味園博之のブログ-文武両道「空手道と南洲翁遺訓」他古典から学ぼう

平成の今蘇る、現代版薩摩の郷中教育 
文武両道 「空手道」と『南洲翁遺訓』を紹介するブログ

伊川先生の春秋傳序に曰く、

2018-01-09 09:54:38 | ブログ
第3297号 30.01.09(火)

伊川先生の春秋傳序に曰く、天の民を生ずる、必ず類を出づる才、起りて之に君長たる有り。之を治むれば争奪息み、之を導けば生養遂げ、之を教ふれば倫理明かなり。然る後に人道立ち、天道成り、地道平かなり。『近思録』212

 伊川先生の春秋伝序にこう記されている。「天が民を生むとき、必ず特にすぐれた人物が出て、民の指導者になる。この人物が民を治めると人々の間の争いがやみ、民を導けば民の生活が安定し、民を教育すると人の踏むべき道が明らかになる。そこで始めて人の行うべき道が確立し、自然の運行がきちんと行われ、山川は荒れずにおだやかになる。213

 【コメント】「天が民を生むとき、必ず特にすぐれた人物が出て、民の指導者になる」とありますが、場末に住む我々にはとても手が届かず関係ないことですが、それでも出来る範囲で地道に只管努力することが大切であると思います。

 どんな人間でも一からはじめるのです。出来ない我々が夢を抱くことは大事ですが、一人前になるためには、出しゃばらず、謙虚にやり続けることだと思います。
 
 大した努力もせず、降って湧いたようなものを手にした場合、失う速さもすぐ来るのです。要は勤勉・努力・継続・真摯といったかけがえのない物を尽くし続けることだと思います。

 特に政治家が呼びかける平和・安全・人権には厳しい規律をセットにしなければならないのです。暴力はいいことではありませんが、気の入らない人間には、怠けた人間を矯正するためには、厳しい規律が必要な時もあるのです。

 軟弱な精神を矯正できずに非違行為に手を染め、官憲に逮捕され、一生を喪うことほど悲しいことはないのです。今ブログを書いているとき、テレビではオートレース、パチンコ等々の悪の誘いが報道されてます。これらに手を染めてはならないのです。

 とにかく額に汗してせっせと働くことが一番いいのです。私は高校時代から家の借金返済のため、命懸けで働いてきました。あれから半世紀、いい経験をさせてくれたとと感謝しています。

----------------
『不動心』(第159回)

 仕事に自信ができるということ

 理性に従って仕事を果たしていけるなら、何も恐れる必要はない。法の命ずるまま仕事が順調にはかどり、しかも何かに役立つ機会が与えられるなら、災いを恐れることはない。

----------------
「日本の婦道」---第14回

 貞婦の苦節は真に尊ぶべきものである。夫に情婦が出来たからとて、直ちに自己も行儀を崩して情夫を作り、何角関係とかを作るは畜生道と云わねばならない。男児亦すでに妻を持ちながら、今更また心を他の婦人に奪われてとり乱すなどは、古来婦人よりも尚ほ一層破廉恥なこととして喧しく論ぜられたものである。否有婦に限らず、独身であっても、恋の為に自己の全部を奪われて、為すべき責務を怠る様な者は以ての外の「狼狽者」(うろたへもの)とせられた。
--------------------
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 易に聖人の道四有り。 | トップ | 二帝より上は、聖賢世出で、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事