味園博之のブログ-文武両道「空手道と南洲翁遺訓」他古典から学ぼう

平成の今蘇る、現代版薩摩の郷中教育 
文武両道 「空手道」と『南洲翁遺訓』を紹介するブログ

居処に恭しく、事を執りては敬み、

2018-01-25 13:48:50 | ブログ
第3313号 30.01.25(木)

居処に恭しく、事を執りては敬(つつし)み、人と忠なり。此は是れ徹条徹下の語なり。聖人には元より二語無し。『近思録』244

  家に居るときは、容貌態度をうやうやしくし、外で仕事をするときは熱心にし、人には真心をつくす。これはどこにも通じる話である。聖人はもともと嘘は言わぬものだ。244

 【コメント】この言葉は『論語』子路篇にも見えます。曰く「居処には恭しく、事を執りては敬み、人と忠なるは、夷狄に之くと雖も、棄つ可からざるなり。」と。

 大変素晴らしい言葉ですが、一応理解できたとしても、自分でかくあるべしとした場合、簡単にできないのがこの種の教えです。

 今日は午後二時過ぎからブログ書きを始めました。午前中は確定申告の研修でした。確定申告は売上金から必要経費を差し引いた利益を申告する制度ですが、私の場合、全国で一番少ない金額だと思いますが、それでも真面目に申告しなければならないのです。

 全国的に天候が悪く、暴風雨が吹き荒れているようですが、荘内の皆様は大変な吹雪にあうでしょうが、お体ご注意して頂きたいと思います。昨年私が致道館にお伺いした際も大変なお天気でした。

------------------
コメント