人間らしく

日記です

現場こそ、宝の山・・・

2020年02月19日 05時42分02秒 | 日記
訓練受講中のこと、講師から終生記憶に残る「教訓」を頂いた。我々訓練生は卒業すると、現場機関に配属される。
現場を経験すれば上部の管理機関へ登用されるだろう。
実力をつけるには、「現場第一線」で得る経験だ。肝に銘じて覚えておくようにと情熱を込めて教わった。
私は、この教えを忠実に守り通した。上部の管理機関から何度かのお誘いを受けたが、担当した仕事が完成するまで「現場」に残ることにした。
上司や関係者からは、バカだなと叱られた、仕事を完成するまでに凡そ2年を要したが、完遂することができた。
その結果が、その後の仕事に大いに役立つこととなった。管理機関にあって、現場経験で体験した知恵を随所に発揮することができたからだ。
「現場」こそ実力を充電する絶好のチャンスなのだ。
経営者も現場の実態を十分掌握して、初めて立派な経営者になるのではないか。現場を熟知していないと、誤った判断をすることにもなる。
創業者で成功した経営者は、全て現場で叩き上げられてきた。



                  鞆 の 浦 か ら の 展 望 ( 仙 酔 島 )

この記事についてブログを書く
« 忖度が悪用されている・・・ | トップ | 忘却はインターネットで・・・ »
最新の画像もっと見る