自家用操縦士hiropochiの雑記帳

2006年春 軽飛行機の操縦訓練を始めたhiropochiの訓練記録など徒然に...。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フライトざんまいの日々

2018-05-04 | フライト日記

先月の半ばごろ、気象状況と諸々のタイミングがあったので、いつも使わせてもらっている機体をお借りして、2日間に渡ってフライトしました。


1日目 

①熊本ー大分 空輸ミッション 東向きなので5500ftで巡航し久住を経由して高崎山の脇を抜け杵築へ。Landing Instraction をもらうと、150°から15KT程度吹いていて、RWY19のダウンウインドを通報せよとのこと。ベースに入るあたりで、相当気流が悪く面白いぐらい揺れる。ファイナルに乗ると結構吹いていて、右ラダーを結構踏んでウイングローでアプローチ。50ft AGLぐらいから少し弱まったので修正し1回目のTGL。3回を予定していましたが、かなり気流が悪いのと長男が同乗していることもありIntention changeでNext full stopを通報して着陸。 


②大分ローカルフライト 長男に加え、初めて両親を乗せての大分市内遊覧へ。空港の周辺だけ風が強いみたいなので、離着陸は少し揺れる旨を説明し、RWY19から離陸。佐賀関方面へ向かい、そこから沿岸部や大銀ドーム周辺を経由し市内中心部、別府沿岸をクルッと回ってミッション完了。 楽しかったらしく、少しだけ親孝行ができました。

③大分ナイトフライト#1 会社のヒコーキ好きの後輩に声をかけていたが、夕方以降じゃないと難しいとのことで、結局19時ごろから長男も加えた3人でナイトへ。鶴崎の臨海工業地帯〜パークプレイス大分〜市内中心部〜別府という遊覧コースを巡った。 日が暮れると風も少し収まるかな?と思っていたら、相変わらずでした。

④大分ナイトフライト#2 こちらも会社の後輩(+元後輩)に加え、某友人と2度目のナイトへ。同じようなコースを回りながら、友人のリクエストで別府のSホテルあたりまで近づいて別府上空を大きく旋転し帰路へ。(写真は大分市中心部/LEDの府内城もはっきり見えました)

遅い時間で、定期便の最終が到着したこともあり、風も徐々に収まって来たようなので、Expect RWY 01 Straight inをリクエストするとあっさり許可。Report 2miles on final とのことだったが、もっと手前で Cleared to Landが発出され21時20分 RWY 01に着陸しSPOT in。この日の最後の客となった。
 
2日目
⑤大分ー松山
もともと機体を返すだけの予定だったが、前夜きた友人が何処かに行きたいというので、時間の制限もあるので 取り急ぎ 近場の松山へ。 空路入りは2015年ぶりかな? 同乗者を連れてきたこともあり、前日と同じように別府を経由し大分市内を遊覧した後 いつものSotuh pointに向け出発。何回か旋回させられたのちRWY14のダウンウインドへ入り着陸。 時間がないので、同乗者たちに先にターミナルへ行ってもらい、その間に給油の手配。

AVGAS また値上っていた...。バタバタと昼食をとり、お土産を買って帰路を急ぐ。釜揚げしらす丼は美味しかった! またみかんジュースの蛇口が有料になったかわりに常設となっていた。

⑥松山ー大分 大分で同乗者たちに降機してもらい、ソロで熊本へ。 

⑦大分ー熊本 視程があまり良くないが全般的な気象状況としては悪くないので、往路の逆コースで6500ftで高崎山の横を抜け久住ー産山を経由して熊本へ。

高度を下げていくと気流が悪い! TCAにコンタクトすると、Report 立野とのことで、通報するとすぐにタワーへハンドオフされた。熊本は風も弱くRWY 25へストレートイン 早々にCleared to Landが発出され、程よい正対風もあり1つ目のインターセクションでタクシーアウトしPエプロンへ。17:25フライト終了となった。


 
 
[飛行機]   2日間の飛行時間   6時間10分 着陸回数8回
     これまでの総飛行時間 272時間50分 着陸回数755回 

コメント   この記事についてブログを書く
« プレ・バースデーフライト | トップ | 航空安全講習会ほか »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フライト日記」カテゴリの最新記事