goo

2018年に観た映画

・この記事は加筆していきます

ども~現在11月半ばですが、そろそろ大掃除をしたほうが あとあと楽じゃないでしょうかね~(だがしない)
twitterに観た映画を書いていってたんですけど
なんか実家に帰ってtwitter断ちをしていたら、twitter欲がなくなってしまって・・・

つうわけで、全部ではないにしろ、最近見た映画をとりあえずまとめます

リディバイダー
複製した地球から物質→エネルギー変換をして
こっちの地球に送るという欲どおしい計画が失敗するという話です
コピーワールドは文字が反転するという仮面ライダー龍騎を思わせる展開なのですが、
地図は反転しないんですよねえ・・・

オンリー・ザ・ブレイブ
上記の同時上映。
ブレンダン=マクドーナツ(いやこの姓は あだ名ですけど)というグウタラ男が、
父になり立派な森林ファイヤーファイターになる、愛と苦闘と成長の物語! だと思ってたんだよ!
ありきたりなアメリカン映画だなあと、観ないでおこうかなと思ってたぐらいなんですよ!
「実話に基づく」。その言葉を、僕は軽く考えてたのでした。

アイルランド系ぽいお名前だなあと「ブルックリン」と「ブレンダンとケルズの秘密」思い出しながら観てました
※合衆国の警官と消防はアイルランド系アメリカ人が多い
※なおブレンダンは「王子」という意味の模様

二本程度じゃまとめじゃないけど、小さなことからコツコツと~

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

うごめくゴッホ(Moving Vincent)

本日は、第17回広島国際アニメフェスの締め切りです(エイプリルフールじゃないよ♪)

サンボーホールの古本市と大阪のゲームマーケットをあきらめ、
完成した作品がこちら。
「山月記」を完成させたかったのだけど、
いろいろあって、急遽こちらを作りました。
提出は、締め切り15分前・・・間に合った。
なにせ、音楽ができあがったのが前日だというんだから、ものすごく切羽詰まってますなw

うごめくゴッホ(Moving Vincent)



もちろんアニメーション映画「ゴッホ 最後の手紙」の影響によるものです。
上記の映画は、実写映像をトレースするような形(ロトスコープ)で作られたのですが、
こちらは、画集を模写し、中割するやり方です。
これにより、ロトスコープの場合には混じらない物が入り込みます。

それは、模写者の主観(こちらはロトスコープでも入り込む)と・・・デッサン狂いです。





微細な動きを表現したかったんだけど、中割が下手で、なんか妙なことになってますな。

・・・とりあえず、2年後の広島アニメの締め切りには、「山月記」を間に合わせたいです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2017年に映画館で観た映画

みなさま、あけましておめでとうございまs(殴

2017年に映画館(大体パルシネマかシネマ神戸)で観た映画(○はアニメーション作品)を列挙しながら、
生活の反省をしてみようと思います。

一日6時間制作をむねに、夏休みや徹夜や翌日への借金をしながらも、
10月半ばまでは、わりかしちゃんとやれていたと思います。
しかし・・・


1月

ブルックリン
ロイヤル・ナイト
(これらについては2017年のブログに書いています)

2月
「ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映 〜アニメーションの神様、その美しき世界〜」
ソ連の人なんで、資本家どもを打倒せよ! みたいなアニメも作ってたんですが、
悪人たちの方が人間味にあふれてるようにみえるんだよな~
『ケルジェネツの戦い』の、兵士たちののたうつような水平移動が印象に残っています。
『話の話』・・・好きだからこそ、もう一度見てはいけない気がする作品って、あると思いませんか? 図書館で見ちゃいましたけど・・・


5月
連休で、少し行楽気分でしょうか。天王寺動物園に虎なんぞを見に行ったりしてましたよ。6時間動物スケッチ。
そして帰ってきたら、なぜか、パルシネマとシネマ神戸で始まってる怒りの4連発!

怒り
ちょっと映像化に無理があった気がせんでもない。もっとも観客は慣れているので、
誰かが演じるしかない「犯人」が誰でもないかもしれないぐらいの読み方はするのかな。

手紙は覚えている
90歳の殺人者。狙うものも狙われるものも、もう記憶が定かではなく・・・
原題 Remember.これは相手が思い出したくないことを、思い起こせと命令するニュアンスで、デスロードでも使われていました。

ドント・ブリーズ
こそ泥なら重罪じゃないから、捕まっても刑は軽いね! という3人。
斜陽デトロイト州、ロボコップの世紀末的などうしょうもなさから脱出し、
ラ・ラ・ランドとフルハウスのカリフォルニア州に脱出しようとした際の、代償。
部分的にコントラストの浅い白黒になります。上手いな。

マッドマックス・怒りのデスロード
(白黒)
こっちにも"Don't breathe."というセリフが・・・
4連続で見たわけではないのですが、怒りのデスロードの時は、もう大分しんどくなっていまして。
そのおかげで分かったこともあるのですが、
最初からの(時間的に)4分の3は、→右向きに逃げるのですが、そのあとターンして、←左向きに攻める!
(空間的にはそれぞれ1/2なわけですが)その怒涛の展開が、映画だなあ、と。
あと、駅馬車のデジタルリマスターを映画館で見てなかったことを後悔した・・・

マイ・ベストフレンド
ピンクリボン(乳がん早期発見)協賛作品だったかな。エンディングは日本オリジナルのが流れるバージョン。バリアフリーのためか歌詞にも字幕付いていた。
ラストのロールで、「死ぬ前に何がやりたいですか」というのを各々が書きこむ掲示板みたいなもの(絵馬的なもの?)が流れていくのだけど、
あれ全部読めたらよかったなあ。
What do you want to do before you die ? ------Live.(だったかな)
マダム・フローレンス
伝説の音痴歌手(しかも本人は知らない)だが、その熱意が、戦争に傷ついた人の心をやわらげた・・・のかな。
もちろん実在の人物からだいぶん脚色してるのでしょうけど。

楊貴妃 レディ・オブ・ザ・ダイナスティ

京マチ子の「楊貴妃」は、(玄宗皇帝の息子で、ほんらい楊玉環はこっちに嫁いできたのだが)がはぶかれ、
こっちでは安禄山が省かれてる・・・
「天地人」の石田三成の人が寿王だったはずなんだけど、だいぶんキャストが変わったようです。
葬式の色は白、婚儀の色が赤なんですよね~
ワダ・エミが絡んでいるのかと思ったんだけど、違うのか・・・


6月は家計簿の記録が無いので不明



7月
未来を花束にして
「ワンダー・ウーマン」と合わせて見ると、時代の空気が分かりやすいかも。
女性に参政権が無い時代の英国。はためく洗濯物。
ラストにそれぞれの国に女性参政権が生じた時代が出てきて、意外に最近まで無かった国もあるのだけど、
日本は出てこない・・・勝ち取ったわけではないからだろうか。
たとえば民主主義。かつて与えられたものを、いま勝ち取るという考え方もあると思うのだけど。

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命
シンメトリカルな構図が印象的な作品。逆に言うとストーリーは覚えてない・・・
JFKではないほうのケネディ(ロバート)が出てくるんですが、
こっちも暗殺されるんだよな・・・

雨の日は会えない、晴れの日は君を想う
ギョロ目のギレンホールを初認識した作品。映画によく出てくるよそ見運転に警告を!
偶然会ったシングルマザーとその息子に支援する独り者、という点では「私はダニエル・ブレイク」に似てる気がする。
なんか変わった映画を見たな、という印象があります。

ラビング 愛という名のふたり

これも、権利は勝ち取るもの系。
時代考証が必要なくらいの前。アメ車マニアにはたまらんかもしれん(知らんけど
黒人と白人の結婚が認められてなかったバージニア州って、ワシントンDCに近いのですな・・・
もっとも、本人たちは、投獄されたりしながらも、そこまで権利権利といっていたわけではないのだけど、その愚直さが芯となって、周りの人を動かしたのですな。

私はダニエル・ブレイク

心臓病で働けないのに、民営化された厚生係は無駄に細かいチェックによりそれを認めず、
求職活動をすることによって手当を受けろと言う。
真面目に働いてきたものが、働けなくなっているのに、
求職活動をしろと言うこの茶番よ!
「私は犬ではない、人間だ」
・・・ラビングの後に見たのですが、画面サイズはこちらのほうが小さいのに、現代を舞台にしているからか、こっちのほうが見ごたえのある画面になっていましたな。
映画館の北に老朽化した市役所、東には悲しみを売り買う歓楽街、見てるこっちは動脈硬化(気づいていなかったけど)という、非常にタイムリー・・・じゃないな、場所的に合致している映画でした。

オールナイト映画
シコふんじゃった
ちはやぶる 上の句・下の句
「数合わせだったんだ!」
同じようなセリフが、同じようなキャラから・・・っ!


バイバイマン
珍しくチラシの惹句に間違いがない映画。
しかし、この名前は、得しているのか損しているのか・・・


(というわけで、今日はここまでで終わり。続きは書くかもしれないし、書かないかもしれません)


8月
松本俊夫実験映画
ドグラ・マグラ
講演会

キングコング 髑髏島の巨神(だっけ?
グレート・ウォール

ラ・ラ・ランド
○SING/シング
後に双方ともサントラを購入し、
今も聞いていますw

ハードコア(ヘンリー)
ゴースト・イン・ザ・シェル

○ブレンダンとケルズ
講演会とリピーター特典

アイム・ノット・シリアルキラー

9月
スターシップ9

タレン・タイム

○変態<メタモルフォーゼ>アニメーション

○この世界の片隅に(パルシネマで2回・シアターセブンで監督さんの講演付きで1回)
夕凪の街 桜の国

ウィンタードリーム

ダンケルク 入場料2400まんえん!!! 画面がデカい!
・・・だが、今一つのれなかった気が・・・

10月
大阪十三とエキスポに行ったためだいぶんノルマの借金が溜まる・・・
今考えると、そんなの忘れて新しく進めればよかったのだろうけど。
家計簿のメモ。「この辺の炭水化物攻勢は、遅れを取り戻そうとして食事を簡単に済まそうとしたんだろうなあ」
・・・炭水化物が悪いというよりは、サンドイッチにどうしても含まれてしまう塩がいけなかった気がする。

○山村アニメ
ギーガー ダーク・スター

グランドホテル
KAVC二階・・・だが、むっちゃ疲れた。(椅子の幅が狭い)
DVD上映だとか分かっていたら、スルーしたんだけどなあ・・・

インターステラー(ブルーレイレンタル)
ダンケルク 史上最大の撤退作戦(DVDレンタル 缶バッチ先生が出演しているBBCのドキュメント風の何か。カメラワークが酔うので途中で見るのをやめてしまったのだ)

21世紀のアニメが分かる本
個人的なハーモニー
アニメの実製作者として読んだほうが良い本だが、
しかし、この時期に読むべきではなかったのかも。知恵熱。
自分の物差しがゆがみだす。

○君の名は。(ブルーレイ・レンタル)
○ZOOM/ズーム

ライオン 25年目のただいま
しゃぼん玉

ダンケルクパンフ
偽りの忠誠・ナチスを愛した女

11月
ブレードランナー2049
PSVR

○ズートピア
○コングレス未来会議
○父を探して
バットマンビギンズ
ブレードランナー ファイナルカット
(この5作はレンタル)

○ゴッホ・最後の手紙

おとなの恋の測り方

カフェ・ソサエティ
マイ・ビューティフルガーデン

人生はシネマティック!

ゴースト・イン・ザ・シェル(日本のアニメ 劇場版35mm)

Life/ライフ
真田広之さんが、すんごく足利尊氏(ではないと言われている例の肖像画)ぽかったです。ラストが最高やね!!!
ダイバージェント・ファイナル

日本アニメの1920年代(だったかな? 大藤アニメをはじめて観ました

12月
このあたりから、病院での検査と、映画鑑賞が同じ日に重なり始める。
どうせ、異常はないのだろうと思っていたのだが・・・

追憶(黒田官兵衛の人が主役の邦画)
光をくれた人(南の海の灯台守の話)

トランスフォーマー・最後の騎士王
アトラクション 制圧

オペレーション・クロマイト
ザ・ウォール

新感染 ファイナルエクスプレス
スキップトレース

二百三高地

ちょっと今から仕事やめてくる
はじまりへの旅



ええっと、64本・・・?(数え間違っているかも)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゾンビ赤松貞村が応仁の戦場にいる問題


右から
古典文庫版「応仁記(一巻本≒二巻本)」+「応仁別記」
群書類従 第二十集 「応仁記(三巻本)」
・学研 歴史群像シリーズ37 応仁の乱(通称:学研の赤い本)
・応仁の乱 完全ガイド(晋遊舎)
・その下:図解 応仁の乱(枻出版社)
・奥:マンガ 応仁の乱(宝島社)
だいたい、右のほうが古い本です。

-----------------------------------
このうち、4つの本において、
応仁の時点で存命していない赤松貞村が応仁の戦場にいるのですが、(通称:ゾンビ貞村)
結論から言うと、

「応仁記(一巻本≒二巻本)」+「応仁別記」「応仁記(三巻本)」へとリミックスされる過程で、
たぶんあまり赤松家の事情に詳しくない編纂者が、
嘉吉の乱(1441)の赤松伊豆守=赤松貞村が、応仁の乱(1467)の赤松伊豆守(おそらくは貞村の息子・貞祐)でもあると混同してそう書きこんでしまった。

●学研の赤い本の作図者は、群書類従版「応仁記(三巻本)」を参照して作図した。

●「応仁の乱 完全ガイド(晋遊舎)」や、「図解 応仁の乱(枻出版社)」などの最近出ている関連本は、
学研の赤い本をそのまま参考にして戦況図を作っているので、エラーが継承されてしまった・・・

------------------------------------

<もすこし詳しく>

まず大前提として、赤松貞村は、応仁の乱のときには、すでに亡くなっています
例として、wikipediaをコピペしますが、
死亡時期については、他の紙の本にも書かれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E6%9D%BE%E8%B2%9E%E6%9D%91

wikipediaは改訂されるかもしれないので、現時点での記事をコピペしますが・・・

嘉吉元年(1441年)6月24日に将軍義教が西洞院にある赤松邸で殺害された際、貞村も幕臣たちとともに参加していたのだが、
満祐の嫡子・赤松教康が足利義教を襲撃すると、その場から逃げ出した。
後に幕府軍が満祐を討伐する際、貞村は細川持常が指揮する幕府大手軍に加わったのだが、目ぼしい活躍はなかった。
嘉吉元年閏9月には、貞村の所領が闕所とされ、軍功の対象となった[2]。
『建内記』嘉吉元年九月二十四日条には貞村が落馬あるいは夜討されたという記述があるが、嘉吉3年(1444年)ごろまでは活動していたとされる[3]。
「赤松氏大系図」では文安4年(1447年)に死亡したとされている。



万一生きていたとしても、明徳4年(1393年) 生まれなので、応仁の乱の1467年には数えで75歳、
若年の当主・赤松政則(1455生まれ、数えで13歳)を旗頭にして主軍を率いるにしても、老年過ぎないでしょうか。
※いえ、(大和国の筒井氏の)成身院光宣は数え78歳で戦場に出てはいるのですが

----------------------

<源流にあると推測される「応仁記(一巻本)」ではどう書かれているのか>
※なぜ一巻本三巻本の源流なのか、については省く

(古典文庫の)「応仁記」を読んでみると、

洛北の合戦(p73)では、
「舟橋より下をば、細川下野守・丹波の守護内藤、赤松伊豆守をぞ向られける。」(カタカナをひらがなにしました)


(古典文庫の)「応仁別記」のほうには、
p137に<山名金吾(宗全)が文正元年末(開けると文正2年=応仁元年)に集めた一味の大名として>赤松伊豆千代寿丸
p138に<文正2年正月15日に(細川)勝元のほうに味方した人々のうちに>赤松次郎政則・同伊豆守貞祐(実際は示+右なのですが、漢字が出ない)、

p165に 赤松伊豆守○貞村(小さめの○の横に貞村と小さく書かれている)、の名前がありますが、
この赤松伊豆守○貞村は、嘉吉の乱(1441)のことについての記述です(なんか時代が行ったり来たりするのです)。

つまり、これらすべて、「応仁の戦場の赤松伊豆守」が赤松貞村だとは言っていません。
※ほかにもなんか伊豆に関する記述があったらすんません。

-----------------------
<だがそのリミックスの「応仁記(三巻本)」では・・・>

ものすごく端折った言い方をすれば、
応仁記(一巻本) + 応仁別記 ⇒ 応仁記(三巻本) ですが、
その応仁記三巻本(群書類従版)を、ありがたいことに私訳された方(芝蘭堂さま)がおられまして、
http://muromachi.movie.coocan.jp/ouninki/ouninki19.html
そちらと群書類従版の原文を読み合わせて分かったのですが、

>舟橋より下へは、細川下野守、丹波守護内藤備前守、赤松伊豆守貞村を向けられた。
(原文「舟橋ヨリ下ハ細川下野守。丹波守護内藤備前守。赤松伊豆守貞村ヲゾムケラレケル。」 p378) 
ここが(群書類従版)応仁記三巻本で、応仁の戦場にいる赤松伊豆守が貞村だと(初めて)明言してしまった部分です。


ややさかのぼりますが、(三巻本)応仁記には、
http://muromachi.movie.coocan.jp/ouninki/ouninki12.html
>- 義就・政長闘乱の事 -
に、
(山名方についたほうとして)
赤松伊豆守が子息千代寿丸
(細川方についたほうとして)
>赤松次郎入道政則、同貞祐、同道祖松丸、
とありますが、
(原文「赤松伊豆守ガ子息千代寿丸」「赤松次郎入道政則。同貞祐。同道祖松丸。」p368)

赤松円心の次男・貞範を祖とする赤松伊豆殿(春日部家)についての考証は、
こちらで見事に行われているのですが、
http://ochibo.my.coocan.jp/rekishi/akamatu/ikka/aka_izu_kakei.htm
「落穂ひろい」ふーむ様)

もし、この伊豆守を貞村としてしまうと、いまだ子息が幼名なのがおかしい(気がします)。千代寿丸は貞村の子ではない(はず・・・)。
千代寿丸の父の伊豆守は、貞村の息子・教貞だろう(貞村・教貞は応仁元年時点で、すでに死去している)。
だが、教貞は伊豆守を称したであろうか・・・
ところで、「入道」とはいかに!?
赤松政則の幼名は「次郎法師(丸)」(赤松則村(円心)の幼名も「法師丸」だった気がするが、ソースが見つからん・・・)だが、
さすがに、この年で入道はしていないはず(それとも寺に預けられていたのでもいうのだろうか)。
また、一巻本に比べ、貞祐の前の「伊豆守」が消えてしまっている。

-----------------------------
<つまり何が起こったのか!?>


(古典文庫の)応仁記(一巻本)+ 応仁別記 ⇒ (群書類従の)応仁記(三巻本)

のリミックスが行われる際に、応仁の赤松伊豆守=貞村であると勘違いし、
そのつじつまを合わせるために、間違った加筆修正がされてしまった。

「応仁別記」を記述した作者は、
・「伊豆「」の子息」ではなく、伊豆殿(系)の千代寿丸であり、
・応仁の乱のさいの赤松伊豆守は貞祐
だとわかっていたのだが、(※「伊豆」と「伊豆守」を明確に区別している)
三巻本にまとめあげられるときのエラーにより(これは意外に後世のことなのかもしれないし、群書類従にまとめあげられるときのエラーかもしれないのだが・・・私・ひろさわの調査不足です)、応仁の乱にゾンビ貞村が跳梁跋扈することになってしまった。
・・・ということではないでしょうか(弱気)

※赤松教貞が「伊豆守」を名乗ったかどうかは、のちの研究課題に。
-------------------------------------------------------
<これは想像ですが>

伊豆殿(系)内部で継承権争いがおこり、
継承権を奪取しようとしている千代寿(教貞晩年の子と考えれば幼名でもおかしくない)とその取り巻きが山名方につき、
継承権を持つ伊豆守貞祐(もし貞村が応仁に生きていれば「じいさん」なので、この貞祐は「おっさん」)が細川方について赤松本流の政則(こちらは元服したけど子供)を旗印として、お家再興を名目に、邪魔な兄の子の千代寿(もうすぐ元服の子供)と戦っていると考えれば、
いかにも応仁の乱でありそうな流れである・・・・
「花の乱」で描かれたほど、赤松政則は戦さバカ活躍していなかったのではないだろうか・・・


なお、赤松政則も伊豆守であるとする記述がある系図もあると付け加えておきます。



※いまひとつ強く主張することが出来ないのですが、問題提起として、とりあえず、公開しておきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

応仁の乱・完全ガイド執筆にご協力しました

公式サイトはこちら。
http://www.shinyusha.co.jp/media/kanzen190/

アマゾンはこちらです。

このうち、p16からp20の「花の乱 全37話 完全ガイド」の元原稿を執筆させていただきました。
どうもありがとうございました。

写真右:花の乱のガイド本。お仕事のご依頼を受けたとき、運よく実家にいたので、花の乱を録画したDVDはこっちに持ってこれたのですが、
運悪くガイド本は忘れたので、新しく買い直したものです。
最初の10話ぐらいまではガイドに載っているのですが、そのあとは無いので、自分のブログを参照しましたが、
どうした過去の自分!! 全話感想を書いていたわけではないので、新しく書き直しました。
見直すうちに、新しい発見もありましたよ。

写真左が、出来上がって頂いた御本です。20年以上の時を超えた!

また、執筆途中で、応仁記のゲームをプレイしていただけたので(これ前の記事に書いてますけど)、
それも参考になりました。


呉座さんの「応仁の乱」ヒットの後、いろいろな関連本が出ましたけど、
花の乱の全話紹介はこれだけじゃないかという気はします。(さすがに全部の関連書物はチェックできてない)

全体的にビジュアルやレイアウトが優れているので、気軽にお手に取ってお読みください。
・・・と、その前に。

いろいろ誤植に気が付いてしまったので、こちらにまとめておきます。
なお、重版がかかった場合は、修正されているかもしれません。
他にも誤植がありましたら、コメント欄にでも追加してください。随時追加しますんで。


---------------------------------------
p16 花の乱完全ガイド

△日野富子のイラストが、服のピンクの部分の重ね合わせが、逆になっているものがあります(表紙を含め、他のページも)
イラスト自体は、私には描けないタイプの絵で、大変好きです。

大内政弘(藤岡弘)
×当陰謀嫌いで ○陰謀嫌いで

p17 第3話 月と銅銭
△畠山義就(よしひろ) ○義就(よしなり)
最近は「よしひろ」と呼ぶのが主流のようですが、当時は「よしなり」が主流で、また、ドラマの中では「よしなり」でした。

p18 第14話 宗全謀反
×その息子・春王(しゅんおう) ○春王(はるおう)
ルビの単純ミス。
といっても、この誤植のおかげで、一つ事実を知ることが出来ました。
足利義尚の幼名は不明だという事実です。
私はてっきりドラマの「三代将軍・足利義満の幼名「春王」にならって名付けた」というのが事実だと思っていたのですが、
「しゅんおう」という読み方が歴史的にあるのかを調べているうちに、
義尚の幼名が分からない、ということに気が付きました。つまるところ、ドラマの「春王(はるおう)」は市川森一さんが名付けたフィクションであったと!
(だから、たとえば「応仁記」では「若君」としか書いていない)
以前、赤松政則を山名政豊よりも年上に漫画に描いてしまったことがあって(改訂新版で修正した)、さてさて、私はどれだけ「花の乱」に引っ張られていくのやら・・・


p20 第36話 大文字
△ 森女の死に 嗚咽する富子
これは私の元原稿が悪かったのだと思うのですが、
嗚咽は、息子・義尚のためではないかと。大文字焼が義尚の死を悼むものだったことでもありますし。
富子は森女が浄土に召されたことにはあまり驚いていなかった気が・・・


p25 下段 真実7
×若干16歳 ・・・の16が右に90回転している

p51 下段 真実51
×和国 ○大和国・・・でしょう

p63 下段
×細川宗全がいったん軍を退いたことで・・・
細川勝元? 山名宗全?(たぶん細川勝元だと思います)


p63 p67の合戦図
△戦場に赤松貞村がいる
赤松貞村は、嘉吉の乱の年、あるいはその後数年で亡くなっているので、応仁の乱の戦場には存在しえない。
とはいえ、これは根の深い問題がありそうなので、別の記事で詳述します。


p70 応仁の乱 ブックガイド 上段 図解 応仁の乱
×出版社 ○枻(えい。木+世)出版社
「いったい何出版社なんだ」と思い、本屋さんに行って、納得しました。
この難しい文字なら、フォントが無いかもしれない。
別の関連本では「エイ出版社」とカタカナに開いていました。


というわけで、ゾンビ赤松貞村と
「第36話 大文字」以外はケアレスミスみたいなもんなので、あんまし気になんないところだとは思います(そうでもないのかな)

「大文字」については、私の解釈はこういう風に記事に書いているのですが、総集編だけ見ると、富子の泣くシーンって無かったと思うんですね。
これについては、というか、「花の乱」全話、ご覧になって確かめてみてください(ちょっと難題かな)

-------------------------------
私は、呉座さんとラスプーチン(違)との対談が面白かったですね。
多分、今の人って(山岡荘八の小説とかとは違って)
オレも三大天下人に協力して新しい秩序を造っていくのだ、なんてことは思えずに、
政治家のわけのわからない大義に振り回され、餓死するか、巻き添えで家を燃やされるか、そういうモブだって思ってるんじゃないか。
-------------------------------

つうわけで、構想を練ったりした(実際はかなりの部分、なんもせずぼーっとしている)カフェの香りを思い出したりしながら、
この記事は終わりです。
本屋さんで手に取ってくださいね!

つうわけで、次は赤松ゾンビ貞村が応仁の戦場にいる問題です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ