通じゃのう

いろんな広島を知って、ひろしま通になりましょう!

ポッポとクック

2014年09月22日 | 日記
ポッポとクック

広島アジア大会






「この間、韓国の仁川(インチョン)で開催中のアジア大会について話をしたね」

「広島でアジア大会が開催されたとき(1994年)に、カバディ、セパタクローいう競技を知ったことや、一館一国・地域応援事業が行われて、今ではIOC(国際オリンピック委員会)に引き継がれとるいうことじゃったの」

「アジア大会で思い出したのが、イメージマスコットの「ポッポとクック」」

「おぉ、おった、おった」

「ポッポとクックは、平和の象徴・ハトをもとに作られた男女ペアのマスコットじゃったね」

「ポッポがオスで、クックがメスじゃったよの」







(撮影日:2011年2月6日)

「この、ポッポとクックのモニュメントは、広島の目抜き通り(めぬきどおり)中区の中央通りに飾られとる」

「向かって左側、青い服がポッポ(オス)で、右側、ピンクの服がクック(メス)じゃね」







(撮影日:2010年8月21日)

「子どもたちが通(かよ)うた、南区・段原(だんばら)のみみょう幼稚園にも飾ってあるよ」

「これは、比治山スカイウォークからも見ることができるんじゃの。ところで、うちの子どもらはポッポとクックって知っとるんじゃろか?」

「聞いてみたら、飾ってあるのはもちろん知っとるけど、ポッポとクックっていう名前は全然知らんいうて言よったね」







(撮影日:2011年7月17日)

「東広島市にある東広島運動公園にも飾ってあって、ここの体育館ではアジア大会のレスリング競技が行われたそうじゃ」





「こうやって3つ並べてみると、並び方が違うんじゃね」

「向かって左側にポッポ、右側にクックがおると、互いの手が中央にくる。これじゃと、「ようこそ」いうて歓迎しとるように見える」

「確かに、そうじゃね」

「これと反対、向かって右側にポッポ、左側にクックがおると、互いの手が外側にくる。これじゃと、「まいど~」って夫婦漫才をやっとるように見えるよのう。わしの個人的な見方じゃが…」

「どっちの並び方が本当じゃったん?」

「どっちじゃったんかのう? 調べてみたが分からんかった」

「ひな人形の並べ方でいうと、関東地方は向かって左が男びな、右が女びなを飾っとるね」

「これは新しい形。古い形の残る京都では、男びなが向かって右、女びなが左になっとるよの」





「今日は、広島アジア大会のマスコットキャラクター・ポッポとクックについて話をさせてもらいました」

「ほいじゃあ、またの」

この記事についてブログを書く
« 横川 国産乗合バス発祥の地 | トップ | 秋分 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事