を感じる今日この頃。



だが、まだ青い。



で、テレキャスのボリュームポットのガリが
我慢できなくなってきたので交換しました。
ついでに、前から試してみたかった
WEのコンデンサーを載せてみようと(数ヶ月前に購入済み)。
あと、本で見たスムーズテーパーのボリュームにする改造もやってみようと。







今までの内部の配線の図





まずはボリュームポットに抵抗とマイカコンデンサを付けます。
指定してあった数値の抵抗が無かったので、近い数値ので代用。
THE 適当。またちゃんとしたのに換えますよってに。







これでスムーズなボリューム変化が楽しめる(そうだ)





そしてWEのコンデンサに付け替えます。

前までは、ちょっと古いセラミックコンデンサでした。容量は0.05uF。
今回のWEのコンデンサは、0.0442uF。

一般的に、ストラトやテレキャス等のシングルコイルの
コンデンサの容量は、0.047uFですが、
ヴィンテージのギターとかは0.05uFやったりもするので、
ちょっとぐらい適当でもいいはずです。適当バンザイ。

要は気に入った音が出ればいいだけの話ですからー。







古臭さがいいです





淡々と進みますが、これで他の配線を繋ぎ直します。







WEの単線は扱いづらい…折れないように、慎重に組み込みます





そして、組み込んで、音出しのチェックをして、終了。





音を出してみて思ったのが、解像度の高さと言いますか、
そんな感じを受けました。
前のコンデンサがしょぼかったのもあると思いますが、
Midに主張があって、テンションの上がる音です。
なんと言いますか、「おいしい音」です。

で、スムーズテーパーのボリュームの感想ですが、
今のところ、ダメでした。自分には合わないです。
変化が急すぎて…。
まぁ取り付けてる抵抗の値が、推奨してるのと違うので、違って当然なのですが。

次はちゃんとした数値で試した後、取り外したいと思います…(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




もうそろそろこのギターと出会って3周年だ。

とある雑誌に載ってるのを見て、一目惚れですわ。
某楽器屋の兄ちゃんに取り寄せ可能か聞いてみた。

んで、1本だけ取り寄せ可能ということだったので、取り寄せてもらった。
そして、その場で購入が決定してしまった…。
一瞬焦ったものの、これを逃すと一生後悔してしまいそうだったので頭金を払う…。





おおっと!話が意図していない方向に!





で、自分の手元に来たのが、だいたい3年前のこの時期。
もう最高だった。これで自分は無敵だと思った。



…とか言いつつ、ピックアップ交換をすること数回。
 配線の交換をすること数回。
 コンデンサの交換をすること2回。



こんな感じで自分の手を加えるととても愛着が沸く。
こいつを支配してる気分になる(笑)





このギターと一緒に、たくさんのライブをした。そしてこれからもする。
このギターと一緒に、たくさんの音を出した。その数48,426,327音(そんなことは無い)。
このギターと一緒に、たくさんのことを考えた。経験した。





…とか言いつつ別のギターに手を出したりもした。
これも一目惚れ。
そいつの話はまた今度。





けどやっぱこいつがいいっす。いいんです。





なんかほんま日記らしい支離滅裂とした文章になりました。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )