熱帯魚・金魚・犬

愛するペットとの日々

テレビ買って。

2005年12月06日 | Weblog
迷い猫がフランスからアメリカまで
航空会社の好意により
ビジネスクラスで帰る。

そんな心温まるニュースの見出しに
思わずクリックして内容を読んでしまう私と
読み終えて「チッ、いい話かよ」とか舌打ちしてしまう私が共存する。

そんな私のブログも一周年を迎えたわけだが、
最初の勢いはどこへやら、
すっかり月に3~4回の更新という
まぁメールマガジンよりは書いてるか
というペースでおちついてしまった。

おまけに当初の聴いたものとか食ったものの記録も
途中で試みた、タイトルを曲名にするというのも
ぜーんぶどっかにいってしまった。
でも更新が続いているだけましかな
などとも思うのであった。


ところで私の家のテレビが壊れている。
92年製なので13年。
確かに壊れてもしょうがない年月ではある。

最初は画面が黄色くなるという症状が出た。
少し時間がたつと通常の画面に戻るのでまあ我慢できた。

しばらくすると今度は
「ブチッ」
という大きな音がして突然画面が消え、
何も触っていないのにまた突然点くということを繰り返す。
ひょっとしてポルターガイストか
というような症状が現れた。

しかし人間慣れる。
「ああ、またかぁ。」
そんな感じになるのだ。

さらにほうっておいたら
今度は画面がゆれ、
真ん中に向かって画面全体が埋まっていくように消えるという
これまたオカルトな故障っぷり。


それだけオカルトな割には
たたけば直るという
前時代的な行動を私に強要するのだ。


ここ2日ほどでは、
しばらく調子がいいときもあれば
5分ごとにポルターガイストが起こることもある。

あまりにも頻繁なので
いちいちテレビのところに行って
たたくのも面倒くさい。

たかだか2メートルほどだが誰がなんと言おうと面倒くさいので
人間としての知恵を絞り、
クイックルワイパーの棒を椅子の横に置いておく。


「ぶちっ」

ポルターだ!
ワイパー棒を持つ私。
微妙に揺れて方向が変わってしまうヘッドに注意しながら
テレビをトーン。

なおる。


「ゆら~ん」

ポルターだ!
ワイパー棒を持つ私。
微妙に揺れて方向が変わってしまうヘッドに注意しながら
テレビをトーン。

なおる。


「ぶちっ」

ってもうええがな。

座椅子に座って片手には焼酎のウーロン割。
そしてもう一方の手にはクイックルワイパー。
こんな俺はいったいなんだ。
夫がかまってくれなくてアルコール依存症になってしまった奥様掃除中か?
そんなシチュエーションあるのか。


テレビを買うよ。俺。

高らかに宣言する私だが、
既に先週の日曜日にシャープの液晶テレビの前で
30分ほど悩んできたことも付け加えておこう。

だから買えよな。

コメント (6)