不定期人生作業日報(仮)

ある時は医薬品卸商(正確には物流子会社)社員、ある時は通信制大学生、そしてある時は中途半端ヲタな、筆者の備忘録です。

「恋ではなく」舞台検証第1回

2011年02月20日 00時33分18秒 | 「恋ではなく」関連
この記事では実際の風景との比較研究の目的で、18禁PCゲームブランド「しゃんぐりらすまーと」さんから
2011年5月27日発売予定のノベルゲーム「恋ではなく―― It's not love, but so where near.」の、
作中背景・イベントCGを引用させて頂いております。


『恋ではなく―― It'   s not love, but so where near.』を応援しています!
※メーカーさんのHPのURLをタグに埋めるとどうしても『不正な記述があり保存できません』と失敗してしまうので、
 短縮URLサービスを用いて変換しております。

「ちはやふる」はともかく「ノノノノ」の記事が完全に執筆し切れていないのもかかわらず、
他作品それもエロゲにまで手を広げてしまってすみませんw
ですが過去作「群青の空を越えて」から贔屓にさせていただいてる早狩武志氏の企画される新作ということで、
以前からずっとプレイせねばと待ち望んでた作品でありました。
(実は「群青~」の舞台検証の取材も8割方済ませているのですけど、満を持して暖めているうちに新ネタが続々で筆をとれず・・・、重ねてすみません)
実は体験版がアップされた(2月16日)を待たずに、HPで公表された情報のみを頼りにして2月11日~12日にかけて、
関東地方への旅行がてら更に足を伸ばして、舞台となっている山形県酒田市にそれも日帰りで実地踏査に行ってきました。

地元からの交通手段ですが、いつもかんなさんのところへ行く際に利用する、
日本中央バスの大阪・京都~金沢・富山~群馬行き夜行バスにて高崎まで入り、
そこから上越新幹線・羽越本線と乗り継いで訪れました(高崎~酒田間の所要時間は3時間半くらいです)。

で早速降り立った酒田駅の改札を出て(福井にもまだ導入されてない自動改札!)入り口一杯まで下がり振返ると、
作中の「酒田駅改札前」の背景CGのアングルが見つかります。



・・・自動販売機が左手にあるのが異なるくらいでしょうか?
スタッフのロケハンは確か2008年頃だったそうですので、3年経つと若干の変化はやむをえないことだと思います。

体験版に出てきた『終電1本前の電車(特急)』であろうと思われる酒田始発のいなほ12号です。
実際先日の探訪時の帰りの足となりました。
駅入口にあった観光協会のお姉さんにいくつかお尋ねさせてもらってから、いよいよ酒田市街に足を踏み出します。



駅前を300m前進し左折、更に1200mほど南進し正直寂れたシャッター街とか市の資料館を過ぎて
左手前に酒田商業高校、右手向こうに山居(さんきょ)倉庫を望む、新井田川を渡る橋のところに出ます。
橋を渡ったところで左の上流側へ振り向くと、体験版にて祐未と美月が仲良くなったりした「通学路」の背景CGと一致します。




作中に描かれてた木造の家屋が建て換わってたり、木々が伐採されていることがロケハンからの年月を感じさせます。



一番最後の写真は扶が典史に重要な告白をする場面のイベントCGの背景元だと思うのですが、いかがでしょうか?

そして山居倉庫に向かってしばらく下流に進むとすぐ木造の歩道橋が現れます。
体験版中でロケを行っていた「山居橋」です。




雪もそうなのですが現在補強工事中で、再現性という視点からは厳しい現状かも・・・。
しかし今年の大雪でかつシーズンオフにもかかわらず酒田市を代表する観光スポットのひとつだけあって、
体験版中の描写同様人が歩かない画像を撮影するのにはしばし時間がかかりましたw




山居橋を渡って更に下流に進むこと600m、作中のロケ地として本編に登場するであろう
飛島への定期船発着場が見えてきます。残念ながら冬の期間は1日1便しか就航しておらず、
主人公たちが乗り込むであろう連絡船を目にすることはできませんでした。




左手に巡視船やら遠くに風車を望む道路を更に進むこと500mくらいで、地元の方の憩いの場のひとつであろう
日和山公園のランドマークの六角灯台が見えてきます。で除雪されてない階段やら歩道を歩いたのですが、
地元の家族連れの皆さんはちゃっかりスキー板を装備されてる!自分はこれから丘を降りるまで再三ガボる羽目になりましたorz




最後の写真の神社の道を挟んで向かい側に、HPにて公開されてる「日和山公園」の背景CGの風景が現れます。





実際にはこのアングルで撮影すると、電柱は休憩所の真ん中あたりに入ってしまうようですね。
ちなみにこの手前の道を市街地側へちょっと下ると、アカデミー賞受賞映画「おくりびと」の舞台となっている
旧割烹小幡(NKエージェント)の建物のところに出ます。



今度は東に向かって500mくらい進むと、道の真ん中に獅子頭が鎮座される特徴的な通りが。
実際に市街地中心部でも一番賑やかであろう、体験版でもジョギング中の祐未と撮影中?の好佳が出くわしたりする
中通り「商店街」のCG背景元になります。





ちなみこの黒い獅子頭の先は歩道になっていて、デパート?や病院(1Fに肉屋とか専門店のテナントが入ってるのも変わってます)
を過ぎた反対側は赤い獅子頭となってます。






それにしてもわずかな時間ではありますが、酒田市街を散策して思ったことは、中心市街地の
空洞化は作中どおり深刻かなと思いました。まあ我が福井市もとても他所のことは言えませんけど・・・。
救い?は昼食を取った酒田ラーメンのお店は一杯だったことと、その後典史の自宅離れの背景元を
探そうと伝統建築の観光スポットを何件か訪れたのですが、冬の閑散期ということを差し置いてもどこでもスタッフの方々から
マンツーマンで丁寧に案内して頂けるというサプライズなおもてなしをして下さったことです。
最初に尋ねた観光案内所でも(18禁なのは隠しましたが)HPからコピーしたものをお見せしてアドバイスを伺っても、
懇ろにお相手してくださったし、まさに外は寒風吹きすさぶ厳しい冬の中、地元の皆さんとの触れ合いでほっこり暖まらせていただきました。
また発売前にもう一度だけお邪魔したくなりました。ご覧になってないでしょうけどありがとうございました。















コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「かるたの魅力~編集者が語... | トップ | 「恋ではなく」舞台検証第2回 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (238)
2011-02-28 00:41:16
どうもお初です^^

記事読みました。自分ここの地元のもので、本日兄にこのゲームのことを聞いて正直驚きましたw

背景イラスト見ていると結構忠実に再現されているなと感激しましたw
(ちなみに駅の自販機は去年の秋ごろから駅内についかされました。また、主人公たちの学校は兄の母校?っぽいらしいですw)
そして、作品中ではローソンモドキは本当は7イレブンかな?という、、、

駄文すいません、寒い中お疲れ様です^^
コメントありがとうございます! (ひろいな)
2011-03-01 07:09:43
238さんはじめまして。
そしてこの記事に最後まで目を通して下さって
ありがとうございました。

製作スタッフはもちろん地元出身の方々ではなく、
関東や九州福岡の人たちばかりなのですけど、
酒田の皆さんからご覧になっても忠実に
再現されてるというのは、うわべだけの取材と
受け取られずに励みになるのでは、と思っています。

自分も撮影にお邪魔したのが初めてだったのですけど、
ちょっと寂しい中心市街地ですねというのが正直な感想です。
(ごめんなさい。私の地元も大差ないですし。。。)
酒田にもおたくな方は少なからずいらっしゃる
と思うのですけど、地元が取り上げられた評判
みたいなものはどうなんでしょうか?

後コンビニとかの地元ならではのヒントありがとうございました。
実は今月中旬にもう一度酒田に伺おうかと思ってましたので、
参考にさせていただきます。

またお時間ありましたら、これからもご覧になって下さい。
重ねてありがとうございました。
Unknown (元井 広夢)
2011-03-13 12:28:41
こちらでは初めまして
お互いに安否が心配ですよね・・・>挨拶

>舞台検証
・・・私の携帯写真とは比べ物になりませんね(マテ

もうご存知かもしれませんが典史宅は本間家旧本邸です
内部の撮影は禁止されていますがサイトで確認ができます
ttp://www2.ocn.ne.jp/~hommake/(リンク先、御座敷)

あと、コンビニに関しては238さんのセ●ンさんよりも規模的に日和山公園に近いサ●クスさんではないかと思っています
案内したいところですが職業がらそういうわけにもいかないのが非常に残念です
これからもいろいろ参考にさせていただきます! (ひろいな)
2011-03-13 23:37:23
>元井広夢さん
こちらこそ突然のコメントにわざわざ
こちらまでご覧いただきありがとうございました。
TMくん(さん)のHPとかでお名前は、
かねがね拝見しておりました。

>典史宅は本間家旧本邸です
実はちょっと高い入館料を払って、
すでに入館しておりますが、たしかに上(御)座敷は
似てるのですけど、右側の間取りがぜんぜん違うので
候補から外しちゃったのです。
ただ戦後一時期地域の公民館として払いだされ、
文化財的造りの柱やなんかに画鋲で穴を開けたり、
子供の遊び場としていたずらで傷つけられてたというエピソードを
お伺いしてると、確かに設定上の最有力候補ではあります。

>コンビニ
地元の方としての情報ありがとうございます!
ただいつお邪魔できるか、遅くてもGWの後半には
飛島ともども伺いたいと思っているのですが。

最後にもしよろしければリンク貼らせていただきたいと思いますので、
これからもご多忙な中お時間ありましたら、
覗いてやっていただければと思います。
そしてこれからの「恋ではなく」短訪記事を
楽しみにしております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「恋ではなく」関連」カテゴリの最新記事