行政書士受験2回目合格しそっぱのページ

今年は突破塾で行政書士試験を突破する!日々の勉強、あとは模試やら答案練習、日々思ったこととかをつづりたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

連休、がんばったが、記述仕上がらず、、

2017-07-12 17:09:52 | 日記
毎日がんばってるが、予想模試はできなかった。記述多肢選択問題集を仕上げたいと思っています。
まだまだ、数問厳しいものが残っている。
継続して質物を占有しなければ、その質権をもって第3者に対抗することができないからである。
(動産質権者)
ビール1ケースを分離して引渡しの準備を整えこれをAに通知すればよく、種類債権の特定と呼ぶ。
Aの過失を考慮して損害賠償責任及び額を定めなければならず、過失相殺と呼ばれる。
BがCと通謀して他の債権者を害する意思で弁済をしたときは詐害行為取消権の対象となる。
直接国民の権利義務を形成し又はその範囲を確定することが法律上認められている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都民ファーストの会すごすぎ、、 | トップ | コツコツ記述! »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事