ゆけゆけ 桃太郎日記

単身赴任先の岡山から帰ってきたものの、ふたたび東京に単身赴任となったサラリーマンの思ひ出ぽろぽろ

古巣訪問

2018-12-01 21:36:15 | 旅行

昨日(金曜日)、朝から新幹線に乗って西へ 

ここから週末を挟んで大阪⇒広島⇒大阪の出張。

青空をバックに雄大な富士山。

 

同じ新幹線に乗っていたコロボックルさんと新大阪駅のホームで合流。

いい時間なのでランチにしましょう 

 

新大阪の食堂街は個性的な店が多くて目移りしましたが、大阪名物の串かつにしました。

あまり考えずに入ったのですが、予想以上に(?)美味しかったですね 

 

そこから目的地に向かいます 

訪れるのは久々です。

通算12年強も通った場所ですから、頭の中を色々な思い出が駆け巡ります。

 

こちらでは2つほど打合せがあったのですが、そのひとつが古巣のJKチーム(現JSKチーム)。

ネギニシ講師とミドルリバー助手、オスイチロウアドバイザーによるレクチャを受けました。

ネギニシさんが喋り過ぎて助手のミドルリバーさんの活躍の場を失わせていましたね 

 

なので(?)、連写でどうぞ 

今年は「まな板の上の鯉」状態のふたりですが、コンビネーションは良さそうでした 

 

この職場を離れてから1年半ほどしか経っていないものの、古巣のセクションJはフロアプランやメンバーも変わり、新鮮な感じがしましたね 

 

この日のミッションが完了したら、10年強ほど前の同僚たちとの宴となりました 

場所は梅田の『九州うまか』。

今年の8月に類似メンバーとの飲み会をドタキャンしたK介さんが責任をとる形で幹事として実現しました。

でも、K介さんは5分遅刻してきましたけど・・・ 

 

出張組の我々ふたりのほか、幹事のK介さん、アドバイザーのオスイチロウさん、

オマリーさん、エテキチ先輩、

ゴロウさん、メンタイさん、

と懐かしい人たちが集まりました。

 

胡散臭いメンバーが揃っていた当時のJKチームですから、ネタには事欠きません。

爆笑ヒットパレード 

かなりオープンにできない話ばかりなのですが(苦笑)、毎回同じ話題となっても外さない安定感があります 

まあ、話題の中心は(この日所用で不在にも関わらず)タケチロウさんでしたね。

 

あ、そうそう。

ドリンクの回転が悪すぎると言って怒っていたのがコロボックルさん、そしてオマリーさん。

オマリーさんはかつて伝統のベスアホで「最優秀短気賞」を受賞したことのある実力者ですから 

それでも大人になったかな。

 

そして、12~13年前、とある確執(?)のあったふたりが遂に和解 

コロボックルさんは全く記憶になく、ゴロウさんが一方的に鮮明に記憶していた事件のようですが 

 

いずれにせよ、めでたし、めでたし。

(オスイチロウさん撮影&投稿)

 

みなさん、ありがとうございました。

お互いに歳こそとりましたが、よい意味で変わらない空気感を満喫した時間でした 

 

そして、同じ方面に帰ろうとしたオスイチロウさんとゴロウさん、オマリーさんと一緒に軽く2次会へ。

フライデーナイトということもあって、大阪駅のガード下の店はどこもいっぱい 

そこでオスイチロウさんが強く勧める洋食&喫茶の店「マルマン」に入りました。

 

チーズハンバーグに挑戦してみましたが、なんとも表現しようのないハンバーグでしたね 

オスイチロウさんも負けじとタコ唐揚げを注文しましたが、これまた撃沈でした。。。

 

これにはゴロウさんも放心? 

結局「軽く」とはいかず、じっくりとヘビーな話をすることができました。

当時はやんちゃなヤンジェネ軍団だった彼らですが、今や要職に就いているのは感慨深いものですね 

 

お疲れさまでした。

今度は東京でやりますかね 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 全国行脚2018<札幌> | トップ | 第19回 チャンピオンズカップ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
加筆修正 (オスイチロウ)
2018-12-02 08:54:58
金曜はお疲れ様でした!
今のメンバーにも振り返ると笑える濃い時間をしっかり過ごしてもらいたいです。

一旦修正まで。二次会の店は、私のお勧めではなく、某部門の隠れ家的有名店でございます!
Re:加筆修正 (ひろぽん)
2018-12-02 09:26:03
オスイチロウさん、おはようございます!
久しぶりの古巣訪問では明らかに「ランハラ」と分かるブツもありましたね

金曜日は笑いの絶えない時間をありがとうございました。
ただ、二次会の店はいただけなかった・・・
あれでは決してメジャーにはなれないし、ずっと某部門の隠れ家のままでよいと思います

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事