気がつけばアラ還

足跡はつけていませんが皆さんのところへはお邪魔しています。限られた時間・体力有意義に過ごしたいなと思います。がんばれ私!

谷崎潤一郎文学の着物を見る 大山崎山荘 千年後の百人一首 清川あさみ

2018年12月05日 18時48分30秒 | 美術館・博物館

紅葉も見たいし何より「谷崎潤一郎の着物展」を見たいので大山崎山荘へ。
会期終了も近いので慌てて~

今は、アサヒビール所有になっているけれどこちらは実業家の加賀正太郎氏の別荘として設計されたもの。

来たのは、確か2回目かな?こちらには、藤忠雄建築の「地中の宝石箱」ギャラリーがあり、モネの睡蓮も展示。でも、こちらの睡蓮は、も一つかな?←わたし的に。

やっぱり、国立西洋美術館で見たのが一番かな。大原美術館の睡蓮は、モネの一番の自信作だそう。

JR山崎駅を降りて山荘までは時間にしたら少しだけどあまりの急坂で、送迎バスが出てる。この門の前で降りて上がります。

今回の展覧会は、谷崎作品や谷崎の生活、残された写真などからヒントを得て、ヒロインたちの多彩なよそおいをアンティーク着物で再現。

約束破りの組み合わせもあるけど、とってもモダンでイケテます。
やっぱり、「痴人の愛」のナオミの着物は、それっぽくてモダンで今でも全然OKで、洋服にしてもよさそう。

松子夫人やその妹さんたち、いわゆる細雪の世界を現したものは戦前の豊かな人たちのゆったりした生活が忍ばれるわ。

この山荘にぴったりの企画だと思う。

谷崎の好物のモカロールを再現したもの。こちらは、以前「グレーテルのかまど」でもやっていた。芸術新潮の「谷崎潤一郎特集」でも載っていた。絶対に食べたいと思っていたのよね。

テラス席ではなかったけど、お天気もよくてケーキとコーヒーをいただきながらゆっくりと過ごす。

その後、これまた気になっていた大好きな清川あさみの「千年後の百人一首展」へ。建仁寺へ。

 

清川あさみさんは、写真にビーズや刺繍、ビジューをつける「美女採集」で有名。

今回は糸と布とビーズで、和歌の一首一首を今のものとして情感豊かに描き出す。

畳の上や壁にたくさん展示。写真OKだったので、嬉しかった。私は、こういうビーズや刺繍が大好きなのよね。自分ではできへんけど。

ゆっくりと鑑賞して、さあ京都駅へ帰ろうとするんだけど。そもそもどこにバス停があるか分からない。行きしもバスを降りてグーグルナビで迷いまくり、かなり歩いたもんね。
とりあえず、南方面へ向かえばいいから。

やっとこせ、河原町松原でバスに乗る。
ランチ難民になっていたので、変な時間にJR伊勢丹で韓国料理。

まだ11月だったので、商品券売り場は空いていた。ラッキーだったわ。
もう、歩きすぎてぶったおれそうに。

デパ地下でいつものようにお刺身購入。わらび餅も買ったわ。黒七味買いたかったけど、もうしんどくて~

これは、大山崎山荘で。ビールのおつまみにプレッツエル。入れもんの大きさの割りに中身が少ないぞー。

でも記念ぽくない?こちらは、紅葉や桜のシーズンはどえらい人出に。でもゆっくりと優雅な山荘でしばし、過ごせるのは幸せ。

↑のカンカンのお土産を息子に見せたら、「樽?えっ?樽が樽買ってきたん?」て・・・

まあ、言えてますな。

発表会のビデオ見たら、毎年痩せなあかんと思うけどそのまんま、樽のまんまだよお。
この8年、ビデオ見るたんびに思ってます。

さあ、心新たに今日からキャロリンミラーの「夢」を練習です。

毎年、元気に出られて好きなことができるその幸せに感謝。
でも、今日ファンヒーター故障で買い替え。大きいのやから、それなりなお値段でちょっと凹む)←今日の不幸・・・

コメント (12)

田中一村展 佐川美術館

2018年08月25日 10時59分38秒 | 美術館・博物館

2月に奄美大島まで出向いたけど、近くの美術館でやってるのでやっぱり!と思い行ってきた。

先日「日曜美術館」でオンエアされてたこともあり、かなり混んでいる模様。同じ日に友達が行くので、混雑状況を聞いたら駐車場もOKだそうで、ピアノの帰りに行って来た。

いやあ~やっぱりいいです。奄美で見たのもあったけど、代表作の「白い花」はこちらでは展示されてなく、それは向こうで見たし。

愛用の小物類も展示されていた。強烈な南の風景の絵もいいけど、元々の南画も渋かった。
南へ移住したから「日本のゴーギャン」と呼ばれるけど絶対にルソーや琳派っぽいと私は思う。

 

田中一村展へ行くのにちょうどいい?柄かも?これ見て引いてる人もいたけど。このテキスタイルデザイナーさんも田中一村のファンらしい。ヤフオクのハンドメイドで購入。

佐川美術館、水がたたえられていてきれいねえ~日差しはきつかったけど、ゆっくりカフェで眺める。


横に夫さん、座ってるがな。この人は、カフェでゆっくりとかできへん人やし~絵には興味なく、大雨でこの水がいっぱいになったら、どうするのか?排水溝の確認や田中一村が使ってた工芸品の細かい部分=接合部分に興味しんしん。

全く、話合わんけどピアノの帰りやしこの美術館は車じゃないと行きにくいので、仕方なくね。

奄美黒糖ソースかけアイスめちゃめちゃ、おいしかった。久しぶりにキンキンに冷えた銀?のお皿でいただく。子供の頃、こういうの食べたらウエファースとか添えられてたね。

大きなスイカとかぼちゃ、いただきました。スイカ、重かった。自転車の後ろカゴに二つ積んで帰る時少しよろけた。

スイカが冷蔵庫を占拠。スイカあるある。
この酷暑で、糖度が上がってるのか?甘くておいしい。かぼちゃもお出汁だけで、たいた。甘かった。

昨日やっと洗濯機、直りました。モーターがあかんようになってたらしい。交換ね。
朝、コインランドリー行かんでいいと思うとゆっくり寝られた。
スッキリ。

これを機に、洗濯を「しわくちゃになったらあかんもん」と「その他」だけに分類することに。
まあ、寝具類は別だけどね。

洗濯機が壊れて9日間、コインランドリー通いだけでもヘトヘトなのに。
大きな災害に合ったら、ほんまにどないしようと思った私。

当たり前、普通の日常がいかにありがたいか!と身に染みました。

コメント (6)

日本の風景をみつめて 須飼秀和展 神戸BBプラザ美術館

2018年05月26日 19時05分06秒 | 美術館・博物館

明石在住画家の須飼さんの展覧会に行って来ました。
西日本を中心に旅をし、人との出会いや風景に心動かされ描き郷愁を誘う。

毎日新聞の「帰りたい私だけのふるさと」の挿絵や絵本の原画・・・
場所もよく知ってるところなだけに「ええ~こんなんあった?」「なつかしい~あそこ行った時さあ~」と友達と話が弾む。

で、神戸栄光教会を描いたものがあったから。「私らここで、卒業写真撮ったよねえ」と。もう40年前?


そしたら友達、「ちょっと、この須飼さん、私らよりだいぶ年下よ。1977年生まれやて~」「ええ~郷愁満ちた絵やからてっきりおじいさんやと思ってたわ。」じゃあ、私らが栄光教会前で写真撮った時、この人は1歳やったのね。

めっちゃ凹む・・・

そして元町へ

赤萬の餃子。珍しく、空いてるし「食べていこうよお」「えっ、でもこれだけやったら、お昼足りへんやん」「そんなん、後で飲茶食べたらいいやん。」

ノンアルないので私は、お水。友達はビール中瓶。私なんか、35年ぶりくらいやわ。赤萬。学生時代やお勤め時代にはよく来ててんけどね。
久しぶりに食べたけど、やっぱりおいしい。昔と変わらない。震災後も場所変わってへんしね。

この友達のいいところは、12時やからお昼食べなあかんなどの固定概念にとらわれない、餃子だけ食べて行こうよ~が出来るところ。ノリがいいっていうか。だから、もう40年以上のお付き合い。

当然あれだけでは、足りないので郡愛カフェで飲茶を。友達はモルツ。私はノンアル。
ああ~おいしい~飲茶、透き通ってるのがとってもきれい。
南京町も表通りやなくて一筋入ったら、ガチャガチャしてへんし。ゆっくり出来る。観光客も少ないから。

えびら飴もなくなり色んなお店がなくなってる。震災もあったしね。仕方ないけど、寂しいわ。

これまた、久しぶりに花見屋で買い物。子供の時に祖母とよく買ってたわ。

その後、大丸をうろつき「ラドリー」のバッグを見たけど、ちょうどいいサイズと色がなく断念。
ケーニヒスクローネで、パフェを。

苦しいよお~
主婦でいっぱいのケーニヒスクローネ。こんな時間ですもんね。夕方前。

パンとクローネも購入。

ほんまに食べてしゃべってばかりやわ。

↑チロルチョコ。カレーパンバージョンなんて恐くて食べられないわ。

小さいんやけど、なぜか一つでおなかいっぱいに。

 琵琶湖博物館の自販機にはカップのカラー占いが。
面白いね。

バイカルアザラシの模型の前で。ほんまは、横に寝そべって撮りたかったけど自粛。

美容院で、カット・カラーの仕上げに「くるりんぱ」をしてもらった。やり方を教えてもらって、それでも分からないから講師に聞いて。

何とか一人で。

でも髪の毛が薄くなってるとこ=ハゲが見えたら嫌やから、毎日夫にチェックしてもらう。
夫、どうでもよさげ。

白髪伸びてきたらできないけどね、しばしこれで過ごします。

コメント (8)

明治150年展 明治の日本画と工芸 →京都画壇の明治

2018年05月20日 19時32分15秒 | 美術館・博物館

行ってきました~チケットは持っていたけどなかなかで~

本当に良かったです。すばらしい。明治維新、東京へ遷都されて衰退してゆく京都で、美術工芸を奨励し殖産し~海外への輸出や博覧会への出品。

すばらしい日本の工芸品への関心が。

この絵も展示されてました。「洋童図」外国の男子の絵なんだけど、ちょっと不気味な感じで。何度も戻って見ました。洋服は着ているけど、持っている枝は紅葉かな?

安藤緑山のみかんの象牙彫刻。本物にしか見えないんです。ちょっと剥きかけのところが、緑に変色しているのもリアル。筍や梅、さざえなども出品されてた。

並河靖之の見事な七宝や焼き物。彫金や染付け。超絶技巧。宮川香山も出てました。
螺鈿細工に見えてしまう、刺繍作品も。

国近に行けば、必ず平安神宮の鳥居と市立美術館を写真に撮ってしまう。

案内コーナーを見たら「京都市学校歴史博物館」で、京都画壇の明治がやってるやん。
そんなに離れてるわけやないし、バスに乗って行くことに。

グーグルナビを頼りに。バス停で降りて画面には後3分と出るけど、同じところをぐるぐる回っているのか、私どっちが北か分からないし。京都やから、とにかく山があるほうが北で。
結局、人に聞くことに・・・

もうこの日は暑くて、ランチ難民やし。

その辺に見つけたお店でワンプレートランチを。おいしかった。

開智小学校を少しだけリノベして使っています。京都の学校に卒業生などから寄贈された美術工芸品がたくさん。それが、もう誰でも知ってるビッグネームばかり。

昔は、こんなのを後輩のためにとたくさん寄贈していてくれたのね。
すばらしい。

昔の教科書や学用品、ピアノやオルガンも。ピアノはスタンウエイでした。

面白かったのは、教科書が時代背景にあわせて変わっているところ。富国強兵策から戦時中、そして戦後の墨塗りの教科書。「日本は世界に誇る唯一の神の国です」って。戦時中ね

やっぱり、絵や工芸品をのんびり見て時代背景を考えるのが好き。
帰りは京都駅の雑踏をかきわけながら、何とか電車に。
はあ~すごい人。外人観光客や修学旅行生が多いね。

昨日、友達と韓国料理へ。

色んなおかずが出てくるけど、じゃがいもを甘辛く煮付けたものがおいしかった。私は、サムゲタン。コラーゲンたっぷり。おいしかったあ。昨日は、寒かったからちょうど良かったわ。

その後、場所移動してまたもやしゃべる→買い物して帰宅=いつものパターン。

こんな記事を見かけたので、パチリ。

老けない・・・外面よりは体が老けませんように。あっ、もちろん心もね。

今週もチケットが当たってしまったので、美術館に行かないとあきません。
本格的暑さにならないうちにお出かけ行動。

コメント (12)

パリ凱旋・傘寿記念 与勇輝展

2018年04月28日 13時44分13秒 | 美術館・博物館

日本が世界に誇る人形作家・与勇輝の展覧会行ってきました。

 

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/atae.html

 学生時代の友達4人で~そのうち1人は、会うのは6年ぶりくらいかな?
1人は既に60歳になっていました~

お人形、どれも本当に可愛くて繊細で。どんな小さなパーツもオブジェも手作りだそうで。
洋風のお人形もあるけど、やっぱり郷愁を誘うちょっと昔の日本のお人形がいいかな?

置屋のおみね」置屋の女の子、いずれは舞妓さんや芸妓さんになるのかな?きれいで、それでいてちょっと寂しげな~「たけくらべ」のみどりみたいな感じ?

おやつ」おやつを前にして並ばされた4人の子供達。ちらっと横目で「隣の方が大きいんちゃうか?」みたいな眼差しがありえる。

ポスターの女の子が抱いている猫ちゃんの「たま」も可愛いし。

最後には、ビートたけしや所ジョージのお人形もあって、その製作過程のビデオも流れてた。
人形展で、デパートなんで平均年齢高し。私らで若手。絶対に80overが多かったと思うわ^

この日は、住居兼会社の町家をリノベしたお店で中華を。

https://kiwa-group.co.jp/zezekan/

レトロで、広くて中国の大きな古いレストランみたいでステキだったわ~
4人でしゃべるしゃべる。まあほぼ話題は、介護・年金・結婚しない子供のことなど。
1人は、お孫ちゃん2人いる~1人は、お孫ちゃんはまだやけど結婚させてる~

学生時代の友達っていいね。同じところで若い時を過ごしているから盛り上がるツボも一緒だし~
微妙にそれぞれ環境は違っても、まあ元気でゆっくりしゃべれて展覧会行けるからいいよね~

みんなは、阪急電車。私だけJR。その時だけは、寂しかった~ずっと阪急沿線やと思ってたのに~

この日、私はインドネシアの人(多分)に道を聞かれ怪しい英語やし心配やったから、地下鉄四条駅まで誘導。
帰りの京都駅へのバスでは、落し物を2回拾い一つは運転手さんに渡して一つは当人に。
男子大学生のようで「マジにありがとうっす」と言われる。お礼言うてくれはるだけけいいよ~たまに「はあ」とぶすっとしてる人もいるからね~丁寧なスマイルで言うてくれはったわ。

そやけどみんな、物落ちてても知らん顔やね~ああ^そんなん、できへん性分で、ついつい~
思いっきり「関西のおばちゃん」してるわ~

先日の「こごみ」「こしあぶら」天ぷらにしてみたんだけど。それが、揚げても揚げても終わらへん。大量でした。
never ending cooking !

どん兵衛から出た「どリッチ どん兵衛」。
具剤が全部乗ってるの。

https://www.nissin.com/jp/products/items/8639?_bdld=3Un0Yv.lMn7JhN

お揚げさんと天ぷらとジューシー牛肉。
一度はやってみたかったって。

どれか二つだけでええんとちゃう?て思ったけどね。
そこそこ、おいしかった。でもカロリーが恐かった!

私のGWは、変な配列で、平日やったら空いてるしと思ってもお稽古あるし。
なかなかうまく行きませんね。

今日は、お医者さん→ドラッグストア→図書館→スーパーな日。

コメント (8)

堺のオダサク 織田作之助

2018年03月15日 21時37分59秒 | 美術館・博物館

週に5日仕事に行き(当たり前?でも私元々週に3日やし~)決まった時間に帰れず、気がつけば21時越えとかで。

でも、高校は志望校全員合格(ほとんど上位校)で、嬉しい知らせを聞き保護者さんの涙ながらのご挨拶にもらい泣きしそうになり、「ああ~これがあるから、できる仕事」と再認識。

そして、卒業講師の送別会でまたもや泣きそうになり。

と、怒ったり泣いたり笑ったりの日々。

前々から約束してた「堺のオダサク 織田作之助展」に行って来た。

堺って大阪でも南部やし、あんまり行ったことないんだけど。
遠いんですわ。天王寺まで出て、阪堺電車というチンチン電車=路面電車に乗り。
こないだ、BSの「平成細雪」で雪子が乗ってた。

その前にハルカスで、牛タン定食を。写真なし~おいしかった~麦ご飯にとろろかけて食べる。
又ハルカス行ったら、食べようっと。

堺を代表する千利休と与謝野晶子を通じて堺を体験できるミュージアム。

私と友達は、オダサクファン。ちなみに「夫婦善哉」を書いた人です。喀血して34歳で亡くなったから作品は少ないのだけど短編が多い。私も家に置いてます。

夫婦善哉」には、今も大阪にあるお店がたくさん出てきて、ガイドブック的な面白さも。
この展覧会には、「夫婦善哉」の草稿や妻の家計簿や初版本、オダサクが着てたトンビコートやステッキ、バー「ルパン」での写真などたくさん。

太宰治、坂口安吾、オダサクの3人の対談の様子なども展示。
バー「ルパン」今も銀座にあるらしく、若者の「聖地巡礼」になってる模様。
文豪ストレイドッグス」にオダサクも出てくるようで、しかしこれねえ~
文豪がたくさん出てくるんだけど、アニメキャラ化されてて、「そんな顔ちゃうやろ~」みたいな。
だから、若者が多かったのよ。オバハンとかおっさんは、わずかでした。

私らは、昔からのノーマルオダサクファンですが。

こちらには、与謝野晶子の本や写真もたくさん展示。与謝野晶子の本の装丁がとてもきれいで、あの有名な「みだれ髪」の装丁が藤島武二であったことにびっくり。竹久夢二などもね。
千利休関係では、茶器なども~

と心が満たされた私らは、「この辺やったらぜったいに‘かん袋‘近いはずやわ」とグーグルナビで。
徒歩8分くらいかな?

かん袋‘とは、くるみ餅のお店。くるみ餅って、くるみ使ってるんやなくてお豆さんの餡で、お餅をくるむから「くるみ餅」なの。

http://www.kanbukuro.co.jp/

鎌倉時代末期創業、そして豊臣秀吉に「かん袋」とお名前をつけられたそう。

これは、自宅持ち帰り用。

お店では、かき氷を食べた。氷の下にくるみ餅が。
一度食べてみたいと思っていた「くるみ餅」食べられて幸せ~

あん巻。利晶の杜のお土産コーナーで。

堺は餃子消費量が多いそうで、有名なこのお店にも偶然発見したので、生餃子買って帰りました。

阪堺電車沿線、危険やわ。おいしいお店がいっぱい。帝塚山って高級住宅地があるからか、ケーキ屋さんや、パン屋さん、和菓子屋さん多し。
私らには、危険なエリアやわ。

卒業講師よりいただきました。メッセージ読んだら泣けて来た~

講師のアメリカ学会のお土産~ちょっと宇宙ぽい。

ちょい、入れてみる‘もも‘。

今日の友達が、ブックカバー作ってくれた。ハイジの柄と赤ずきんちゃんのリバーシブル。
ファミリアチェックが、なつかしい。

毎日、仕事で出てるししんどいし~前々から約束してたから出かけたんだけど。
大丈夫かなあ?しんどくないかなあ?」と思いつつ。
なんせ、うちから堺までは遠いし。

でも、行って良かった。
たまにああ~行かへんかったら良かったのお出かけもあるんやけど。

これは何かな?40年以上の付き合いの友達やから?波長が合うから?混雑具合、食べたもの・買い物(食べ物ばかり)の満足具合?そんなもの色々がミックスされてのことなんやろか?

とにかく行って良かった~のお出かけでした
で、帰りは天王寺から「はるか」で京都まで。特急料金払うけど、席も広いし快適やし、そこそこ混んでたけど、自由席でもちゃんと座れたし~

気分転換は、やっぱり必要ね。

さあ、明日も仕事です。ボチボチやりましょう。

 

 

コメント (12)

田中一村記念美術館へ 奄美第一日目

2018年02月21日 11時36分40秒 | 美術館・博物館

今回の奄美大島への旅の主目的は「田中一村記念美術館」へ行くこと。
そして、飛行機は伊丹発9時25分なので、前泊。

大阪空港ホテルの部屋。実はこの旅行の二日前にトイレが故障してメーカーさんに見に来てもらったら、古くて部品もなく買い換えてくださいとのこと。・・・・

奄美大島へ行ってる場合やないねんけど。でももう予約もしてるしね。テンション低めに家を出たのであります。(だって、便器購入・入れ替え工事ともなると我が家にとっては、それなりなお値段なんやもん。おまけに漏水疑惑も)

空港内のアンデルセンで、パストラミサンドを。食べてる場合やないけど・・・

当日朝、飛行機見たら一応テンション上がる。
空きがあったので、千円でJクラスにしてもらう。←トイレ壊れてる分際で、この身の程知らずの女め!と思いつつ、狭い座席は苦手。座り心地も良かったし、(クラウンに乗った感じ)何より座席ピッチが広く1Cだったので、前に短い足を伸ばし放題。

CAさんも日本のエアラインなんで、優しい。多分時期もあるだろうし一人なので、「今から奄美に帰られるんですか?」・・・う~ん、この平べったい白い顔でそれはないですが・・・親切でしたよ。

到着したら22℃の気温。伊丹のロッカーにダウンコートは入れて薄手のコートにしたけど、それでも暑い。

空港からは「しまバス」で移動。それが、バスの乗降もゆるくて親切なんだなあ~のんびり小銭両替も出来るし。

空港からバス5分ほどで「田中一村記念美術館」のある「奄美パーク」に到着。

一村は、栃木県出身。東京美術学校(東京藝大)に入学するも2ヶ月で退学。「白い花」で入選するが、中央画壇に受けいれらず、ひっそりと奄美大島に移住。染色工として働きながら、絵を描くという生活を。

奄美大島に移住したことから「日本のゴーギャン」と言われるけど、私は絵の感じからは「ルソー」に似ていると思う。

これは展示されていた。

でも、一村と言ったら「これ」と思うのに展示されてなかったの~ガーン。

日本画にはとても見えない、油絵?と思う濃い赤や濃厚な色の組み合わせ。暑苦しい色使いと濃密な空気。

でも「草花図天井画」など琳派ぽいものもあり、やはり日本画家なのね~と思わせられる。

奄美の郷では、奄美の自然・歴史・文化を学べる。ここもゆっくり見学。

ハイビスカスの花は年中咲いているとか。鮮やかな優しい赤。

しーまクーポン(5枚で500円、5000円相当)を使って、「鶏飯ご膳」を。ご飯に鶏や錦糸卵、椎茸、パパイヤ、紅しょうが、おねぎを乗せて鶏スープでいただく。他に粒味噌や豚肉の煮物など。おいしい~でもスープで結構お腹いっぱいに。

そして、お味噌も豚肉も甘いのだ。お菓子の甘いのはOKだけど、おかずの甘いのは苦手な私。と言いつつ、完食。

これは、ヨーグルトではなくさつまいもとお米を発酵させた健康飲料「ミキ」私は、大好きになってしまい、その後ホテルの部屋であれこれ飲み比べを~

ジェラートもついてきます。黒糖ソルト。ちょっと辛いもの食べたいぞ~

この後、又バスに乗って大型スーパーのビッグⅡへ。こちらは、5400円以上買ったら自宅まで宅急便が無料に~なんかそれどころではない、大量に買ってしまった。そんなことしてる場合やないのに。

それは又、後ほど~

ビッグⅡから、しばしバスに乗って宿泊先へ。
しかし、暑い~お茶ばかり飲んでいるような~

と、一日目終了。

コメント (8)

ディズニー・アート展 大阪市立美術館

2018年01月13日 00時27分30秒 | 美術館・博物館

ヤフオクで安くgetしたチケットを握り締め大阪市立美術館へ。

ディズニーは、特に好きでも嫌いでもなく。ただ鉛筆だけのスケッチ画やラフ画が味わいあって可愛いので、友達と行くことに。久しぶりの天王寺の美術館。天王寺公園がいつの間にか、きれいな「てんしば」に変わっていた。

まずは、あべのハルカスでお昼ご飯を。

お正月らしく「」の字の蓋物が。釜飯はチョイスできるので、私は「安納芋と鶏肉」のを。糖質制限はいずこへ~ほくほくのお芋さんがおいしい。甘み強いです。

なぜか、ハルカス内にはパディントンがいっぱい。

パディントンとか雪だるまとか、そういうのと並ぶのが好きな私。

アート展では、ミッキーが初登場した「蒸気船ウィリー」の原画やフィルムが。幻燈みたいになってるもあったよ。昔懐かしい「ウオルト・ディズニー劇場」の冒頭に出てくるウオルトの写真や。

友達と「これ、子供の時やってたよね」「101匹ワンちゃん物語やピノキオ、眠れる森の美女の本買ってもらったわあ」と懐かしい話に花が咲く。二人で小さい声で「眠れる森の美女」を歌う。

新しいのだと、アナ雪やモアナやベイマックスも色々あったわ。
本当に楽しい可愛い展覧会。

500円のガチャポン。5種類のキャラクターのどれか!私の第一希望は、アリス。結果は、ウィリー。ダンボ希望の友達は、いらんて言うてたベイマックスに。

二人でギャーギャー騒いでたら、二個ともウィリーが出た見知らぬ人が「変えてあげましょうか」って。でも友達は悪いからって断ってたよ。大騒ぎの私達。

会場限定のアナ雪の豆皿680円。帰ってヤフオク見てたら、こういうのたくさん出してる人がいる。元は680円やのにそれ以上で。会場限定やと入札する人いるんだろうねえ。
熱狂的ディズニーファンもいることだし。

二階では、「カザールコレクション」。たくさんの漆芸品。見事の一言に尽きますな。私は、漆だけでなく螺鈿細工が入ったものが好き。

桜紅葉青貝色紙箱

小さい箱だけど、とってもきれい。かすかに螺鈿細工が光るのが控えめな美しさ。濃い深い闇のような漆の色に合ってる。谷崎潤一郎の「陰影礼賛」・・・・

歩き、しゃべり疲れた私達はタリーズで、スノーマンラテを。
これ、スノーマンの種類を選べるの。二人でどんだけしゃべったか!タリーズやスタバは、その空間性・サービス全てにお金を払うものだからその価格ね。

居心地の良い椅子でいられる心地よさ。
気分転換には、こういうカフェは必要ね。

目からうろこのフライドポテトのレシピ。

https://oceans-nadia.com/user/2/recipe

ついつい作ってしまいますな。おいしーい。

パパに「美女と野獣」の楽譜を台紙に貼ってもらったんだけど。
なんと出来上がったのを見てびっくり。さかさまに貼ってるやないかーい。

一枚目はちゃんと貼ってるけど。二・三枚目が見事さかさま。
どうもヘ音記号の重線が多くて音符を読み違えた?勘違いした?みたい。
ト音記号がさかさまに!

即刻、貼りなおしを命じる。

ああ~でも気づいて良かったよ私。
習ってるにも関わらず、私まで平気でそれを弾いてたらコワイコワイ。

そんなことが有り得なくもない今日この頃・・・・

コメント (14)

髙部晴市原画展 ガリ版伝承館

2017年12月02日 13時17分11秒 | 美術館・博物館

髙部晴市原画展に行ってきました。この絵本作家さんのことは、全然知らなかったのだけど。絵の感じと温かみがいいなと思って。

この方、絵はガリ版とボール紙から作っているそう。ちょっと昔っぽい、そして面白くてシニカルなものも多い。

ガリ版伝承館は、ガリ版を発明した堀井新治郎父子を記念して作られた館。出身が東近江市蒲生町なので。この父子、反体制運動にかかわっていると誤解されて戦前などは官憲の監視がついていたそう。ガリガリとアジビラとか雑誌作ってるイメージあるもんね。

私たちぐらいだと、まだガリ版覚えている。小学校の時など、プリントの配布物、わら半紙に刷られたガリ版やったし。ちょっと、学校の使って遊んでみて手にインクがついた記憶も~
今も愛好家さんがいるようで、ガリ版の道具や作品も売られていた

ガリ版伝承館は、地元ではガリ伝と呼んでる。
同じ市内とは言え、遠い~
そして寒い~

蒲生に来たら、ショッパー桜川の海鮮丼。これで千円。大きなお魚のアラが入ったお味噌汁がおいしい。
ご飯、大盛りにしましょうか?」と聞かれた私。いや、無理です。

並の海鮮丼は、500円。こちらもなかなかな充実ぶり。お魚関係の定食は500円。このお店、元々お魚屋さんやったから、お魚一押し。そして、この辺では珍しいものも置いてあるので色々買い込む。
淡路島の大江のりも買ったよ。

東近江のコストコ」と書いてるけど・・・カルディファームや成城石井、イカリが近くにない私には嬉しい。

爽やか~

猫ベッドが2950円のが1000円に。廃番商品らしい。息子からももへのプレゼント。


しかし、なかなか入らないもも。無理やり押し込んだ。ぎゅぎゅっとね。

これ、奇跡の可愛さ。100均で見つけた。

四国七十三番札所の出釈迦寺の~
いただきました。

早く茹でて食べなければ。

微妙に忙しいから忘れんようにせんとね。

コメント (14)

浮世絵 十人絵師展 佐川美術館

2017年11月02日 20時20分21秒 | 美術館・博物館

某日、一人でトコトコお出かけ!

十人の絵師の作品。
鈴木春信、鳥居清長、写楽、歌麿、北斎、広重などなど~

広重の「蒲原 夜之雪」は、初刷りと後刷りが並べられていて見比べも楽しい。
初刷りのほうが、色は透明感があったような~

丸子の茶屋もね。
いつか、丸子の茶屋でとろろ食べたい。

北斎の「神奈川沖波裏」も~かなり小さいので張り付いて見る、BIG WAVEですよね。
有名どころでは、大はしあたけの夕立、亀戸梅屋舗もね~

美人画の女性の透き通るような細面もうっとりするし、着物の柄を眺めるのも楽しい。
そして、いつも思うのだけど「藍色」ってなんて美しいのだろう?

国芳のユニークな少し気持ち悪いのも面白いし。
妖怪とかお化けとか、猫ちゃんも。

ハルカスの北斎展は、夕方からは空いているらしいのでピアノの帰りにでも行こうかと思ったけど、前日の遅くまでの勤務でヘロヘロで。
断念。まあ、あちこちで北斎見てるからいいかあ?
吉原格子の何とかは、見たいけどね~

美術館内のカフェでパスタ。結構おいしかった。平日なので、おばちゃん同士が多いね。
中には、夫婦二人で来ている人もいて。趣味が合う夫婦ってうらやましいわ。
つくづく、結婚時の選択を誤った。

まあ、あれこれ言わないだけマシか!

ほうじ茶好きとしては、見逃せない「ほうじ茶ロール」。あんまり甘くなくて、お茶の香りがしてちょっと苦味もあっておいしいです。

先月より始まった「青春ポップス」。
初回レッスンは、あみんの「待つわ」。二回目は、「いとしのエリー」を。

軽い振り付けつきで、ちょっと恥ずかしいけどみんなで歌うと楽しいわ。
休憩してお話しながらのレッスンなので、笑いありーので楽しい。

いとしのエリーは、初めは直立不動で歌うので東海林太郎を連想して、笑いこらえるのに必死。
後で、笑うのこらえてた理由を先生に話すと若干引かれたか?

まあいいか?楽しければ。
ありのままの私たちでいいんやから。

ピアノの発表会用に買いました。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/rubinkun

ステキな作品ばかり。

皆さん、また見てくださいね。
お取引もとてもスムーズで、気持ちのいい対応です。

もう1点、到着待ちです。

がんばってます。

 

コメント (8)