ゆけゆけ 桃太郎日記

単身赴任先の岡山から帰ってきたものの、ふたたび東京に単身赴任となったサラリーマンの思ひ出ぽろぽろ

今年は京都でJBC

2018-11-04 08:32:00 | 競馬

今日は統一G1が3連発 

例年なら全国の地方競馬場で持ち回り開催されるJBC競走ですが、今年はJRAの京都競馬場で行われるんですね。

地方馬よりも中央馬が強く、その中央馬の出走が少ないことから「当てやすいけど、オッズは低い」というのがJBCの特徴でした。

が、今年は中央馬の参戦が多く、しかも京都コースとくれば傾向も変わりそうです 

 

なんて偉そうに言っていますが、まるっきり分からないので勘を頼りに予想しておきます。

 

 JBCスプリント(統一G1、京都ダート1200メートル)

レッツゴードンキ

現在2番人気。

かつての桜花賞馬ですが、芝のG1レースではあと一歩足らない場面が散見されます。

先行有利の京都ダートコースですが、統一G1ということで激流となればこの馬の末脚が火を噴くかもしれません 

穴ならナックビーナス、テイオーヘリオス、ニシケンモノノフあたり。

 

 

 JBCクラシック(統一G1、京都ダート1900メートル)

オメガパヒューム

現在3番人気。

ダート界は叩き上げられた古馬が強いと思うので、この3歳馬は苦戦するかもしれません。

例年の地方開催なら場数が問われそうですが、今回は京都ですし、スムーズな競馬ができればチャンスあるかも 

 

 

 JBCレディスクラシック(統一G1、京都ダート1800メートル)

クイーンマンボ

現在2番人気。

この馬には、先月の「裏大井町会」におけるメーンレースで裏切られてしまったんですよねえ 

その前走があまりにも惨敗だったので巻き返しは難しいような気もしますが、今度は砂の浅い京都のダートへの変更に望みをかけましょうか。

 

 

 アルゼンチン共和国杯(G2、東京芝2500メートル)

ルックトゥワイス

現在3番人気。

準オープン競走で2~3着を繰り返す勝ち切れない格下馬ですが、ハンデは前走から3キロ減と恵まれました。

5歳馬といってもここまで間隔を空けて大事に使われており、オクテの血がここで開花する可能性は大でしょう 

これに続くのがパフォーマプロミスとムイトオブリガード、超大穴で軽量のマコトガラハッド。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 直撃! | トップ | 元セクションJジャーマネ会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事