ゆけゆけ 桃太郎日記

岡山に単身赴任して帰ってきたサラリーマンの思ひ出ぽろぽろ

NSN-Fトーナメント 準決勝

2013-03-31 22:26:31 | 家族

今日は午後からNSN-Fトーナメントの準決勝戦 

決勝進出すれば県大会への出場切符を得ることができるのですが、運にも恵まれ、あれよあれよという間にここまで勝ち上がってきたKTチームにとっては正念場の一戦。

というのも、今日の相手は今年の市内少年野球チームの中ではナンバー1の呼び声も高いKYEチームですから 

ここのグラウンド脇にある桜ですが、一週間前に見た時よりもさらに開花していました。

KTチーム打線も今日から開花宣言、って都合よくいかないもんですかねえ 

 

 

そのKTチームの試合前、もうひとつの準決勝でクラブチーム同士の熱い戦いが繰り広げられていました。

0-0のまま延長サドンデスに突入し、最後はMRNチームがVCTチームに競り勝ちました。

この両チーム、なかなかレベルが高いですわ 

 

 

さあ、KTチームのみんな、相手は格上なんだから遠慮せず思いっきりぶつかってきなさ~い 

大金星を狙っていこ~で~~~。

 

と、気合いを入れて試合に臨んだようですが・・・

 

結論から言うと・・・

 

KYEチームに5-1で敗れて、決勝戦進出も、そして県大会への出場の夢も断たれてしまいました 

 

先発のエース・リュウ選手は粘り強く投げましたよ 

6回2/3を投げて失点5。

相手に2~3個与えてしまった四球と、3回に味方の守備が少し乱れたときに相手に集中的に付け込まれたことを除けば、かなり踏ん張りましたわ。

 

最終回に二死満塁で緊急登板したライオンくんも、

きっちりと抑えてくれました 

 

 

強豪KYEチームでは、エースで4番のHくんがまさに投打の柱となっている感じ。

(Hくんの向こうにはゆうと選手が 

 

Hくんはかなり大柄ですが、ゆうと選手と同じ新5年生。

ゆうと選手も大きい身体をしていると思いますが、さすがにこのHくんの体型には及びません。

さらにHくんのバットは(先日、ゆうと選手も購入し、試合では未使用の)イエローモンスターこと、カタリスト 

案の定、初回にもの凄い打球のスリーベースヒットを打たれ、先取点を奪われましたね。

 

このHくんはピッチングの方も安定感バツグン。

どことなくメジャーリーグから日本にやってきた外国人選手のような投げ方をしています。

同じ職場のリッチーさんからも事前に、「Hくんは4年生のときから上のリーグでも目立っていた選手なので要注意」と聞かされていましたが、まさにその通りでしたね。

ボールは決して速くはないけど、コントロールが抜群で、手元でビュッと伸びてボール自体がかなり重いのが特徴です 

 

KYEチームはこのHくんのワンマンチームですが、個々の選手も野球を知っていて小技を絡め上手に点を取っていきました。

が、負け犬の遠吠えのように聞こえるかもしれませんが、両チームの差は現時点での経験値による実力差であって、個々の力量はそれほど差がないように思いました。

でも、くやし~~~ 

 

大勢が決してしまった感のある最終回(7回)、Hくんと対峙するゆうと選手 

ゆうと選手は前の1・2打席ともに内野ゴロに打ち取られてしまって、この日、3度目の勝負。

 

Hくん得意のアウトローのストレートに対して、食らいつきながらおっつけてライト線へのヒット。

これぞ、男の意地っ 

 

Hくんとの初めての対戦は3打数1安打に終わりました。

これからも精進して、この対決が『名勝負数え唄』となることを期待したいところですね。あくまでも、ひろぽんの勝手な名勝負ですけど 

 

 

アシタ~~~

試合終了後のKTチームベンチでは泣いている選手もいたようですが、その気持ちを次に繋げて欲しいものです。

試合や練習を通じて技術はもちろん、状況判断力を養うこと、そして何よりもベンチやグラウンドでの声出しを含めたチームの一体感の醸成が今後の課題でしょうか 

 

もっと楽しく、声かけ合って野球をやってちょうだい 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花見と言いつつも・・・

2013-03-30 23:52:46 | 競馬

いよいよ桜は満開に近づいてきましたかね。

そこで、今日は職場の有志でお花見に 

多少気温は低めですが、それでも晴天に恵まれて青空の下、より一層桜が映えていました 

花見の場所はこちら 

阪神競馬場 

(桜花賞は来週ですが、入場口には宣伝用のボードが飾られていました。)

 

朝9時半過ぎに自転車で来てみると、そこそこ競馬ファンが集まっていました。

あんたも好きねえ 

 

そして、今日の観戦場所は3階の自由席ながらこんなにグッドポジションが用意されていました 

目の前にはテレビカメラマンが陣取るゴール前。

 

この場所を勝ち取ったサムライたち。

エテキチ先輩、段平さん、にゃごやさん、ハギさんの4人。

8時くらいから入場門前に並び、開門と同時に2列目から猛烈なロケットダッシュを決めたエテキチ先輩が押さえたみたい 

見ていたメンバー曰く、競走馬がゲートから出ていくよりも速かったらしい 

 

アザーッス 

 

 

席から芝1400メートルのスタート地点の付近を見てみる。

芝生と桜の組合せがなんともきれい。

 

 

そんな景色よりも馬券の方が大事な(?)メンバー。

予想している時もレースを観戦している時も当然のことながら常に真剣 

会話は少なくなります。

 

そんな中、競馬をやるのは10年振りくらいというハギさんが1レース目から三連単をゲット 

しかも、この後、4レースまで4回連続の三連単ゲッチュを決めるという偉業を成し遂げました 

 

神が降臨 

 

確かに人気馬が上位に顔を出し、馬券的には堅かったということもありますが、それでもたいしたもんです。

それと、ハギさんの勢いに隠れていますが、実はモーレツダッシュ・エテキチ先輩も1レースから4連勝しちゃっていました 

 

ひろぽんも負けちゃいられません。。。

パドックでもチェックも怠りなく。

 

1レースの本命カノン(7番人気)は、

2着に入ってくれましたが、当たって損 

 

3レースの本命コンゴウセイウン(5番人気)はパドックでえらく落ち着きがなかったのですが、

案の定、ゲート内で暴れて尻もちをついていたのに出走除外にもならず、大外枠から発走させられて、結果は9着 

出走除外なら投票したお金が返ってきてたのに~。

 

4レースあたりからひろぽんの悪い癖で大振りし始めて、10番人気のドヴェルグから勝負したところ、

13着に撃沈・・・ 

 

起死回生の一発を狙った5レースも、9番人気のヒカリサスペンスから果敢に攻めて、

何の見せ場もなく14着・・・ 

 

この後も、8頭立てのレースでも数少ない購入していない馬が激走するなど、何をやっても裏目、裏目に出てしまいました。

 

左から堅実に当てているエテキチ先輩と、ひろぽん同様スカってばかりの段平さんの後ろ姿。

やはり段平さんの方がどことなく哀愁が漂っていますな。

 

あまりに当たらないので、「こんな3階席じゃなくて馬場の前で見にゃ当たらんのや」と勝手な思い込みで、外に出てみたひろぽん。

外から4人を激写 

ついでにKBS京都のカメラマンさんも激写。

 

が、もちろん、どこで応援しようと、当たらないものは当たりません 

 

そういえば、6レースだったか、にゅごやさんとハギさんも外に出て行きました。

中央下に2人がいますが分かりますか 

 

アップしてみましょう。

そして、その結果はこう。

うつむき加減で馬場を後にする2人 

にゃごやさんはひろぽん同様、苦戦していましたが、一緒に観戦して「感染」してしまったのか、この後ハギさんは連敗街道に突入しちゃいました 

 

あ、この後の7レースでちょっとした事故が。

好調エテキチ先輩が本命にしていた7番枠の馬(バハドゥール)がスタート直後に落馬。

この時点でエテキチ先輩のこのレースは終わってしまったんですが、ゴールした後も馬が止まろうとしません 

数名の係員の人達が赤い帯で囲んで止めようとしても、お構いなく駆け抜けていきます 

 

本当に軽快。

だいたい馬に人が乗ること自体がおかしいんじゃないかと思ってしまうぐらい楽しげに。

そして、ゴ~~~ル。

と思いきや、この後もまだまだ走り続けて、3~4周は走ったと思います。

このレースは1400メートル競走でしたが、この馬だけは5000~6000メートルは走ったんじゃないですかね 

 

自分の本命馬の「迷走」に笑うしかないエテキチ先輩 

まあ、本命馬が落馬はしなくても、馬券は外れてしまったひろぽんも笑うしかなかったけど・・・。

 

その後、13時半過ぎになって、もう1人のメンバーのパクさんがようやく到着。

回転焼きの差し入れをいただきました。

アザーッス 

 

 

そうこうしているうちに後半のレースへ突入。

すると、阪神競馬場だけでなく、テレビ放映の中山競馬場のレースにも手を出し始める面々。

仕事中には見せない真剣な面持ちの4人。

 

この真剣さが功を奏したんでしょうか、中山9レースでひろぽんが一発逆転打を放ちしました 

2・10・11番人気の人気薄の組合せの三連複で約490倍 

負けがこんでいただけに、これで少し安心。

 

目の前の阪神競馬場のレースはからっきし当たらないけど、

それでも余裕がでましたね。レース中にこんな写真を撮りまくるくらい。

 

 

ちょっと余裕のなくなってきた面々 

この後、ひろぽんは中山の最終レースもゲットして、なんとかプラス計上で終わりました 

こんなことなら中山競馬場の方に行けば良かったかな(爆)。

 

途中参戦のパクさんも中山メインで三連複・万馬券をゲットし、結構プラスだったはず 

前半貯金をしまくったエテキチ先輩とハギさんはトータルでまずまず。

段平さんとにゃごやさんがちょっとしんどかったかな。

 

花粉は飛び散っていましたが、楽しい1日でした 

競馬部。

また定例会をしましょう。

 

 

競馬で少し勝ったので、家族サービスも兼ねて今日は外食へ 

超久々のフォルクス。

ごちそうさまでした 

 

 

あ、そうそう。

ひろぽんは「花見」だったので応援に行けませんでしたが、今日のKTチームはKリーグ初戦を迎えました。

が、KREチームを相手に1-6で負けてしまったようです 

(ゆうと選手は、3打数1安打/1盗塁)

 

明日は、NSN-Fトーナメントの準決勝ですから、今日の反省を活かして強敵にぶつかって欲しいですね。

ひろぽんの今日の「花見」のような土俵際の一発をかましてくれないかなあ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013プロ野球開幕

2013-03-29 22:53:33 | プロ野球

今日はプロ野球開幕戦 

選抜高校野球やゆうと選手の少年野球も始まっていますが、いよいよ球春到来という感じがします。

 

我がジャイアンツは東京ドームでのカープ戦。

そして、開幕投手は20歳の宮國くん。

そう、昨年7月、甲子園球場でボールにサインをしてくれた、ジャイアンツの次代を担うイケメンくん 

誕生日の野球観戦

今日の試合は開幕投手の重責や緊張感もあってか、今ひとつピリッとしませんでしたが、それでも粘り強いピッチングで試合は作ってくれました。

6回1/3で失点3ならマズマズでしょう。 

 

今日は新外国人のロペスと男・村田にもソロホームランが出ましたが、殊勲はこの人。

ワッキーこと脇谷選手。

右肘手術で昨年1年間はリハビリのため育成選手として過ごしましたが、復帰戦となったこの試合の7回に逆転タイムリーヒット 

苦労がこうして報われて、本当に良かったですわ。

 

その結果、試合内容自体は終始押され気味でしたが、4-3でジャイアンツが辛くも勝利を挙げました。

長いシーズンのたかが1勝。

それでも開幕戦の勝利は格別ですね 

戦前の予想では優勝候補のド本命に押されているものの、そんなに簡単なもんじゃないと思いますが、2連覇目指して面白い野球を見せて欲しいものです 

 

 

他のセントラルリーグの試合では、メジャー帰りの西岡や福留などの活躍で猛虎打線が大爆発。

さらに、中日から引き抜いた(?)ブランコの力でDeNAが中日に勝ってしまうなど、今年の補強策がズバリ的中した試合となりましたね。

ずるいぜ、キヨシDeNA 

 

 

まあ、ずるいといえば、日本ハムの大谷くんですな。

この子は何か持ってますわ。

8番ライトで先発出場しただけでなく、2安打1打点と結果を残してヒーローインタビュー 

これからずっと二刀流でやっていけるほどプロの世界は甘くはないでしょうが、それでも天は二物を与えているかのように感じましたね。

オジサンは羨ましいっす。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒いキャラメル

2013-03-28 23:37:30 | グルメ

昨日ダイエットのネタを出しておきながら、今日、会社の売店でこんなものを思わず買ってしまいました 

 

森永ミルクキャラメルシリーズの『黒いキャラメル』。

カラメルのほろ苦さと深いコクが特徴とうたわれています。

そうですねえ、食べてみると味は那智黒のキャラメル版といった感じがしますね。

もっと突拍子もない味を予想していましたが、わりとオーソドックスなタイプで、甘くて美味しい 

 

たしか売店には売ってなかったけど、今度はコレを食べてみたいですな。

『あずきキャラメル』。

 

まあ、なんとなく味は予想できますがね 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

テテテテッテテー

2013-03-27 23:10:50 | 日記

ぼく、ドラえもんです。

大好物のどら焼きをたくさん食べても、

流行の美木良介さん推奨のロングブレスダイエットに取り組むだけで・・・

 

 

 

テテテテッテテー

 

 

 

ぼく、ホリエモンです 

ホリエモンさん、今日「出てこられた」ようですが、えらくスッキリとしましたね~ 

それもそのはずで、規則正しい生活によって約30キロもダイエットしたみたいですが、これも「想定の範囲内」  

まあ、メタボのひろぽんからすれば羨ましい限り。

 

10年前は飛ぶ鳥を落とす勢いで、まさに時代の寵児だったホリエモンさん。

見てくれもシャープになって、ふてぶてしさが影を潜めた気もしますが、これからどう反転攻勢をかけていくか見ものですな。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加