しろうと鉄子

のんびりマイペースで鉄道を楽しんでいます♪♪

当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮ください。

その14・あまぎぐるりんフリーきっぷ─踏切:大保11号と西鉄小郡駅。

2015-10-31 07:10:40 | 西日本鉄道
こんにちは、しーちゃんです。
ご訪問ありがとうございます



前回の続きです。

これから西日本鉄道に乗車するけれど、その前に撮影したいところができました。
踏切好きの細細シリーズ・第101回です。
(第100回は→コチラコチラをどうぞ)








大保11号踏切 (西鉄天神大牟田線)

甘鉄 甘木駅を出たすぐ先、線路が立体交差するそばに、歩行者や自転車専用踏切がありました。
西鉄小郡駅 が見えており、もうすぐ急行列車が発車しそうと思ったら、やはり警報機が鳴りはじめて。
ゆっくりと通過していく西鉄6000形電車を間近に見られました






甘鉄寄りの階段から上がったので、ロータリーのある出入口は見ませんでした
1924.04.12小郡駅として開業、1942.09.22「西鉄小郡」に改称されました。
旅客に向けては、「西鉄」を省略し「小郡」と案内されています。
(『Wikipedia』より)


ランキングに参加しています。
↓↓1日1クリックしていただけると、とても嬉しいです

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
コメント

その13・あまぎぐるりんフリーきっぷ─甘鉄小郡駅にて。

2015-10-30 13:25:45 | 甘木鉄道
こんにちは、しーちゃんです。
ご訪問ありがとうございます



前回の続きです。




甘木鉄道AR300形気動車AR307に揺られること5分強、 甘鉄 小郡駅 に到着しました。
あまぎぐるりんフリーきっぷ での甘木鉄道の区間はここまでとなっています。
本当は、別に乗車券を購入して終点の基山まで行ってみたかったのですが、時間がなくなってしまいました。
太刀洗駅など再訪したいところもありますし、いつかまた甘鉄に乗りに来るぞ~








1939.04.28国鉄甘木線開通と同時に、筑後小郡駅として開業しました。
1986.04.01甘鉄へ転換時、500mほど甘木寄りの西鉄大牟田線との交差地点そばに移転し、駅名も「小郡」に改称。
西鉄小郡駅も従来より90m甘鉄寄りに出口を新設したことによって、以前は600mほど離れていた西鉄小郡駅との距離が120mほどに短縮されています。
旧筑後小郡駅の当時のホームと待合所の屋根は残っており、見ることができるそう。
(『Wikipedia』より)
名残りを惜しみつつ、西鉄へと向かいました

* * *

お陰様で昨夜、福岡ソフトバンクホークスが2年連続日本一となりました。
お祝いの美酒は、今夜いただきたいと思います(笑)
本当におめでとうございました





ランキングに参加しています。
↓↓1日1クリックしていただけると、とても嬉しいです

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
コメント (2)

その12・あまぎぐるりんフリーきっぷ─黒猫と駅とみかんジュース。

2015-10-29 12:25:20 | 甘木鉄道
こんにちは、しーちゃんです。
ご訪問ありがとうございます



前回の続きです。

甘木鉄道で帰路につきつつ、 甘鉄 松崎駅 で降りました。
駅から歩いて3分ほどのJAみい農産物直売所 めぐみの里さんで、地場の品をお買物。




閉店時間が近づいており、お片づけがはじまっているのを見て、ひとり勝手に慌ててしまったみたい
あまぎぐるりんフリーきっぷ を掲示すると、りんかけ大豆プレゼントの特典を受けられるのに、すっかり忘れていましたorz
オクラや農家の“かあちゃん”たち手作りのフクロウの飾りなど購入して、駅に戻ります。










可愛い黒猫ちゃんたちと会い、“息子”承太郎に会いたくなったり
(承太郎の前回は→コチラをどうぞ)
待合所のベンチで、めぐみの里さんで購入したふくれんつぶ入りみかんをいただきました。
小学生の頃、給食費の調整(?)で土曜日に“ふくれん オレンジジュース”が出た時期があり、の中では「ふくれん=オレンジジュース」なのです
きんきんに冷えて、お風呂あがり少し時間が経っていますがに美味しかった!
果汁60%に加え、たっぷり粒が入り、飲み応えがありました。

ごちそう様でした


めぐみの里さんの覚書

福岡県小郡市上岩田1076-1

営業時間:09:00~17:30

定休日:水曜

(お店HPは→コチラをどうぞ)







次の列車は上下同時刻発車、先に入線の甘木行きは甘木鉄道AR400形気動車AR401、「卑弥呼」が戻ってきました。
構内踏切が鳴って入ってくる基山行きは甘木鉄道AR300形気動車AR307、夕方となって学生さんたちで賑わう車内となりました。


ランキングに参加しています。
↓↓1日1クリックしていただけると、とても嬉しいです

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
コメント

その11・あまぎぐるりんフリーきっぷ─甘鉄甘木駅~松崎駅。

2015-10-28 14:10:20 | 甘木鉄道
こんにちは、しーちゃんです。
ご訪問ありがとうございます



前回の続きです。

再び 甘鉄 甘木駅 にて、発車の時間まで撮影させてもらいました。
(甘木駅の記事は→コチラコチラをどうぞ)










入線しているのは甘木鉄道AR400形気動車AR401「卑弥呼」、太刀洗駅まで乗車した列車です。
(→コチラをどうぞ)
国鉄の急行形気動車風の甘木鉄道AR300形気動車AR305がお隣の留置線に移動して、後ほど運用に入りそうですね。
車庫の前には、鮮やかなグリーンのAR304がおやすみしていました






「卑弥呼」に今度は15分ほど揺られ、 松崎駅 で下車。
こちらより徒歩3分の場所にある農産物直売所にお邪魔したいと思います


ランキングに参加しています。
↓↓1日1クリックしていただけると、とても嬉しいです

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
コメント (2)

その10・あまぎぐるりんフリーきっぷ─ゆったり幸楽の湯。

2015-10-27 12:35:25 | 旅行
こんにちは、しーちゃんです。
ご訪問ありがとうございます



前回の続きです。




甘鉄 甘木駅前ロータリー近くの ホテルグランスパアベニュー さんにお邪魔しました。
こちらは幸楽の湯という、天然温泉が湧いています
あまぎぐるりんフリーきっぷ を掲示すると、入浴料(大浴場)800円→400円の特典を受けられます。
女性専用露天風呂も含まれていて、そちらで源泉かけ流しのお湯を楽しませてもらいました。
心地よい秋の風を感じられ、眼下には西鉄 甘木駅のホームが見え、とても気持ちよかった!

どうもありがとうございました






またまた甘木鉄道を利用するため、駅に戻ります。
の一等好きなお花・藤の色をしたバスは、甘木観光バスの一般路線車だそう。
(『Wikipedia』より)
駅舎に併設されている観光プラザ ほとめく館でお買物、店内の撮影にご快諾いただき、どうもありがとうございます
実は最初に駅を訪れたとき先に覗いており、母が地場の百花蜜を購入しました。





ランキングに参加しています。
↓↓1日1クリックしていただけると、とても嬉しいです

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
コメント

その9・あまぎぐるりんフリーきっぷ─続・甘鉄太刀洗駅にて。

2015-10-26 14:10:20 | 甘木鉄道
こんにちは、しーちゃんです。
ご訪問ありがとうございます



前回の続きです。






美味しいランチをいただいて、再び 甘鉄 太刀洗駅 へ戻ってきました。
これから甘木へ後がえるのですが、列車の時間まで構内のあちらこちらをパチリ。
先ほど撮影させてもらった旧駅舎を違う角度で、現在の駅舎も構内踏切と一緒に撮影させてもらっていると。






踏切が鳴りはじめ、基山行きの甘木鉄道AR300形気動車がやって来ました。
駅でおやすみしていた甘鉄標準色のAR301が運用に入っています。
(その記事は→コチラをどうぞ)
遮断器が上がり、手を伸ばせば届いてしまいそうなほど間近でディーゼル音を聞き、昂揚してしまいます




入線してきた甘木行きはAR307、やはり駅でおやすみ中を見ていました。
(→コチラをどうぞ)
黄金色に色づきはじめた稲穂を眺めつつ、5分ほど揺られます。





ランキングに参加しています。
↓↓1日1クリックしていただけると、とても嬉しいです

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
コメント

その8・あまぎぐるりんフリーきっぷ─キリンビアファーム。

2015-10-24 17:30:35 | 旅行
こんにちは、しーちゃんです。
ご訪問ありがとうございます



前回の続きです。

甘鉄 太刀洗駅より、お昼を求めて国道500号を歩きます。
母とゆっくりペースで歩き、20分ほどで到着しました。






キリンビアファーム 

キリンビール福岡工場併設のレストランです。
工場見学は事前予約制となっています。
あまぎぐるりんフリーきっぷ を利用できるお食事処を母と見て、一度どんな場所か来てみたかったという、こちらにお邪魔しました。
切符を掲示すると、お会計から10%引きの特典を受けられます。






母は平日限定黒毛和牛×黒豚ハンバーグランチ、スープ・ライスorパン・コーヒーがつきます。
秋月ご膳を、そしてもちろん(?)揃って一番搾りプレミアムをお願いしました。
どちらも、とても美味しかった!
ハンバーグはナイフを入れた瞬間に肉汁があふれ出し、ジューシーな旨味たっぷり。
ビールとの相性はもちろんのこと、香ばしいパンともあっています。
鶏肉大・大・大好きっ子は、皮はぱりっ・身は弾力と柔らかさをあわせ持った“古処鶏のグリル”にめろめろになっていました




うふふ、また揃ってお代わりの平日ランチビール 一番搾りをいただいちゃいました。
は普段アルコールを摂る習慣がないけれど、工場そば+美味しいお料理に、ついついもう一杯(笑)

ごちそう様でした


キリンビアファームさんの覚書

福岡県朝倉市馬田3205-7

営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
 ※平日限定ランチメニューは11:00~15:00です。

(営業日などお店HPは→コチラをどうぞ)





ポピーフェスタ、コスモスフェスタで有名なビアファームさん、このときはコスモスがぽつぽつ咲きはじめ。
これだけの広い畑が一面お花で埋まるのは壮観でしょうね


ランキングに参加しています。
↓↓1日1クリックしていただけると、とても嬉しいです

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
コメント (2)

痛快・あまぎぐるりんフリーきっぷ─甘鉄太刀洗駅にて。

2015-10-23 17:20:15 | 甘木鉄道
こんにちは、しーちゃんです。
ご訪問ありがとうございます



前回の続きです。

日中、甘木鉄道は1時間に2本ですが、12時台は1本しかなく危なかった
甘木鉄道AR400形気動車AR401「卑弥呼」に揺られて5分、2駅目で下車します。










甘鉄 太刀洗駅 

甘木駅と同じく1939.04.28国鉄甘木線の駅として開業、お隣の町(駅の所在地は筑前町)「刀洗」と漢字が異なり「刀洗」です。
1966年キリンビール福岡工場が開設、同時に原料搬入と製品出荷のため、当駅と工場を結ぶ専用線が敷かれました。
(1984.09.19貨物扱い、専用線とも廃止)
かつて日本陸軍大刀洗飛行場があり、その記憶を残すべく個人の方が取り壊し予定だった旧駅舎を利用して、大刀洗平和記念館を開館。
2009.10.03駅の向かいに新たに筑前町立大刀洗平和記念館が開館し、旧駅舎は太刀洗レトロステーションとなっています。
(『Wikipedia』より)
あまぎぐるりんフリーきっぷ を提示すると、記念館・レトロステーション共に入館料100円引きの特典を受けられます。
残念ながら今回は入館できなかったけれど、じっくり時間をかけて思いを馳せに、いつか再訪したいです。


ランキングに参加しています。
↓↓1日1クリックしていただけると、とても嬉しいです

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
コメント

ニュー・あまぎぐるりんフリーきっぷ─続・甘鉄甘木駅にて。

2015-10-23 11:35:50 | 甘木鉄道
こんにちは、しーちゃんです。
ご訪問ありがとうございます



前回の続きです。








初めての甘木鉄道乗車にわくわくしながら、 甘鉄 甘木駅 構内のあちらこちらをパチリ。
入線しているのは甘木鉄道AR400形気動車AR401、卑弥呼のイラストが描かれています
お隣でおやすみ中の甘木鉄道AR300形気動車AR301は甘鉄の標準色、お馬さんの広告“サラブレッドKAI”が気になって検索してみたところ
全国農業協同組合連合会(全農)を通じて農薬を販売する協友アグリさんの除草剤だそう
洗浄装置の辺りに国鉄の急行形気動車風のAR305、奥には国鉄の一般形気動車風のAR303がいました。
(『Wikipedia』より)







ランキングに参加しています。
↓↓1日1クリックしていただけると、とても嬉しいです

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
コメント

新・あまぎぐるりんフリーきっぷ─甘鉄甘木駅にて。

2015-10-22 17:30:30 | 甘木鉄道
こんにちは、しーちゃんです。
ご訪問ありがとうございます



前回の続きです。

西鉄 甘木駅より100mほど歩き、今度は甘木鉄道を乗り鉄活動。
駅前ロータリーの「日本発祥の地 卑弥呼の里 あまぎ」の石碑が目を惹きます
(詳しいページがありました→コチラをどうぞ)








甘鉄 甘木駅 

1939.04.28国鉄甘木線の駅として開業、駅舎は同年の建築だそうです。
当初は「あま」だったそうですが、5ヶ月後に「あま」に改称。
1986.04.01第三セクター鉄道の甘鉄へ引き継がれ、現在に至ります。
(『Wikipedia』より)
両親はいろんな場所に連れていってくれ、小石原焼のタイルを眺めて、秋月城跡三連水車を見学したり、夜明ダムを訪ねたことなど思い出されました






乗り場に行くと、「今日も元気でいってらっしゃい」/「おつかれさまでした ようこそ卑弥呼の里 朝倉市へ」と、マスコットレビット君の看板がありました
そしてすぐ目の前に、甘木鉄道AR300形気動車AR307が。
こちらは福岡県立朝倉高等学校の生徒さんによるデザインで、2015.01に塗装変更されたそうです。
(こちらも『Wikipedia』より)


ランキングに参加しています。
↓↓1日1クリックしていただけると、とても嬉しいです

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
コメント