ゆけゆけ 桃太郎日記

単身赴任先の岡山から帰ってきたものの、ふたたび東京に単身赴任となったサラリーマンの思ひ出ぽろぽろ

1センチ

2013-10-06 00:58:20 | 家族

1センチ。

たった1センチ。されど1センチ。

 

 

昨日、土曜日はがくと選手が近隣エリアの陸上競技大会新人戦に出場。

よってその応援に行ってきました 

出場したのは、先月の市の大会(陸上新人戦2013)で入賞した4×100メートルリレーと走り幅跳びの2種目。

 

リレーは市の大会で2位、先日の県大会でも決勝進出にちょい足らずだったので大いに期待していたんですが、なんとバトンミスがあり予選落ちに・・・ 

 

残すは走り幅跳びののみ。。。 

大会が市から近隣エリアへとグレードアップしているので、まあここは腕試しですな。

 

がくと選手の前の順番は優勝候補の一角であるKK中のT選手。

できる人の後っていうのはさぞやりにくいだろうと思っていたら、同じ市内の中学生どおしだからか、フツーに会話をしていましたね。

 

T選手が大跳躍を見せてくれた後、がくと選手が登場。

精神集中。

 

そして、猛然とダッシュ 

スピードを加速して

 

ジャ~~~ンプッ

これほど踏み板のタイミングと跳躍の角度、姿勢、着地のバランスがドンピシャだったのは初めてかも 

 

その結果・・・

 

1本目で自己記録を14センチも更新したと思ったら、2本目は(その1本目を)更に13センチ更新 

この日だけで合計27センチも記録を伸ばしていました  

 

 

この記録を見てひろぽんも「ひょっとしたらファイナリストに・・・」といった妙な欲が出てきましたが・・・残念ながら出場ならず。

(ファイナリストの8人)

 

ちなみに、がくと選手とファイナリストの椅子に最後にすべ込んだ選手との差は、なんとわずか1センチ 

 

惜しい、惜しすぎる~ 

 

まあ、ひろぽんが悔しがってもねえ。

がくと選手本人が一番悔しいでしょうし、自己記録を一気に27センチも更新したんだから凄いぞなもし 

なんとなく誇らしげな背中 

 

この1センチの持つ意味合いをしっかりと受け止め、来年に繋がっていくといいですね。

おつかれさんでした。

 

 

あ、この日はがくと選手の応援を優先したけど、一方のゆうと選手は神戸方面でロッキーカップトーナメントの試合があり、5対1で勝利し、初戦突破していました 

三振、四球、死球・・・と4番打者の働きとしては納得できなかったかもしれないけど、まずは勝って何より。

こちらもおめでとう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お祝い会~倍返し | トップ | 金ちゃん気分爽快 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家族」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事