ゆけゆけ 桃太郎日記

単身赴任先の岡山から帰ってきたものの、ふたたび東京に単身赴任となったサラリーマンの思ひ出ぽろぽろ

ジーアー&バーサー祭り

2018-10-05 23:06:15 | 釣り

昨夜、東京から戻ってきて、悩んだんですよね~。

 

「今度の三連休も台風の影響があるし、休みをもらった金曜日に釣りに行っとくか」

「でも、雨予報だし、風も強そうだな」

「明日はムコイチの渡船は午前中までらしいし、夕方に活性の上がるタチウオは望み薄」

 

ってなことを考えていたら1時過ぎまで寝つけず、挙げ句には釣りに行くのを自重した夢まで見ました 

 

が、5時前に起床してしまって、いざムコイチへ 

6時過ぎに船に乗りました。

朝日も顔を覗かせて天気はまずまずでしたが、風が強くて波も高し 

 

平日だし、午前中のみってことで釣り人も少なめ。

夜までいることができたら、思いっきりタチウオ日和だったのになあ。

 

と思いましたが、それは一瞬のこと。

外向きでタチウオ釣りを始めると、東風が強すぎて釣りにくいったらありゃしない 

 

周りにはメジロやサゴシを狙っている人たちもいましたが、投げて、巻いて、しゃくって・・・の繰り返し。

釣れている人を見かけませんでした。。。

 

1時間ほどタチウオ釣りをしていると、下の方をジーアーっぽい魚が元気よく泳いでいる姿が見えたのでシフトチェンジ 

 

ブルルッ。

久しぶりの感触。

20センチ弱のいいサイズの赤アジが釣れました 

 

この後も一時的に魚影がなくなるタイミングはあっても、ちょっと辛抱すればコンスタントに釣れだします。

2連チャン 

3連チャン 

これくらいのサイズが3匹となると結構な引きを味わうことができますね 

 

たまに、横に思いっきり走られるときはアジではなく、それはバーサー。

しかも2匹だと走りが倍速モードになりますから 

釣った後はできるだけ鮮度を保つよう、速やかにサバ折りします。

 

しばらく当たりが止まったら休憩タイム。

海を眺めて食事をとったりしながらまったりと 

こういう時間はいいねえ。

 

こうやってのんびりできるのも、本命のタチウオを諦めたものの、一応お土産をゲットできたからこそ。

睨まないでくれよ~ 

 

結構釣れましたな。

隣でずっとメジロ狙いだったお兄さん(少なくとも自分よりは若い)が話しかけてきました。

「あんまり釣れないものだからもう帰ろうかと思ったけど、アジを釣った方が良さそうですね」

(手前の人がそのお兄さん)

そうそう、それでいいと思うよ 

 

それからも地道に釣って、11時頃に(本日の最終一本前の)迎えの船が来たので納竿。

もう少し粘って、時間帯的にはダメ元のタチウオを狙ってみようとも思いましたが、睡眠不足で眠いこともあって切り上げました。

 

帰る時も激しく東風が吹いていましたね 

次なるタチチャンスを狙いたいものです 

 

 

帰り道。

ちょうど昼どきだったので、『にしのみやラーメン』へ。

ランチセット(チャーシュー丼プラス)をいただきました 

 

にしのみやラーメンは昔から好きなラーメンのひとつ。

家族揃ってよく行ったなあ。

伊勢海老ベースの出汁がたまらないんですよね 

 

ラーメンの具としては珍しい白菜のシャキシャキ感と甘みもスープにマッチしてグー 

ただ、自分の舌が肥えたわけではないのでしょうが、昔よりも伊勢海老の風味が少なくなった気がしましたね 

相変わらず美味しいのですが、ちょっと残念でした。

 

そして、お腹が満たされて自宅に帰ると・・・

100匹位のアジと十数匹のバーサーがお待ちかね。

ここからのしごう(下処理)が大変です 

 

アジだけで満タン。

そこにバーサーを入れると溢れそう。

数が多いし、鱗取りや内臓処理が大変ですが、美味しく食べたいのでがんばりましょう。

 

しごう中、心が折れそうになることが何度かありました 

「タチウオだったら、(大きく、鱗もなく、内臓も少ないので)どんなに楽なことか」・・・て。

 

ひと通り処理をした後、今日家族で食べる分を料理していただきました。

アジの刺身。

脂がのっていて甘くて美味しい。

 

サバの竜田揚げとサバの塩焼き。

こちらは嫁さんにサポートしてもらいました。

揚げたり、焼いたりしていても、サバの鮮度のよさを感じましたね 

 

明日は怒涛のアジ尽くしによってアジフライかな。

 

直前まで釣行を悩みましたが、天候も強風以外は悪くなかったし、そこそこ釣れたし(本命以外ですけけど・・・)、何よりもリフレッシュできたので良かったです 

今度こそドラゴンゲット 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« セクションJ2018下期キックオフ | トップ | 昼は毎日王冠、夜は凱旋門賞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事