ゆけゆけ 桃太郎日記

岡山に単身赴任して帰ってきたサラリーマンの思ひ出ぽろぽろ

中京スポーツ杯

2016-01-31 10:22:16 | 競馬

金曜日のこと。

色んな意味で競馬に関する肩身が狭くなっている、同僚のカッシーさんから

「土曜日の午前中の推奨馬を教えて欲しい」

と、すがるように懇願されました 

 

慌てて馬柱を眺めて2レースの推奨馬を挙げておきましたが、結果は、

2着(3番人気)と10着(3番人気)

でした。。。

微妙でしたね 

 

カッシーさんに感化されたのか、なんだか最近は惜しいところで外してしまう度合いが増してきました。

大穴を取り逃がして泣きそうになることも・・・ 

 

まあ、当たらないのはいつものことと諦めて、地道にやっていきましょう。

 

今日は東京と京都で短距離レースの重賞が行なわれますが、どうもピンと来ません 

なので、誰も注目しないであろう中京のメインレース、中京スポーツ杯で勝負です 

オープンでも、準オープンでもなく、その下の1000万円下条件レース、芝1600メートル戦。

 

サウンドデューク

現在6番人気。

差しても勝ち切れず、辛うじて掲示板の乗れるかどうかといったレースが続いているので、ご覧のとおり人気がありません。

今回もスローペースが予想されるため、展開は不向きかもしれませんが、最内枠という好枠を利してロスのない競馬をすれば脈ありかも 

馬具を変える効果も出れば・・・。

 

人気のメイクやオンタケだけでなく、ハドソン、レーヴ、インストアなども差はないでしょう。

 

 

ついでに、2重賞も予想しときますか。

どちらも1番人気の馬が強そうだし、やる気はないけど。

 

根岸S(G3、東京ダート1400メートル)は、前走でノンコノユメと接戦を演じたモーニンが中心。

末の甘さは感じますが、大崩れはしないでしょう。

この他には、サクラエールレッドファルクスに妙味を感じますね。

これに老雄のグレープとマルカ、タガノなどが続く形で。

 

 

シルクロードS(G3、京都芝1200メートル)の1番人気はビッグアーサー

でしょうが、これも安定感が抜群。

他はあんまりピンと来ないのでやらない方が賢明ですな、このレースは 

京都芝の連対率が100%のダンスディレクターが堅そうですが、二桁人気の穴ならセカンドテーブルニンジャ

 

 

この他のレースは、節分S(東京10レース)がマジックタイムとオコレマルーナ、穴でラッフォル、アンジェ。

大津特別(京都9レース)は人気がなさすぎる気がするシュミットとスズカルパン、オルナ。

 

あ、「早朝派」のカッシーさん向けには、

東京2レースはヴィットリオ、京都3レースのマジメ

でどうでしょうか。

そろそろ、カッシーさんは競馬との付き合い方をマジメに考えた方がいいかもしれませんね 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同期会にお邪魔

2016-01-30 01:01:55 | 仕事

またしても日を跨いでしまいました 

 

昨日(29日)の昼食後、たまたま遭遇してしまった1Q&2Q担当のジャンケン大会に参戦(させられました・・・) 

ルールはよく分からないジャンケンでしたが、無事に収まるところに収まって・・・

大玉・ダマさんに奢ってもらいました 

(敗北感にまみれながら、購入した十数本の飲み物を勝者に配るダマさん。)

アザーッス。

 

ひろぽんは先に青汁を買っていたので、

ヴィダーinゼリーをいただきました 

勝てば官軍、ですな。

 

 

そんな昨日は春イベントやら来年度の仕込みがたっぷりの一日でしたが、夕方からは『清華苑』で懇親会 

ひろぽんは初めてのお店。

 

ひろぽんは中国地方の採用ですが、関西系の同期会に初参戦 

外様ではありますが、お声を掛けていただき、感謝です。

 

同期のクロさん、マエジンさん、マエユウさん、ヤマさん、ナカさん、アッコちゃん、キタさん、サコッティーさん、ISOさん、ヒグさんと、我が社の著名人が勢揃い 

ミノッチさんが崇拝するクロさんやバタケンさんの敬愛するアッコちゃんとも久しぶりに話をすることができました。

 

ミノッチさんとアッコちゃん話は宴席での暴走でしたけど 

 

サコッティーさん

そして、マエジンさん

昔と今で違う形で接点のあった人たちとの交流もなかなか新鮮でしたね 

 

結局、このお店には4時間近く滞在しましたが、中華料理の食べ放題&飲み放題で3000円ポッキリ。

JKチームの誇る大食漢、ミスター・マグナム・プイプイさんにオススメしないといけませんな 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドスグロンさん壮行会

2016-01-29 01:06:31 | 仕事

27日(水)のJKチームの飲み会を振り返っておきましょう。

 

今日は、とある理由からJKチームOB会となりました 

7~8年前、ドスグロン・サカナザワさんとともに仕事をしたメンバーを中心に集いました。

 

集まった理由としては、来月中旬から暫くの間、ドスグロンさんが勉強のため某国某所に行かれてしまうから 

途中で日本にも戻ってくるようですが、世の中のグローバル化に無縁だったJKチームの同僚としては一筋の光が差し込んできた感もあります 

 

まあ、そんな殊勝なことを思っている人間は殆どいないでしょうがね。

ただ単に理由を付けて集まって飲みたいだけですわ 

 

 

場所は、昨秋、SD担当のOB会で使ったことのある『たちばな』。

寂しいので幹事役を買って出た、離れ小島・コジータさんのこだわり過ぎるチョイス。

気合が入り過ぎて、コジータさんは1時間ほど年休をとって参戦してきました 

 

しかも11人席なのに、ムリヤリ12人を詰め込みましたから。

残念ながらドタキャンとなったDSさんとハゲタケ・ジャパンさんがいたら14人ですから、これも不幸中の幸いだったのでは・・・ 

 

そう、今日はドスグロンさんの人望もあって、多くのメンバーが集結したんですね。

主役のほかには、ジーザスさん、サダヲ・ニイヤン、エッズさん、ドラゴンさん、どかべんさん、でくの坊さん、コジータさん、ヤッテヤルッテ・老け崎さん、イマニティー・ネギニシさん、そしてひろぽん。

あ、ひとり人数が合わないなあと思ったら、JKチーム現役選手ですが、ドスグロンさんの同期のミノッチさんも参戦していました。

同期の中でも、ドロドロカテゴリの2人。

なんとなく似ています 

 

 

コジータさんおススメの店だけに、鶏料理の見事なラインナップ。

どれもこれもマイウーでございました 

でも、同じ釜の飯を食べた愉快な仲間たちとの昔話や近況報告が何よりものご馳走でしたね 

 

 

美味しい料理が汚れてしまいそうな、ドロドロ同期2人の醜い小競り合い 

かと思ったら、

 

仲良くゴンちゃん 

攻めるなあ。

 

約1時間経過した頃に、神戸からネギニシさんがやってきました。

その後、満を持して(?)サダヲ・ニイヤンも登場。

相変わらず怪しい雰囲気を漂わせています。

 

残っていた鶏料理が少量だったので、ブツクサ言いながら食べていましたね。

「オレは1時間遅れたけど、すぐにみんなのテンションや酔い具合に追い付くことができる」

と豪語していたニイヤン。

果たしてど~なりますか?(って、前日の速報どおりですけど。)

 

主役のドスグロンさんはジーザスさんと並んでバカ話を繰り返していました。

 

チョーご機嫌 

 

と油断していたら、ビッグマウスと態度がスリーエルで有名な坊さんからスリーパーホールドを仕掛けられていました 

ちなみに、坊さんはドスグロンさんより8歳ほど年下のはず。。。

 

こちらでも下克上が行なわれており、ミノッチさんにツッコミを入れまくるコジータさん。

大好きなビールのピッチが速すぎて、いい感じに出来上がってきました。

 

締めのラーメンも美味い。

楽しい時間というのはあっという間に過ぎていくもの。

気が付けば2時間半を経過し、店員さんから退店の催促されまくり。。。 

 

そこで、みんなからドスグロンさんへのプレゼントを贈呈。

大事に使ってくださいよ 

 

そして、ドスグロンさんの挨拶。

ドスグロンさんは、7年前のひろぽんとのエピソードなどを話していましたが、途中から感極まって男泣きでした。

ちょいと長めでしたが、とってもいい話。

 

・・・だったのに、翌日、ドスグロンさんに聞いてみたら、この時点での記憶は一切ないみたいです 

恐るべし、ドスグロン。

 

 

そして、店を追い出された我々。

ここで京都の御曹司、ネギニシさんが色んな手を使って(?)、

沖縄料理の名店「てぃーあんだ」へ 

久しぶりですな。

 

ひろぽんはこの店の2階は初めて利用したと思います。

このときは右側のサダヲ・ニイヤンはしっかりしておりました。

 

注文の際も、まだ大丈夫 

加減知らずNニイヤンは、泡盛の残波ロックを注文。

 

乾杯の際は、老け崎さんがウィットに富んだ挨拶 

うんうん、成長したぞ~ 

 

一次会でたっぷり食べたので、二次会は軽め。

それでも、いくつか沖縄料理をチョイス。

 

ここでは敢えて書きませんが、何度聞いても爆笑ネタの思い出話が続々と出てきます 

色んなことがありましたなあ。

 

「●●●ですよ~」

と何度も叫びまくっていたサダヲ・ニイヤン、絶好調 

 

のはずが、ほんの10分後には・・・

 

撃沈 

さらに、

 

雪崩現象 

ネギニシさんも苦笑い。

 

一方、ドスグロンさんは笑い続けて元気いっぱい 

というふうに周りからは見えたのですが、前述のとおり、一次会の後半あたりから記憶がなかったみたい 

どの店に行ったのかも分かっていませんでしたね。

 

そろそろいい時間になりました(おそらく11時前)。

現役選手のみのっちさんがまず挨拶をして、

(手前は撃沈王。)

 

唐突にネギニシ御曹司にバトンタッチ 

(左は撃沈王。)

 

ドスグロンさんの健闘を祈って、みんなで気持ち良く乾杯。

(中央には乾杯に参加できない撃沈王。)

 

さあ、みんなで帰ろう 

 

と思いきや、この人がいらっしゃいましたな 

撃沈王、ニイヤンさんです。

ドスグロンさんとエッズさんが割り箸やライターなどを使って、ニイヤンを叩き起そうとしています 

 

「オレはすぐにみんなのテンションや酔い具合に追い付くことができる」と言っていたニイヤンですが、追い付くどころか、一気に抜き去ってしまいましたね 

 

簡単に起きるわけがないので、みんなでニイヤンを抱えつつ、狭い階段を降りて行きます。

ニイヤンが完全に身を委ねているのは、この足(↑)で分かることでしょう 

 

店に出たら、今度はドラゴンさんとどかべんさんに抱えてもらうニイヤン。

もはや捕われた宇宙人状態でした 

 

こうなったら電車で帰れるはずもなく、同じ方向のニイヤン、ドスグロンさん、エッズさん、ひろぽんの4人で一緒にタクシーに乗り込みます 

フラフラしながらニイヤンもタクシーへ。

 

ニイヤンをタクシーに放り込んでしまえば、自然と清々しい表情となってしまう、正直などかべんさん達。

こっちは大変なんですがね 

 

その後、ニイヤンはグースカ寝ているだけで、殆ど反応を示しません。

ニイヤンの住まいのエリアは概ね分かるのですが、詳しい住所を知らず、ニイヤンも答えてくれないので、も~大変でした 

 

懸命にニイヤンの住所を探すエッズさん。

そんなこと知ったこっちゃない、ニイヤン 

でも、奇跡的にエッズさんのメールにニイヤンの住所が入っていたので助かった~。

エッズさん、グッジョブ 

 

助手席のドスグロンさん。

車内でも様々な話をしたのですが、当然、ここも記憶がないみたい 

ドスグロンさんとニイヤン、当時から7~8年経過した今も、変わらぬパワフルな2人がいました。

 

運転手さんにも相当粘り強く頑張ってもらった結果、ようやくニイヤン宅に到着。

インターホン越しに奥さまとアプローチ。

ようやく目覚めたニイヤン。

奥さまと、結果として主役の座を奪ってしまった(?)ドスグロンさんに謝っておいた方がいいでしょうな 

 

 

ドスグロンさん、研修先でもがんばってきてください 

 

かつて、エクストレイルの横で●●●したり、

●●●していて重要な会議(交渉)に遅れたため、部屋の外で耳をそばだてていたり、

●●●で個室に閉じこもっていると消防訓練が開始となり、自身の班長の腕章を個室の中から外に投げ出したり、

 

・・・と幾つもの逸話を持つドスグロンさん 

(●●●には全て同じものが入ります。)

 

よって、バイタリティーは外国人と対峙しても決してヒケはとらないと思います 

元気で、充実した時間を過ごして欲しいものです。

いってらっしゃ~~~い 

 

次は成果発表会でもやって、みんな集まりますか 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あってはならないこと(速報)

2016-01-28 00:31:03 | 仕事

今日は金ちゃんこと、ドスグロンさんを囲む旧JKチームのOB会でした 

 

もはや日を跨いでしまったので、詳細は別途とさせてください 

昔話と近況報告を含めて楽しい飲み会でしたね~。

 

電車で帰ればいいのに、同じ方面のジャーマネ4人でタクシーに乗車 

なんせ、このオッサンがグロッキー状態でしたから 

サダヲニイヤン・・・ 

 

ずっと眠っていて面倒くさいので、ネクタイをグルグル巻きにしておきました 

で、マンションに送り届けたら、インターホン越しに

 

「いつもすみません」

 

っていう、奥さまの申し訳なさそうなお言葉がありました(ひろぽんは初めてですが・・・) 

 

酒は飲んでも、呑まれるな、っちゅうことですな 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紛らわしい?

2016-01-26 23:36:16 | 仕事

今日の仕事中のこと。

 

ひろぽんが、

「ミノッチ~」

と、マーズ・クロフン・ミノーンさん(本物は左側)を呼んだところ、

 

はいっ

と声を上げて振り向いてくれたのが、ジョジョ立ちでポジションを確立した、ジョジョ・ミヨッシー・沢山先生(本物は下側)でした 

 

「ミノッチ」と「ミヨッシー」で聞き間違えちゃったんでしょうな 

 

各々のニックネームがまだまだ浸透していないのか、それとも数が多すぎるのか、はたまたそもそも本名で呼べばいいのか。。。

難しいもんですな 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加